はじめに

このブログでは、私が好きなアニメ、マンガなどについて書いていこうと思っています。
主に取り上げる作品としては、「ポケモン」「ハイキュー!!」「俺様ティーチャー」を考えています。
私の好みで変わっていくかもしれませんが(笑)

なお、私がネット関連に非常に疎く、初めてのブログでもあるためいろいろと行き届かないところが多いかと思います。
どうか暖かい目で見ていただけますようよろしくお願いします。
また、感想記事という性質上ネタバレが多くなってしまうと思われます。
気にされる方はお気を付けください。

ゆっくりのんびり気分しだいの更新になると思いますが、このブログで取り上げたものについて興味を持ってくださったり、もっと好きになってくださる方がいれば、とてもうれしいです!
それでは、よろしくお願いします!!
スポンサーサイト

WJ33号「ハイキュー!!」第262話「いつだって前のめり」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

ワンピースは連載20周年なんですね~。
連載開始当時からではありませんが、もう相当に長い期間読み続けているんだなぁ。
どうしてかわからないですが、随分昔に読んだはずの最初期のエピソードの方がよく覚えてるんですよね。
これはワンピースに限らず、いろんな漫画に言えることなんですが。
話が続いて行くにしたがって、どうしても初期に空気とは変わっていくものですから、当時を思い出して懐かしんだりがよくあります。
ワンピースだとグランドラインに入る前後の5人でワイワイやってたあたりが好きです。
最近のワンピースで少し残念に思うのは、別行動が多いので一味でも長いことご無沙汰なキャラがいることですね。
人数増えちゃったからなぁ。

全作品に麦わら帽子企画、ハイキューはめちゃくちゃ堂々と日向の頭にかぶさってましたね(笑)
てっきりその辺の観客の頭にあるのかと思いきや、明らかに不自然ではありますが主役のところに描くとは古舘先生はわかってらっしゃる…!
正直ストーリー漫画ではこのへんが限界かと思いますが、まるっきりネタとして扱えるのがギャグ漫画のいいところですね。(斉木楠雄や青春兵器を見ながら)
この手の企画で一番やり切った感を感じたのは銀魂のマユゾン編ですが(笑)
当時はコミックス派だったのでなぜ唐突に両さんネタなのか、意味がわからなかったです。

さて、本編です。
田中大丈夫か?と思っていたら、いきなり田中の過去編からスタート。
髪を生やしたり剃ったり染めたり、田中の頭も忙しいなぁと、まずそんな感想がよぎりますね。
大地さんたち現三年組は、まだまだお気楽な二年生って感じ。
「アハハ」のスガさんなんか、ほぼ知性を感じない表情ですからね(笑)

とはいえ、いつか強豪に返り咲いてみせるという思いは、三人全員このころから持っていたんですけども。
ただ、それを下級生にまで要求しないところが彼らの優しさであり、なかなか殻を破れなかった原因でもある気がします。
…で、その気合を受けての坊主だったわけです、田中は。
そういう気合の入れ方するところがまさに田中。
あと、当時のスガさんの髪型ちょっとチャラくないですか?(今回髪の話ばっかりしてるな)

そんなこんなで田中にもいろいろな思いがあったことが明らかにされたわけですが、彼にとっての試練はまだ続いて行きます。
角名のブロックに捉えられ、スパイクも不発。
折角リードを振り出しに戻してしまいます。

角名はいちいち顔が怖い…。
徐々に照準を合わせていくタイプなんでしょうか。
木兎さんの精神分析も辛い。
やっぱり自分でもしょぼくれモードの自覚はあるんですね。
実際はそうでもないのに自分の中では「全部」がだめに思えてしまうとか、他人にはどうしようもないことな気がします。
なんとか田中が自力で持ち直してくれないと…。
木兎さんがだめになった時、それを支える体制が梟谷にはありますが烏野はどうか。
しかも、セット終盤という状況が悪いです。
これだけ一進一退でいい攻防を続けてきたセットを落としたら、自分の責任という気になって、ますます立ち直れなくなるのは目に見えてます。

そろそろ第一セットは決着しそうですが、終盤になってこの重い展開。
先が見たいけれども、少し怖いです。

WJ32号「ハイキュー!!」第261話「飛び道具」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

今週のジャンプは表紙を見た瞬間、人間がいる!と軽くビビりました(笑)
サンデーやマガジンはモデルさん?グラビアアイドル?的な人が表紙になってることも多いですが、ジャンプはそういうのないですからね。
銀魂はアニメに実写化キャスト陣が声優として出たり、漫画と実写版が全面的にタッグを組んでる感じがなんか好きです。
見に行きたいんですが、まだ一緒に行ける相手がいません…一人で行くかも…。

さて、本編です。
影山が繋いだボールを最後決めたのは旭さん。
ツッキーもびっくりしてたけど、私もびっくりしました。
めっちゃ飛んでる…!

ブロックアウトについて。
ボールがアンテナの内側を通過していたら、ブロックアウトによる烏野の得点にはならない、と。
あくまで「アウト」というだけあって、敵のコートに返ったらダメってことかな?
これは何気に初めて聞いた知識かも?

烏野の得点に思わずエキサイトしてしまった矢巾ちゃん。
べつに言い訳せんでも(笑)
嶋田さんはようやく客席に帰還したようです。
前回のあれはまさに救世主でしたね~。

みんながあの手この手で活躍していると思いきや、今日まだいいとこなしだったメンバーが一人いました。
田中。しかも相手にバレてる。
侑のサーブは田中狙い。
及川さんに散々やられた経験があるからか、メンタルは全然弱ってないみたいですが…
意気込んだレシーブに臨むも、ボールは横からフォローに来たノヤっさんが上げたのです。

このシーン、ノヤっさんは流石守護神って感じだし、二年レギュラーコンビの珍しい試合中の共演ですごくいいと思うんですけども!
結局活躍の機会を逸してしまった田中。
それでもノヤっさんのレシーブを力いっぱい賞賛するあたり、安心してはいるんですが…。

さらに、ここで大地さんが初のバックアタックを決めます。
みんなが活躍しているのに、田中だけなにもできていない状況がどんどんできてしまっている…。
たまたまそういう時もあるというだけのことかもしれないんですが、常に新しいチームにいるからこその辛さという気がします。
そして、公式戦ではたまたま調子が悪かったということが、チーム敗退に繋がってしまうんですよね~。厳しい。

田中のスパイクをブロックしたり、最後のコマで意味深な視線を投げかけていた角名が気になります。
強豪のレギュラーらしく実力ある選手で、どちらかというとテクニカルなタイプ?というくらいしか印象のなかった彼ですが…。
田中を崩しにくる相手は角名なのかもしれません。
田中は他人に弱いところを見せないところが好きなのですが、彼の心が折れるところはあまり見たくないなぁ。
冴子さんも叶歌ちゃんも見てるぞ!がんばれ!

アニメ「ポケットモンスターサン&ムーン」第33話「ヨワシ強し、池のぬし!」

今回は、アニメポケモンの感想です。

今年も恒例のセブンイレブンとのコラボをやるようです。
スタンプ二個でポケモンがもらえてしまうようなので、まあ正直余裕と言わざるを得ませんね!
夏真っ盛りのくそ暑い日に、自転車こいで近所のセブンイレブンを巡っていたあのころに比べれば!
前はスタンプ八種くらい集めるやつだったので。
近所にあるようでそんなにないですからね、セブンイレブンも。
苦労してたどり着いた店のスタンプが被っていた時の絶望感は思い出したくない…。

年を追うごとに各店にあるスタンプの種類が調べられるようになったり、便利さは増していった気がします。
今は3DSを持っていけばスタンプカードなど必要ないですから、様変わりしたものですね~。
ただ3DSになったところで落とし穴はあるもので、店に着いてさあ受け取るぞ!となったところでデータ更新をしなければならず、なかなかネットに接続できないという醜態をさらしたことがたびたびあります…。

さて、本編です。
今回はサトシとスイレンの二人で池の主を釣りに行くお話です。
ほかのメンバーは牧場の食べ物目当てに、そろってカキん家に行ってました。
カキの家は普段離れているので、物珍しさもあって行きたがったのかもしれません。

ここ数回ご無沙汰だったロケット団もなんやかんやでアーカラ島へ来ていたようで、OP前のアバンで久々に姿を見ることができました。
まあ、アーカラ島にいる!と思った次の瞬間、キテルグマジェットに乗って帰って行きましたが…。
もうキテルグマがポケモン…というか生物であるという確証が持てないです。
文章で書いたとしても意味がわからないだろうし、実際に見ていても意味がわからんだろうと思います…。
これからロケット団はキテルグマの呪縛から逃れ、アーカラ島編に登場できるのか!?

ロケット団が釣り上げたヨワシが今回のキーになるポケモン。
ヨワシのイントネーションは、元ネタのイワシと同じで納得といえば納得なのですが、私はずっとセワシくんと同じイントネーションで呼んでました。
この間出てきたホエルコやキャモメも公式とは違うイントネーションで呼んでるんですけど、これが直すのが難しいのです(汗)

ヨワシはフォルムチェンジというか、複数集まるとむれたすがたというのに変わる珍しいポケモンで、先に種明かししてしまうと池の主もこいつです。
ただ一匹の時はとんでもなく弱いという設定。
コイキングしかりヒンバスしかり、どうしてみずタイプは一見ものすごく弱いけど本領を発揮するとすごいタイプが多いのか。
そのコイキングとヒンバスも、今回は久しぶりに姿を見られました。
ヒンバスがいるとかこの池すごいな!と思ったのですが、実際ゲームでもここに出るそうです。(まだゲットしてなかったぜ)

個人的にはむれたすがたの方がかわいいな~と思っています。
顔はちょっと凶暴な感じですが、輪郭が丸いのがかわいいポイントです。
海の生き物の中ではシャチが一番好きなのですが、ちょっと似てる気がします。

ギャグは今回も多かったですね~。
サトシの石化&塵化、ピカチュウの変顔などなど。
スイレンの冗談には思わず「野生のメガシンカポケモンは嘘だろ!」と本気でツッコんでしまいました。不覚…。
自称釣り名人のおじいさんは最近ではちょっと珍しいくらいインチキくさい言動の人でしたね。
名人歴詐称、最後の方はもう死んでるだろ。

ライチさんにデート?と茶化された件については、スイレンは赤面してたので結構意識してるんだなぁとしみじみ。
クラスメートの中でそういう話題に反応してるのって、現状スイレンだけじゃなかっただろうか。
全然そういうキャラだと思っていなかったので意外だったところですね。
最初の印象はあまり積極的に人と関わらず、自分の世界にいるつかみどころのないキャラだったので、かなり人間味がある子として描かれていて驚きです。
一番印象の変わったキャラです。
サトシはいつもの通り、本当に耳ついてんのかというスルーっぷりだったので、特に言うべきことはありません。
池ではインチキ釣り名人に借りたボートに乗って移動していたので、まあ絵面的にはデートに見えなくもなくもない。

池ではスイレンが早速主ことヨワシを釣り上げ、対決と相成ります。
釣り…というか完全に暴れまわるヨワシとスイレンのリアルファイトの様相を呈していました。
引っ張られているにしても、釣り竿をあの状態でキープできているパワーとは…(汗)
さらに、ヨワシに怯えるアシマリを下がらせようとしていて、あくまでも一人で勝負するつもりだったんですね。
流石にそれは無理だろ…と思っていたら、アシマリがスイレンの力になろうとアクアジェットを習得し、なんとか勝てたわけですが。
スイレンの頭には逃げるという選択肢が少しもなかったであろうことが、ちょっと危なっかしいなぁという印象でした。
頑固だということはこれまでの話でも分かっているのですが、周りがあまりにも見えなくなってしまうことがたびたび見受けられるので。
そういう一生懸命さがアシマリや前回のムーランドの力を引き出すことにも繋がっている部分もあることは、否定できないんですけどね~。

サトシはほぼスイレンとヨワシの攻防に振り回されていただけでしたが、ヨワシを回復させていた伏兵、ママンボウを撃退するというアシストを最後に見せていました。
これでなんとか主人公としての面子も立ったことと思います(笑)

スイレンは最後にヨワシからみずZをもらっていました。
これで前回のリングと合わせて、Zワザを使う準備は整ったということです。
ノーマルZの時のようにしっかりと明言されていなくても、クリスタルを手に入れる時はきちんとぬしポケモンを倒して試練をクリアした形になっているんですね~。
ゲームではスイレンはここの試練を案内するキャプテンだったので、その子がアニメでは挑戦者というのがちょっと面白かったです。

さて、次回は映画特番のためアニメ本編はお休みです。
今までは去年の映画だったところですが、まるまる一本映画の宣伝に使うとは、それだけ今年の映画には気合が入っているということでしょうか。20周年だしね。

その次はヴェラ火山の試練…ガラガラ…ウッ頭が…。
あの新たな伝説をアニメではどう料理してくれるのか、期待が高まるところです。
カキはあの試練に挑戦してクリスタルをゲットしたってことなんですかね?

WJ31号「ハイキュー!!」第260話「必死」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

稲荷崎戦、第一セットも(おそらく)終わると思われる頃合い、ピンサーに投入されたと思ったら予想外のピンチに見舞われた山口。
その頃嶋田さんは…

山口のピンチを察知し、一目散に走っていました!流石師匠。
それにしてもよく気が付いたなぁ。
そして掲げたのは、誘導灯よりもおそらく見ていたであろう嶋田マートの袋!
こんなところでマート主様が活躍するとは…。

集中できていなかった時と袋を見てからのうるささと静けさの対比がすごく顕著ですね。
吹き出しにまで被ってくる書き文字の応酬から一転、ただ一人あのしまだマートのコートに立つ山口。
そこから見事なサービスエース。
会場が一気に湧きます。
改めてサーブってすごいな…と思わされました。
いつも通りの一打が決まった、言ってしまえばそれだけのことであそこまでの盛り上がりですから。
木兎さんも大興奮(笑)

木下が山口を賞賛しつつ、ちょっと悔しそうなところがまたいいですね。
自己評価が低めな木下ですが、山口と同じように負けん気が出てきたかな…?

大将が美華ちゃんにいい格好してるのがちょいちょい腹立ちますね(笑)
まあ、いいこと言ってるんですけどね。
プレイスタイルはやらしい感じでしたけど、大将もそういうことを考えてプレーしていたのかな。
「まだボールが落ちてない」という台詞は最初の方でも出てきたんですけど、その時は感覚的な印象しかなかったものをもう少し論理的に説明するとこうなるのか~。
というか、日向や影山だけじゃなく結構みんなが持っている気持ちだったことも少し驚きでした。

さて、稲荷崎のピンサーの強烈サーブになんとか反応した大地さん。
影山の猛ダッシュで繋いだこの一球をラスト返せるか…!
嶋田さんも応援席にに戻るため、現在会場を疾走中。
ラスト、みんな走ってますね!

稲荷崎の前評判通り、かなり会場を引きこんでますね。
全体での盛り上がりがすごい印象です。
まだ第一セットなのに、雰囲気がクライマックスっぽいです。
さて、このボールの行方はどうなることやら…。
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR