スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画紹介「改造人間ロギイ」

今回は、久しぶりに個人的に好きな漫画を紹介しようかと思います。

三木有先生の作品「改造人間ロギイ」です!
ちょっと前までジャンプで連載されていて、現在は完結しています。
全2巻と短いですが、気軽に読める冊数ではないでしょうか。

舞台は、人体を改造して特殊な能力を得た人間のいる世界。
しかし、改造で得た能力を悪用する人間が絶えない物騒な世の中で、改造人間は違法な存在になっています。
主人公のロギイも改造人間。
いろいろなトラブルを解決する便利屋的な仕事をしていて、騒動に巻き込まれるというストーリーです。

この作品は、主人公が正義の側の人間ではないところが特徴です。
もちろん悪い人ではないんですが、社会的には悪であってそういうアンダーグラウンドな雰囲気がうまい漫画だと思います。
いい感じに気が抜けているような軽妙なセリフ回しも魅力的です。

敵というかライバルポジションは改造人間を取り締まる警察なんですが、この人たちも犯罪者に対抗するために改造人間なんです。
改造人間を悪とみなしているのに、自分も改造されているというジレンマですね。
ロギイ自身も「改造人間にろくなのはいない」と断言するわけですから、結局割り切れない存在なんです。
そういう善とも悪とも言い難い空気感が好きですね。
登場人物もそれぞれに、改造人間としての自分のあり方に悩んだり考えたりしているわけです。

ジャンプ漫画らしく、バトルもちゃんとあります。
ダイナミックな描き方なので、迫力がありますよ!
単純なわざの応酬とかではなく、時には逃げたり(笑)だとかしゃべりかけたりだとか、面白い展開が盛り込まれています。

そして、改造人間がどうして出来上がっているのかというところにも、大きな問題が存在します。
それがロギイの行動原理にもなっているわけですが…
とにかくそこらへんの設定がきっとあっただろうに、あまり掘り下げられることなく終わってしまったことが残念でならないです。
ああ~また続きが読みたいです!次回作も読みたいけど!

読み切りバージョンが二つあって、初めの方がジャンププラスで読めたのですが…
今はどうなんでしょう?
コミックスの1巻、2巻に収録されてるので、今は見られないのかな?

一本目を描かれたのがまだ高校生のときだそうで、びっくりしました!
そのころから、キャラクターが好きになってしまう台詞回しが光っています。
二本目は、敵キャラ二人が魅力的です。
デザインがまず目を引くんですが、戦い方もなかなか面白くて、ただやられるかませ役ではないんですよ。
その二人は、本編の方でうれしいサプライズがあったり…

またどこかで先生が考えてらっしゃった続きが読めることを願わずにいられない作品です。
熱血王道ものではないジャンプ漫画が読みたい方、どうでしょうか?
スポンサーサイト

ブログ一周年!!

このブログを作ってから、一周年を迎えました!!
まさか、一年も続くとは思ってませんでした(笑)
夏休みの日記もひいひい言いながら書いていた身としては…

なにはともあれ、達成感はありますね!
アニメポケモンが楽しすぎて感想を言いたい!という気持ちが高まるものの、周りにそういう話をできる人がいなかったためもやもやしていた昨年の夏頃。
あるきっかけからブログとかに書いたらいいんじゃないの?という気分になり、どうせならほかの好きなものの感想とかもまとめて書いちゃおう!と思って設立した当ブログ。
完全に自分の感想でしかないのでメモ帳感覚だったのですが、徐々に訪問してくださる方も増えてとてもうれしく思っています。
見ていただいている方に、私の拙い文章で作品の魅力が伝わっているか不安ではあるものの、これからもマイペースに更新していこうと思います。

始めるにあたって一番心配だったネット知識のなさについては、あまり改善していません(汗)
コメントの返信すら、ちょっと危うかったりします。
でも、わからないなりに少しでも慣れようかとツイッターを始めたことは進歩だったかもしれません。
これも、一年前には想像すらしていなかった変化です。
結局ツイッターもまだ危ういですが…

あと、ブログには書いていなかったのですが、名前を「よだ」から「よだきち」に変更しました。
こどものころに父につけられたあだ名「よだきち」のほうがもとなのですが、なんとなく始めるときに縮めてしまいまして、今回やっぱり4文字のほうが座りがいいかなあ~という適当な理由で変更したわけです。
あ、ブログの名前は変えません。
ややこしくなってしまってすみません!
別にどちらで読んでいただいても一向に構いません。私の中でのなんとなくな変更ですので!

気分次第なブログではありますが、見てくださって、コメントをくださって本当にありがとうございます!
これからもよろしくお願いします!

「刀剣乱舞」 刀剣男士紹介 ~大太刀~

今回は、刀剣男士紹介大太刀編です!

大太刀は、大きな刀身を活かして一気に最大3体もの敵に攻撃できるというとても強力な刀剣男士です。
その代わり機動が低いことが弱点ですが、それをカバーしてあまりあるほどのポテンシャルを持っています。
全部で4人と少ないですが、一人部隊にいるだけでグッと安心感が増すと思いますよ!

回想や台詞のネタバレが含まれますのでご注意ください。
史実と異なることが書いてあるかもしれませんが、どうか暖かい目でみていただければ…


・石切丸
神主さんのような格好をしています。
石切丸という刀の逸話はいくつかあるようですが、ここでのモデルは石切劔箭神社というところに伝わるもののようです。
神社暮らしが長いため、戦より加持祈祷のほうが得意と語る珍しいキャラクター。
おっとりした物腰と優しげな声にとても癒されます。
ファンの間でお父さんと呼ばれているのも納得です。
しかし、平治物語には「石切」という太刀を悪源太と呼ばれた源義平が使い、叔父の源義賢を討ったという話があるそうです。
十分戦経験あるじゃないですか(汗)
平安時代に打たれた三条派に分類されるため、かなり古い刀ですね。
にっかり青江との回想で、神剣になりたい青江にアドバイスしているのも年の功が感じられます。

・蛍丸
大柄な体格の大太刀の中で、唯一子供の姿をしている刀剣男士です。
そのかわいい容姿とは裏腹に、刀装という装備を3つつけられるため、かなり高い能力を発揮することができます。
ほかのプレイヤーの部隊と戦う演練で当たると、泣きそうになるキャラ筆頭です。
つまり、味方であればそれだけ頼れる存在!
阿蘇神社にあった宝剣ということですが、第二次世界大戦後の混乱で現在は行方不明だそうです。
名前の由来は、南朝側の武将阿蘇惟澄が蛍丸に蛍が群がっている夢を見て、目が覚めると刃こぼれが治っていたという逸話から。
幻想的な逸話からか、彼自身も元気な子供という感じではなく、どこか浮世離れした飄々とした性格をしている気がします。
台詞の力の抜き具合が独特というか…
でも、身長が低いことを気にしているようで、そういうところはほほえましいです。

・太郎太刀
自らとても大きい刀だと語る大太刀。
モデルと思われる熱田神宮にある刀は、刃渡り221.5センチ、重さ4.5キロもあるそうです。でかい!
人には扱えない大きさのせいで奉納されたらしく、本人も大きすぎることを気にしているようです。
本人いわく実戦刀とのことなので、戦で使ってもらいたかったのかもしれません。
実は、そんな太郎太刀を歴史上唯一使いこなした武将がいるのです!
それは、戦国時代の朝倉家の武将真柄直隆で、姉川の戦いで大活躍したそうです。
しかし、肝心の太郎太刀はその人は一体誰だったのか?とあまり覚えていない様子。
もしかすると、思ったよりマイペースなのかもしれません(笑)
次郎太刀とは兄弟という設定ですが、太郎太刀、次郎太刀という名前は固有名詞ではなく、同じ人が持っている刀のうちの長いほうと短いほうという区別のような名前らしいです。

・次郎太刀
太郎太刀の弟ですが、なんと女郎姿をしています。
刀剣男士は男しかいないってことだったけど、いろんな人がいるもんだなぁと思いました。
太郎太刀より現世よりということですが、確かに…
でも、見た目から受ける印象ほど女っぽいということもなく、口調は気風のいい姐さんという感じです。
すごく気さくなので、接しやすそう!
いつも酒瓶を携えているとおりお酒好きで、出陣中も酔っぱらってる?と思う台詞がちらほら…
真剣必殺の絵はしっかり男前、一方内番の作業着姿はすっぴんだけどすごく美人という容姿の変化が楽しいキャラでもあります。
刀自体の大きさは、兄の太郎太刀ほどは大きくないとのことで、姉川の戦いで太郎太刀とともに使われたそうです。
その時使っていたのは真柄直隆の子隆基という説と弟の直澄という説があるようで、その後は熱田神宮に奉納されています。
兄弟お揃いですね!


以上が大太刀です。
その大きさからか、神社に奉納されることが多いようですね。
でも、ゲーム内では最強クラスというギャップ!
見た目はバラバラですが、どことなく落ち着きというかどっしりした安定感が感じられるキャラたちでもあります。
部隊の頼れる大黒柱な彼らの魅力が伝わったら、うれしいです!

ツイッターを始めました!

ツイッターを始めてみました!
ブログにするには結構時間がかかることも多いし、気軽に思ったことをつぶやけるといいかと思いまして…
まとめるうちに言いたいことを取捨選択してしまうことも多いですしね!

正直ツイッターのことはほとんどわかってません。
リツイートとかリプライとか、まだわけわかってません(汗)
なので、おかしなことをするかもしれません。
できるだけ頑張って覚えます。

一応、ブログを更新したよ~みたいなことはつぶやくつもりなので、気になる方がいれば…
名前はよだで、@yodakichi0151で検索すれば出る…のかな?

ブログと同じく気分次第なので、作ったもののあまりつぶやかないかもしれません。
ブログと関係ないつぶやきもたぶんあると思います。
それでもよろしければ…

「刀剣乱舞」刀剣男士紹介 ~脇差~

今回は、ちょっと久しぶりの刀剣男士の紹介記事です。

今回のテーマは、脇差という種類のキャラたちです。
短刀に続いて鍛刀での入手にかかる時間が短く、修理コストも少ない種類です。
攻撃を代わりに受けてくれる刀装が二つ付けられるので、短刀より打たれ強いのも特徴です。
夜の戦闘を得意としており、夜戦のある後半ステージではお世話になっています。

では、本題に入ります。
入手条件が特殊な浦島虎徹は、別の機会に紹介します。
台詞や回想のネタバレがありますので、お気を付けください。
勉強不足のため、史実とは違うところがあるかもしれません。
どうか、暖かい目で見ていただければ…


・にっかり青江
ユニークな名前が印象的ですが、由来はにっかり笑った女の幽霊を切ったという逸話から。
後で確認したところ、実際に切ったのは石灯籠だったそうですが、石灯籠を切るなんてすさまじい切れ味ですね!
脇差は基本的に10代半ばくらいのやや幼なめの容姿をしていますが、彼だけなぜか年上っぽいです。
個人的には、20代半ばに見えます。
元々は薙刀だったそうで、今は大脇差らしいので、大人な見た目なのかもしれません。
そのせいか、時々アダルトな意味にもとれる発言をしてくることも…
彼の意外な一面として、大太刀の石切丸との回想で、神剣になりたいというような発言をしています。
でも、女の幽霊と一緒に幼子の幽霊を切ってしまったことでなれないのでは?という話になるのですが、そこのところにもしかしたら罪悪感があるのかもしれません。
茶化すような言動をしつつも、台詞から大人の余裕というか懐の深さが感じられるキャラです。
意味深発言も、ジョークとして言っている気がします。
戦闘経験は豊富らしいので、なんとなくですが部隊にいると頼りにしてしまいます。

・鯰尾藤四郎
粟田口派の脇差で、藤四郎兄弟では年上の方ですね。
刀の形が、鯰のしっぽのようにカーブしていることからこの名前がついたそうです。
豊臣家が所有していましたが、大坂夏の陣の際に焼けてしまい、記憶がないそうです。
その後、焼き直されて徳川家に伝わり、現在は徳川美術館に所蔵されています。
その徳川美術館は刀剣ブームに積極的らしく、鯰尾藤四郎の公開や刀剣乱舞のイベントへの出店を行っているそうです。
ブームの広がりを感じますね~
同じく脇差で記憶のない骨喰藤四郎の世話を焼くのが好きらしく、二人は兄弟の中でもセット感があります。
記憶がないことなんか気にしない!と明るく振る舞っていますが、回想ではやっぱり燃えた歴史を後悔しているみたいで、普段は空元気なのかもと思ってしまいます。
とはいえ、台詞は明るくて素直な感じのものばかりなので、声を聞くのは楽しいです。
しかし、馬当番になった時の発言にはビビりました(汗)
「馬糞は嫌いなやつに投げる」そうです…
彼には嫌われたくないものです。

・骨喰藤四郎
鯰尾と同じく藤四郎の脇差です。
彼も記憶がないのですが、彼は鯰尾が焼ける原因となった大坂夏の陣の火の手からは無傷で回収されており、その後徳川家に伝わって明暦の大火で焼けてしまったそうです。
その後焼き直されて、現在は豊国神社というところの所有だそうです。
その豊国神社と鯰尾の徳川美術館がコラボして、グッズ展開をするそうです!
美術館界隈の動きに驚きつつも、ちょっと楽しみです。
焼けて記憶がないことを彼はけっこう気にしているようですが、ログイン時の台詞ではそれでも前を向こうとしているようで、少し安心します。
普段一言のような短い台詞ばかりなので、ログイン時に彼の台詞が流れるとついハッとします。
三日月宗近とは足利家にいたもの同士で、回想がありますが、再会を懐かしむ三日月に対して骨喰はそのことをすべて忘れてしまっています。
仲が良かったようなので、どちらもとても気の毒なのですが、これから改めてもっともっと仲良くしていってほしいです。
余談ですが、戦闘時の「突きだ!」という台詞がどうしても「好きだ!」と聞こえてしまいます(笑)

・堀川国広
土方歳三の脇差です。
彼を語るうえで外せないのが、同じく土方の刀だった和泉守兼定の存在。
「兼さん」と呼んで、助手として世話を焼いているみたいです。
兼さんより彼の方が制作年代的には年上なのですが、兼さんのことを尊敬しているみたいなので、気にするのは野暮ですね。
兼さん自身も、少し世話焼きすぎとぼやきつつも頼りにしているようで、いいコンビです。
掃除や洗濯など進んでやってくれようとするいい子ですが、さすがに新選組の刀とあって、闇討ち・暗殺はお手の物らしいです(汗)
刀派のうえでは堀川派に分類され、ほかの堀川派の二人とおそろいの衣装を着ていますが、贋作説があるそうです。
そんな中で、兼さんと一緒に土方の刀だったことは確かな事実として、彼のよりどころになっているのかもしれません。
今後、堀川派の二人との会話もあるといいなぁと思います。
贋作、真作関係なく仲良くできそうなキャラたちなので…
さて、刀の堀川国広は現在行方不明で、現存していない可能性が高いそうです。
どうやら戦時中に行方不明になったようなのですが、その中にGHQの非軍事化政策によって没収されそうになった兼さんの身代わりになったという説がありました。
ゲーム内の見解はわかりませんが、もしその説をとるならば、彼は最後の最後まで兼さんに尽くしていたんだなぁと思いました。
破壊の時の台詞も、もしかしたら…と思ってしまいます。

(11月23日追記)堀川国広がGHQに接収されたかもという話なのですが、明確な根拠がなく創作であるようです。
土方歳三が堀川派の作と思われる脇差を持っていたという史料はあるようですが、それが和泉守兼定とともに土方家にあったという事実はなく、現在どうなっているかは不明のようです。
誤解を招くような書き方になってしまってすみません。



脇差編は以上です!
脇差は五人とやや少ないので、並ぶと青江の異彩さが目を引きます(笑)
学生と引率の先生みたいな…
聞いた話では、今後脇差と打刀が組んだ合体技ができるみたいなので、ワクワクしています!
今まで関わりの薄かったキャラ同士で組む楽しさが増えると楽しいですね!
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。