スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ「ポケットモンスターXY」シリーズについて

今回は、アニメポケモンXY編についてです。

XY編の特徴は、サトシの精神年齢やバトル戦略が高い水準にあるということだと思います。
サトシの言動や強さには、各シリーズにおいて若干の違いがあるのですが、BW編と比べて高めの設定になっているなと感じます。

その理由は、旅のパーティーメンバーの構成ではないかと思います。
ヒロインポジションのセレナは、サマーキャンプ編まではこれといった目標がなく、ポケモンもフォッコ以外ゲットしていません。
シトロンは、同じポジションだったタケシやデントよりサトシと年齢が近く、未熟な部分があります。
ユリーカはポケモンを持てる年齢に達していない設定なので、10歳になっていません。
平均年齢が低く、未熟なメンバーなので、サトシがリーダーシップを発揮しているのだと思います。

このような構成の結果、お互いに助け合うチーム感は以前のシリーズより高いと思います。
タケシやデントは安定感があるので、どうしても頼りがちになってしまうし、ハルカやヒカリはコンテスト関連では、サトシとは独立してやっている感じが強かったです。
XYチームはハクダンジム戦によく表れていたように、初期のころからサトシのジム戦をみんなでサポートする体制でした。
事件が起きたときも、みんなで協力して解決し、その中でサトシが活躍するという形が多い印象です。

バトル面では、ポケモンたちがよく動くようになり、それに合わせて背景もぐるぐるアングルが変わることで躍動感のある映像になっていますね。
映像自体もきれいになっていると感じます。
さっきも触れましたが、戦略性の高いバトルが増えたことも見ていておもしろいです。
バトルに多様性が出ると、バトルをしているポケモンの性格や得意なスタイルにもスポットが当てられる機会が増え、よりポケモンの魅力が感じられると思います。

また、人とポケモンが一緒にいるシーンが多くなり、よりポケモンと人がともに暮らしているという世界観が表れていますね。
そのことは、このシリーズの新要素であるメガシンカのキーワード「ポケモンとの絆」を表現するうえでも効果的なのではないでしょうか。

そして、サトシのライバルや悪の組織フレア団についてです。
明確なライバルといえる存在はまだ出ていませんが、サマーキャンプで登場したティエルノたちがそうなっていくのかもしれません。
やはり、ポケモンリーグは魅力的なカードによる対戦が醍醐味ですからね!
フレア団については、番外編「最強メガシンカ」の最後にボスのあの人と思われる描写がありますから、どう関わってくるのか期待しています。
最強メガシンカとは、世界観を共有しているようですからそちらのキャラが今後登場するかも気になります。

もうすぐ放送開始から一周年を迎えますが、今後の展開が気になって仕方ないです!
このシリーズを通して、サトシがどんな成長をしていくのか楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト

アニメ「ポケットモンスターXY」第40話「ポケエンテーリング!霧の中のX!!」

今回は、アニメポケモンの感想です!

4週続くポケモンサマーキャンプ、いよいよ終盤に突入です。
5日目の課題はポケエンテーリング、要はオリエンテーリングのポケモン版ですね。
サトシたちチームケロマツとティエルノたちチームゼニガメは、現在ポイントが並んでいるようで気合が入っています。

ところで、こういったシリーズものの話のときはバイトに精を出すロケット団は、今回も真面目にスタッフとして働いているようです。
前回のレスキュー隊といい、マルチな活躍ですね!
「シャボンシャボンでいいかんじ~」には笑いました。

さて、いよいよポケエンテーリングが始まるのですが、スタンプが崖の上にあったり結構ハードな内容です。
ここでも、サナとセレナ、サトシとティエルノ、シトロンとトロバというライバル関係が描写されていました。
この三人はゲームの登場人物なのですが、ゲーム版での性格からあまり変わらず、さらにサトシたちとうまく絡んでいくようなキャラになっていていいですね。
みんなでわいわい楽しそうな感じがよく出ていると思います。

ちなみに、スタンプの絵柄は御三家ポケモンになっていました。
トレーナーとパートナーのポケモンが一緒にポンッとスタンプを押すのがかわいかったです。

すべてのポイントを回った時点で、両チームがトップ争いをしていますが、ゴールに戻る途中、霧が出てしまいます。
そのせいで、はぐれてしまうユリーカとピカチュウ。
すると、ユリーカは見たことのないポケモン(ゼルネアス)を目にします。
ゼルネアスを追いかけていったユリーカは、スピアーに追われ、モロバレルに眠らされ、フワライドに運ばれて、崖を挟んだ対岸に一人取り残されてしまいます。

一方、二人の不在に気付いたサトシたちはティエルノらと協力して捜索します。
ここで、冷静に足跡を見つけたり、ヒトカゲで道を照らすなどトロバが結構活躍していました。
ゲームでは、頼りない感じなのにすごい!

一行はユリーカを発見するのですが、崖の向こう側なので助けられません。
そこで、崖下で寝ているフワンテとフワライドを誘導して、稲羽の白兎のように頭を渡って助けに行く計画を立てます。
御三家ポケモンたちの技でフワライドたちを誘導するところや、モロバレルのキノコのほうしを撃退するところなど、今回はチームワークが光ってました。
BGMの効果もあって、気分が盛り上がります!

さて、フワライドを渡ってユリーカを救出する役はサトシなのですが、さすがの身体能力ですね。
帰りは、寝ているユリーカを背負ってのジャンプでした。
先週はけがしてたけど、完治してましたね!
最後は突風が吹いてあわや転落というところでしたが、ピカチュウをはじめみんなの力で無事たどり着けました。

一息ついたところで、対岸に現れたゼルネアスを目にするサトシたち。
その姿は強い印象を残したようですが、これからどのように物語に関わってくるのでしょうか。

今回は、夏休みのワクワクと冒険のドキドキが感じられるお話でした。
みんなで協力して困難を乗り越え、ちょっと不思議な体験をする。
楽しい内容ですが、夏の終わりという現実を思い返すと少し寂しさも感じてしまいます。

次回は、サマーキャンプ最終回!
殿堂入りするのはどのチームになるのでしょうか。

WJ39号「ハイキュー!!」第122話「挑戦」

今回は、今週発売のジャンプに掲載されたハイキューの感想です。
ネタバレ注意です!

春高予選の和久谷南戦、アクシデントによる大地さんの離脱、交代で入った二年縁下がどう活躍するかに期待がかかる試合です!

第三セット序盤、レシーブ力低下に苦しむ烏野ですが、日向がフライングレシーブで拾ったボールを決めたところからスタートです。
インターハイ予選後の合宿で練習したことが、どんどん身になってきているようですね。

そして、影山が縁下に「追いつめられても烏野には、それをぶちぬく火力がある」と言います。
これは、アニメの昨日記事にした回で縁下が影山に言ったこととつながっていますね。
その時とは逆に、コート内で焦りのある縁下をハッとさせる一言になっています。
意図的かどうかはわかりませんが、すごくいいタイミングですね!

和久谷南のエース中島のブロックアウトには、あいかわらず翻弄され気味です。
思うようにレシーブできず、大地さんとのギャップに苦しむ縁下に田中がフォローを入れる様子は、同学年らしい気安さがあっていいですね。
気配りが出来たり、いい先輩としての振る舞いが多い二年勢の雰囲気は見ていて気持ちいいです。

気持ちを切り替えて、ブロックアウト狙いのボールを拾うことに専念する縁下。
見開きの大ゴマで、彼の気迫あふれるプレイが描かれていました。
ハイキューの大ゴマや見開きで描かれたシーンは、本当にドラマチックさが伝わってきて、読んでいるこっちがドキッとしますね!

そして、縁下たちが繋いだボールを最後日向が決めようとするのですが…
モーションに入った瞬間、ツッキーが何かに気付いたというところで今週はおしまいです。

日向は何をするつもりなんでしょうか。
いち早く変化に気付きそうなスガさんが?マークを出していて、ツッキーだけが気付いたことが気になりますね。
同じMBだからの気づきなのか、それとも合宿で日向が練習しているのに居合わせていたからか…
だとすると、日向がやろうとしているのは木兎さんに習ったあの技でしょうか。
私は最初、以前失敗したブロックアウトをもう一度やろうとしているのかと思ったのですが…

こういう引きは、すごく次回が気になりますねー。
それから、次回は第二回の人気投票結果発表もあるそうです。
第一回と比べて順位がどうなっているのか、とっても楽しみです!!

アニメ「ハイキュー!!」第21話「先輩の実力」

いろいろと前ふりが長くなってしまいましたが、今回から感想記事を書いていこうと思います。
初めての感想記事なので、拙いところはあるかと思いますがおつきあいください!

インターハイ予選三回戦の相手、青葉城西戦第一セット終盤、縮まらない点差と及川の存在を意識しすぎるあまり焦る影山は、菅原との交代を告げられてしまいます。

うなだれる影山に、スガさんが「空気を変えるためだから気にするな」と言うところ、スガさんらしい気配りですね!
そして、コート内のチームメイトに喝?をいれます。
ここまででもう、親しみやすいスガさんのパーソナリティが影山との対比でよく表れています。

そして、逐一チームメイトに的確なアドバイス。
控えとしてチームを外から見てきたことは、ちゃんとスガさんの力になっているようです。

スガさんのプレイを見ている影山も、日向や縁下の指摘を受けつつ冷静に自分を省みられるようになってきました。
ここで、2年の中でおそらく一番気配りのできる縁下がアドバイスする流れはいいですね。
口調は穏やかなのに、意外と鋭い指摘です(笑)
控えでもレギュラーでも、チームのことをちゃんと見て、考えているというのはすごいですよね。

チームの空気を変えるためだったスガさん投入は、図らずも青城をかき乱す効果があったようです。
しかし、地力で勝る青城に徐々に追いつめられてしまいます。
力が及ばないことがわかっているスガさんと試合を見ている影山の、お互いにコートで戦いたいという畳みかけるようなモノローグは、言葉にできない迫力にあふれていました。

そして、影山がコーチに呼ばれ、後ワンプレーで交代かというときに「必ず決めるからトスをくれ」と言った旭さん、しっかりスガさんにレシーブをつなげた大地さん、三年生がみんなすごくかっこよかったです。

交代が告げられ、影山に後を託すスガさん。
「勝てよ」と言いかけた時、画面には揺れ動く「勝てよ」の文字が映りました。
言いかけた言葉を飲み込んで、「勝つぞ」とスガさんは影山に力強く告げました。
展開は知っていましたが、直接字が出てくるというこの演出にはハッとさせられました。
アニメハイキューは、本当に原作のシーンを強く印象付けてくれる演出が多いと感じます。

戻ってきたスガさんに、コーチである烏養くんが「次」のためのアドバイスをします。
「次」がある、「次」も期待している、それはスガさんにとってほかのどんな労いの言葉よりうれしいものだったのでしょう。

さて、コートに戻った影山はどんな成長を見せてくれるのでしょう。
次回も非常に楽しみです!!

俺様ティーチャーについて

今回は、ブログメインテーマの3つ目「俺様ティーチャー」についてです。

俺様ティーチャーは、花とゆめに連載されている椿いづみ先生によるマンガです。
椿先生は、現在アニメ放送中の「月刊少女野崎くん」も描いています。

簡単にあらすじを紹介すると、

主人公黒崎真冬(くろさきまふゆ)は、埼玉を統一した女番長だったのですが、警察に捕まり退学になってしまいます。
他県にある緑が丘学園に転入することができた真冬は、心機一転普通の女子高生として生活しようとします。
しかし、転入前日たまたま不良から助けた男性佐伯鷹臣(さえきたかおみ)は真冬にケンカを教えた張本人であり、真冬のクラス担任でもあったのです。
鷹臣に目をつけられた真冬は、鷹臣が学園長としたある賭けのため、半ば強制的に学園の風紀を守る風紀部として活動することになるのですが…

掲載されている雑誌が少女漫画誌なので、この作品も分類上は少女漫画なのですが、少女漫画という一言に収まらないところがこの作品の魅力だと思います。
個性的なキャラが繰り広げる爆笑必至のギャグ、不良たちの熱い(少年誌のような)バトル展開、要所要所に張り巡らされた伏線、そして時折挟まれるキュンとするラブ要素…
たくさんの魅力が詰まった作品です!

この作品は、とにかくキャラクターが個性にあふれています。
決して、テンプレートのよくいるキャラに収まらない濃厚なキャラクター性をもった人物たちです。
それでいて、嫌味なキャラになっていないところもすごいです!

一味違う少女漫画を読んでみたい方、明るい気分になりたい方におすすめできる作品だと思います。

私は、花とゆめ本誌は買っていないのでコミックスの感想が主になります。
キャラ紹介とともに1巻から順に書いていきたいです!

ハイキュー!!について

今回は、ブログメインテーマの一つ「ハイキュー!!」についてです。

ハイキュー(!!の入力がめんどくさくなってきたので省略します(汗))は、週刊少年ジャンプで連載されている古舘春一先生によるバレーボールマンガです。

簡単にあらすじを説明すると、

主人公日向翔陽(ひなたしょうよう)は、小さいころにテレビで見た烏野高校バレー部の「小さな巨人」に憧れて、中学校でバレー部に入部します。
しかし、部員はおらずなんとか人を集めて大会に出場できたのは、中学三年になってからでした。
その大会の初戦で、日向は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター影山飛雄(かげやまとびお)に出会います。
試合はボロ負け、さらに影山に屈辱的な言葉をかけられた日向は、打倒影山を目指して憧れの烏野高校に入学するのですが…
烏野バレー部には影山も入部していたのです。

そして、日向と影山をダブル主人公に据え、烏野バレー部が全国を目指すというストーリーなのですが、この作品はスポーツマンガではおなじみの派手な必殺技などは出てきません。
私は、バレー経験どころか運動部に入っていたこともないので断言できませんが、古舘先生自身バレー経験者であるということなので、おそらく現実に近い試合描写がなされているのではないでしょうか。
それでいて試合が迫力満載なのは、プレーしている選手(敵も味方も)の心情がとても丁寧に描写されているからだと思います。
本当の試合を観ているように、どっちにも勝ってほしい、どっちが勝つのかわからないという気持ちにさせてくれます。

選手の成長や葛藤、試合に負けてしまった弱小校の選手たち、彼らを支えるマネージャーや指導者たち…
作中のすべての人たちが、リアルを伴って物語に表れているこの作品を読むと、今部活をやっている人だけではなく、かつて学生だった人は、あの限られた時間を懐かしく思い出すのではないでしょうか。

私はジャンプ本誌を読んでいるので、本誌の感想(ネタバレ注意です!)とアニメの感想(大分後半に突入してしまいましたが…)を書いていきたいです。
あとは個別のキャラ紹介と、全巻そろえる予定なので各巻の感想も順次書いていきます!


ポケモンについて

今回は、このブログのメインテーマの一つであるポケモンについての記事です。

私は、アニメポケモン無印時代からのポケモンファンです。
アニメ、映画はほぼすべて観ており、ゲームもだいたいやってます。

中でも、昨年から始まったアニメポケットモンスターXYシリーズは個人的にすごく熱いです!!
このブログを始めた理由の半分以上は、いろいろなアニポケの感想ブログを見て、憧れたからだったりします。

今秋発売予定のOR・ASも非常にワクワクです!
私は、厳選とか対戦はやらなくて、旅パでストーリー攻略が主なんですが(ホワイト2では初めて全国図鑑完成させました!)ルビー・サファイアは初めて自力で殿堂入りしたタイトルなので、思い出深いです。
最初のパートナーを今から迷ってます。

ここでは、毎週のアニポケ感想を主に記事にしていきたいと考えています。
あと、キャラや各シリーズに付いての記事も書いていきたいです。
ゲームが出たらそのことも書きたいし、映画の感想とかも…
とりあえず順々に書いていきます!
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。