WJ40号「ハイキュー!!」第123話「もう一つの憧れ」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

和久谷南戦ファイナルセット、三枚ブロックと相対した日向は何をしようとしたのか、という先週の引きから続く場面です。
日向のとった選択は、相手のブロックにわざと当てて攻撃を立て直すリバウンドでした。

そういえば、これも東京合宿中に木兎さんに教わったことでしたね。
私は、ずっとフェイントかブロックアウトだろうと予想してました(汗)

大地さん不在で守備力が低下している局面、日向もちゃんと対処しようとしている。
初期に発表されたパラメータで、頭脳(ゲームメイク能力)1と書かれていましたが、今ではずいぶん成長しているのではないでしょうか。
田中に褒められた日向の反応と、ちょこっとだけ出てきた木兎さんがおもしろかったです。

そして、縁下も先ほどのレシーブを経て、自分はピンチヒッターにすぎないという思いが払しょくされたようです。
それに気づいた烏養くんが見ていたのは、山口でした。
彼にも、チームの一員としてちゃんとやれるという自信を早く持てるようになってほしいと願うばかりです。

一方、和久南主将中島の烏野、そして小さな巨人に対する思い入れにもスポットが当てられます。
今回のタイトル、もう一つの憧れとは彼のことでしょうか。

この回で、和久南というチームについてもいろいろとわかってきたことが多いですね。
チームの精神的支柱はあくまで中島、ほかのメンバーが焦りやすかったり、マイペースだったりするところをうまくまとめています。
家庭内でも、チームでも面倒見のいいタイプなんですね。
しかし、お互い助け合っていくチームワークは見事なもので、突出した武器がないところをカバーしています。

さて、小さな巨人への思いを抱えた者同士の対決は、そろそろ大詰めのようです。
謎に包まれている小さな巨人ですが、これからいろいろ明かされてくるのでしょうか。
気になりますね!

ちなみに、今回は第2回キャラクター人気投票の結果発表もありました。
一位、三位が日向、影山のダブル主人公なのは納得でしたが、個人的に一番驚いたのは二位のスガさんですね!
アニメ効果もあるのかなあ。
得票数がすごいです!

ツッキーと山口は、すごく活躍してたから上がっててよかったね!
何気に烏野一年生は、みんなトップ10にいますね。
主役校に人気があるのは、やっぱりうれしいです。

青城、音駒のライバル校代表は、安定してますね。
新キャラの梟谷は、赤葦が木兎さんより高くてちょっと驚きました。

それにしても、キャラがすごく増えましたね。
ハイキューは、みんな愛すべきキャラばかりなのでどうなるのかワクワクでした。
機会があれば、またやってほしいですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR