WJ11号「ハイキュー!!」第144話「極限スイッチ」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

今回は、いきなり前回日向と交代した山口のサーブから!
捕球態勢に入る狂犬ちゃんですが、ボールが伸びて、手に引っかけてしまいます。
本当に変化の予測がつかないサーブなんですね。
そのピンチを救ったのは岩ちゃん。
とっさにダイビングレシーブでボールを繋ぎます。

しかし、今度は烏野のチャンスボール。
シンクロ攻撃から旭さんの強烈なスパイクが繰り出されます。
と、ここも岩ちゃんがレシーブ成功!
最後は花巻がフェイントを決め、山口サーブのターンを一本で切りました。

高い攻撃力だけでなく、堅実な守備力を併せ持つ。
スイッチの入った岩ちゃんは、隙がありません。
一方、山口も及川さんが舌を巻くほどの成長具合で、もうサーバーとしての心配はいらなそうです。
わかってはいましたが、改めて実感すると、やっぱり少し寂しいです(苦笑)

さあ、両チーム譲らない試合展開が続きます。
谷っちゃんが思わず観客席の柵にかみつくほどです(笑)
このままデュース突入かと思われますが、ここで及川さんサーブのターンが!

際どいコースを狙ったボールは、大地さんとノヤっさんが触れることも許さず、完璧なサービスエース。
ボールの軌道にものすごい回転がかかっている表現も加わえられていて、もうとんでもない威力だということが伝わってきます。
見守っている烏養くんと嶋田さんの様子からも絶望感が感じられます。

これで青城のマッチポイント。
烏野はタイムアウトを取ります。
若干烏養くんは心配そうな様子ですが、当の大地さんたちは割り切って気持ちを切り替えています。
この場面で取り乱さない精神力には、本当に恐れ入ります。
コートに戻る大地さんと旭さんに、スガさんがエールを送ります。
いよいよ決着が付きそうなこの場面、スガさんも一緒に戦っているんですね。

タイムアウトが終わり、再び襲い来る及川さんのサーブ。
烏養前監督、旭さん、影山、木兎さん、生川の主将、今まで受けてきたサーブが大地さんにフラッシュバックし…
倒れこみながらも、及川さんのサーブを上げました!
すかさず攻撃態勢に入るツッキー、田中、旭さん。
最後は旭さんがバックアタックを決めました。
コート内はもとより、ベンチにいるスガさん、潔子さんも嬉しそうです。
ここにきて、3年生の活躍が光りますね。

及川さんのサーブは切ったものの、1点も落とせない状況でリベロのノヤっさんが不在に。
日向が入ります。
一方、サーブのツッキーがスガさんと交代します。
攻撃力は上がったものの、守備に不安を抱えるローテーション。
この最終局面を烏野は乗り切れるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR