ゲーム「ポケットモンスターAS」プレイ日記 進め!海底洞窟編

今回は、ポケモンASのプレイ日記です。

アクア団の野望によって、復活のときが迫るカイオーガ。
アクア団を阻止するために、ダイゴさんに託されたダイビングとデボンボンベで海底に潜ります。

ちなみに、海上でなみのりを使っているエリートトレーナーとバトルになりました。
今まで、なみのりとかで海上にいるトレーナーっていましたっけ?

さて、ダイビングで海底を進むのですが、海溝のような場所を泳ぐジーランスを発見。
でも、進めない!
姿が見えても、見送るしかないようです(泣)

海底洞窟にたどり着くと、したっぱたちとのバトルが待ち構えています。
あの小さな潜水艇にどうやって入ったのかという人数です。
進んでいるうちにカイオーガのいる場所には着けましたが、結構複雑な構造だったので、見逃している場所があるかも…

最深部では、アオギリがマツブサを倒したところでした。
その勢いで、こちらにもバトルを仕掛けてきます。
今回は、メガシンカしたメガサメハダーを使ってきます。
キーストーンが付いている道具は、メガイカリというらしいです。(まんまだ…)
マツブサの場合は眼鏡の横に付いていますが、あれはなんて名前なんでしょう。

メガサメハダーはこうげきとすばやさが怖いですが、耐久力は低いため、プラスルのかみなりで攻撃を受ける前に倒せました。
かみなりが当たってくれてよかったです。
メガシンカするターンは、すばやさがメガシンカ前で判定されるため、速攻で倒したいですよね。

バトルには勝利したものの、アオギリはカイオーガ復活を止める気などありません。
すると、イズミがやってきてアオギリを説得しようとします。
やはり、彼女は計画に迷いがあったんですね。
「イズミなら自分の考えをわかってくれると思っていた」とアオギリは語りますが、一体二人はどういう関係だったんでしょう。

そして、再三の制止を無視してついにカイオーガを目覚めさせてしまいます。
カイオーガの目覚め、そして大雨を降らせる様子はアニメーションで見ることができます。
B2W2のキュレムとの融合場面でも思いましたが、やはり伝説のポケモンの力がアニメーションになると、迫力が段違いですね。

計画は成功と思われましたが、カイオーガの力はアオギリの想定をはるかに超えていました。
このままでは、ホウエン地方全体が海に沈んでしまいかねないほどの威力だったのです。
一転して自分の過ちを悟るアオギリ。
海底洞窟の海上に出ると、アクア団、マグマ団はカイオーガを阻止するために動くことで一致しました。
その時、マツブサがアクア団を止められなかったことを謝ったのは印象的でした。
自分の都合さえよければ、こちらのことはおかまいなしな人物と思っていましたから。
ORではアオギリの役回りだと思われますが、すぐに自分たちの非を認めたり、大人としての責任を口にしたりと、やっぱり根っからの悪ではないんですよね。

さて、遅れてダイゴさんも空から現れます。
無駄にそらをとぶでポケモンに乗っているときのポーズがカッコつけてる気がしますね(笑)
ダイゴさんによれば、カイオーガを止めるためには、ルネシティの目覚めの祠に行く必要があるとのこと。
それだけ伝えて、さっさと先に行っていしまいました。
今回は連れて行ってくれないんですね…

ということで、ルネシティに向かいます。
ルネシティは特殊な街で、ダイビングで海中から行くしか最初に街に入る方法がありません。
この街の人たちの生活の様子が気になります。(不便極まりないですからね)
この街のBGMは、神秘的な曲調でお気に入りなのですが、異常気象の影響で今は聴けません。
ポケモンセンターとフレンドリィショップ以外の家も閉まっています。

目覚めの祠近くに行くと、ルネジムのリーダー、ミクリとダイゴさんがいました。
二人とともに祠へ行くと、アクア団、マグマ団の面々が集結しています。
ユウキも駆けつけてくれました。
生身で祠に入るのは危険なため、アクア団アジトで開発されていたアクアスーツを託されます。
例のわけのわからない検査項目だらけだったスーツです(笑)
どうやら衝撃吸収に優れているようですが、その性能やいかに。

オールスターが勢ぞろいで、いよいよ最後の決戦という雰囲気ですがどうなることやら…
次回、祠に突入します!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR