「湯神くんには友達がいない」

今回は、いつものテーマとは違う最近お気に入りの漫画についてです。

少年サンデーで連載されている漫画で、友達がいないいわゆる「ぼっち」の主人公、湯神くんの日常を描くコメディーです。
この湯神くんが普通の人と一線を画すところは、望んで独りぼっちでいることです。
人と関わると余計なしがらみが増え、思い通りに行動するのに支障をきたす。
だから、自分一人で生きてゆくのだ、というのが彼のポリシーなのです。

家でも学校でも、他人の目を一切気にせず自分の主張を曲げない湯神くんは、クラスメートには変人扱いされ、家族にも心配されていますが、まったく気にしていません。
むしろ、独りぼっちを貫けるほどの高いスペックの持ち主なのです。
野球部に所属し、ほかのメンバーの実力はおそらく中の下程度な部なのですが、絶対的エースピッチャーとして君臨しています。(故に、部内の誰も、湯神くんの勝手な行動には文句を言えないのです)

また、趣味や好きになったこと、自分が必要と思ったことには常に全力投球です。
落語が大好きで、ひいきの噺家の平楽の落語のチェックは怠りません。
動物のしつけにも根気よく取り組みます。
ピッチャーとしての実力も、日々の地道な自主トレで培ったものなのです。
でも、その一生懸命な行動が周りの人にはどうしても奇行に映ってしまうところが、湯神くんの面白いところです(笑)

そんな湯神くんを取り巻く人たちも、個性的です。
湯神くんのクラスに転校してきたヒロイン、綿貫ちひろはなかなか友達の輪に入れずに悩んでいるという、湯神くんと正反対の性格です。
なんだかんだ湯神くんと関わることになり、振り回されてしまうことに…

ある意味ちひろちゃんよりも湯神くんに振り回されている野球部の後輩や、湯神くんに手を焼くマネージャー、湯神くんに告白してきた女の子など、様々なキャラクターが出てきて、それぞれの人間模様も描かれます。
キャラクターたちは、みんなどこか極端だったりズレているところがあって、それが相互に絡み合って思いもよらない展開に発展していきます。
なのに、対人関係における反応(なかなか成立している友人関係に入っていけない、クラス内でのグループわけの微妙な空気など)があるある!と微妙にリアルさを感じさせるところも魅力です。

そして、湯神くんは頭を悩ませるほかのキャラたちをあざ笑いつつ、わが道を爆走していくのです(笑)
それによって、周囲はさらに混迷を極めるという…

湯神くん擁する野球部の無駄に(笑)熱い試合シーンも見どころです。
スポーツ漫画でもないのに、ほぼ一冊分を使って描かれる公式戦。
その中に湯神くん節が炸裂するわけですから、爆笑必至です!
もちろん、チームメイトを信じて一丸となってプレイする、という気など毛頭ないのですが、野球好きな家族に聞いたら、湯神くんの主張は案外筋が通っていると言われ、ちょっとびっくりでした(汗)

夏休み、文化祭に修学旅行…
湯神くんと仲間たちが、様々なイベントで個性的な活躍を見せています。
彼らの行動で、周りには少なからず影響が生じているのに、湯神くんはまったく変わりません。
そんな湯神くんが、今度はどんな反応をみせるのか、そしてどんな騒動に発展するのかが楽しみなお話です!

難しく考えなくても、さらっと読んで笑えるので、明るい気分になれる漫画です。
でも、意外な教訓も詰まっているので何度も読んで面白い!
湯神くんのキャラに、思わずはまってしまいます!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR