「ハイキュー!!」キャラクターについて 山口忠

今回は、個別のハイキューキャラについての記事です。

今回取り上げるのは、山口忠(やまぐちただし)です。

烏野高校1年生、ポジションはMB。
1年生の中では唯一控えのメンバーです。

彼を語る上で欠かせないのが、幼馴染のツッキーの存在です。
小学生時代からの付き合いで、一日で最も多く言う言葉はおそらくツッキーといわれるほどですからね。
だいたいツッキーとセットで描かれています。

初登場時の雰囲気だと、ツッキーの子分のような感じでセリフも少なく、目立たないキャラなのかなぁと感じたのですが、その印象はのちに大きく覆されることになります。
1年生の中で自分だけが試合に出られないことが嫌で、ジャンプフローターサーブを習得するために商店街チームの嶋田さんに弟子入りしたのです。
ツッキーの後ろについているだけでなく、ちゃんと自分の力で踏み出せるんだ、と驚きました。

きちんと自分を省みることができて、地道に努力を重ねていけるところが山口の長所だと思います。
みんなと肩を並べられるサーブという武器を手に入れるため、着実に力をつけています。
要所で投入されるピンチサーバーが今のところ、主な役割ですね。

しかし、実戦と練習は違うもの。
試合の緊張感に呑まれて、思うような結果が出せないこともありました。
でも、その苦い経験を乗り越えて、戦う覚悟を春高予選の青城戦では見せてくれました。
本当に著しい成長だと思います!

そして、切っても切れないツッキーとの関係。
東京遠征時、上を目指す烏野メンバーとの意識の差を感じていたツッキーを叱咤するところは、作品全体を見ても屈指の名場面だと思います。
悔しい思いをしてきた山口の口から出る言葉だからこそ、響くセリフであり、ただツッキーに従うだけじゃないというところを見せてくれる場面でもありました。
同時に、いつも偉そうな(笑)ツッキーも、山口を対等な存在として見てたんだなぁということがよくわかった場面でもあります。

個人的な意見ですが、山口とツッキーのキーワードは「カッコ」なんじゃないかと思います。
カッコという言葉自体は、春高予選の扇南戦でタイトルになったわけですが…
カッコいいとか、カッコ悪いという言葉が二人の気持ちを描写する場面で頻繁に出てくるんですよね。

日向と影山の主人公コンビは、上を目指したい、勝ってコートにいたい、という純粋ではあるけれど、ある意味主人公然とした理由が原動力になっています。
一方で、カッコよくありたい、みっともない自分でいたくない、という感情はなにかを頑張る理由として、より人間らしいんじゃないかと思うのです。
だからこそ、共感できるし応援したくなるのかもしれません。

さて、これから選手としてどんどん花開いていくであろう山口に一番期待したいこと。
それは、山口のサーブで相手レシーブを崩し、ツッキーのブロックでシャットアウトする、サーブ&ブロックです!
烏養くんによれば、サービスエースの次に理想的とされているこの攻撃。
幼馴染コンビの連携が見られるのを楽しみにしています♪

名前の由来は、名前の忠はツッキーに忠実なところから来ているのかなぁ…
師匠の嶋田さんの名前「誠」と合わせると、「忠誠」になりますね。
山は…、う~ん…。
ほかの1年生が「日」「影」「月」と来て、「山」とはいかに…?
やっちゃんの「谷」とセットってことなのかなぁ。

山口の記事なのに、予想よりツッキーのことを書いてしまいました(汗)
ともかく、今後の活躍に期待したいキャラナンバー1です。
1年生が揃ってコートに立てるときを早く見たいです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR