アニメ「ハイキュー!!」第23話「流れを変える一本」

今回は、アニメハイキューの感想です。

いよいよ青城戦もファイナルセット、青城の地力の高さに押され、烏野は思うように攻撃が決まりません。

試合前に青城のDVDを見ていた烏養くんの気付きも明かされました。
セッターの及川さんが最初にボールに触ってしまった場合も、セッター経験のあるリベロ、渡がトスを上げられるのです。
イレギュラーな場面への対応力の高さは、さすがの一言ですね。

そんな青城に勝つための一歩を期待される存在は、日向と影山です。
まだ1年生で未熟な部分も多い二人ですが、勝ちにこだわる気持ちがそれほど強いんでしょうね。
疲労が溜まり、辛い、もう動きたくないとだれもが思うその時に、全力で走ってトスを呼ぶ日向は、圧巻でした。

そして、日向と影山のワイドブロードがさく裂するのですが、囮でありながら、影山が思わずトスを上げそうになってしまう場面、セッターへの圧倒的な引きつける力というのでしょうか…
これも、エースとしての資質と呼べるのではないでしょうか。
大事な場面でトスが集まるのがエースですから。

それでも、青城にリードされたまま終盤にさしかかってしまいます。
なんとか流れを変えたい、そんな烏養くんのとった選択は、なんとピンチサーバーとしての山口の起用!
本誌で読んだときは、師匠の嶋田さんともどもドッキリしてしまいました。

1年で一人だけ控え、試合をしているメンバーへのうらやましさも覚えていたのですが、いざコートに立ったときの緊張はやはり相当なプレッシャーだったようです。
それを見守る2,3年も内心かなり動揺しています。(影山は通常運転でしたが…)

山口の緊張を察したスガさんたちベンチメンバーは、みんなでポーズをとりながら山口を鼓舞します。
こういうメンバーみんなで支え合うところは、本当にいいチームだなあと思います。

さて、烏野の大部分をその日一番の緊張に包みこんだ山口のサーブは、残念ながら失敗してしまいます。
しかし、確実にみんなの空気は良い方向に変わりました。
「次、決めろよ」とベンチへ下がる山口に大地さんがかけた言葉に、私も「決めるまでずっと応援してるよ」と思わずにいられませんでした。
いつか完璧なジャンプフローターサーブを決めて、及川さんのように恐れられるサーバーになってほしいです。

終盤の攻防は、「負けてたまるか」という烏野のモノローグと呼応するように、一進一退のハラハラする展開でした。
青城のマッチポイントでチームを勇気づけるノヤっさん、必死のレシーブをみせる田中、みんなとてもかっこよかった!
そして、及川さんがダイレクトで入れようとしたボールを直前で影山がワンハンドトス、烏野も24点でデュースに持ち込みました。
ここで、やはり影山と及川さんという対立軸が描かれるところも熱いです。

来週は、いよいよ試合決着でしょうか。
どちらのチームも勝ってほしい、みんなの努力が報われてほしいと本気で思ってしまう作品って本当にすごいですね!
次回が待ち遠しいです!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR