ゲーム「ポケットモンスターAS」プレイ日記 新事実続々!編

今回は、ポケモンASのプレイ日記です。

石の洞窟で隕石を手に入れ、トクサネ宇宙センターにやってきました。
そこでダイゴさんとソライシ博士に会い、今回の計画が明かされます。

なんでも、メガシンカのときに発生するもののような人とポケモンの生体エネルギーを利用して、隕石をワープさせるということらしいです。
そして、このエネルギーは実は悪の組織のアジトによくあるワープパネルに技術を使われているんだとか!
これが一番驚きました(汗)

あのワープパネルは金・銀のときには確かもうありまして、常々ここだけテクノロジーが未来的だなぁと思っていたわけなんですが、こんなところで真相が明かされるとは!
この技術自体、三千年前のカロス地方の最終兵器がもとになっているわけですから、未来の技術ではなくむしろ過去のものだったんですね~

さて、そんな話をしていたところへヒガナがやってきます。
ヒガナはソライシ博士の計画を聞いていたようなのですが、それは過去の過ちを繰り返すことだと主張します。
口ぶりから察するに、彼女には別の解決策があるようなのですが、それについては語りません。
とにかく、ダイゴさんたちに協力する気はまったくないみたいですね。

ヒガナは話だけして去って行き、こちらはほかの隕石を手に入れるために流星の滝へ行くことになります。
流星の滝でも、別の地方のポケモンたちが出現するようになっていました。
でも、モノズにクリムガンとイッシュ地方のポケモンばかりな気がするのですが、気のせいでしょうか?

滝の奥まで進んでいくと、先に向かったダイゴさんと一人のおばあさんがいました。
そのおばあさんは、レックウザのメガシンカの秘密を伝承する一族の人でした。
レックウザのメガシンカは、七色の石に伝承者の一族に人間が祈ることで発現するそうで、現在のメガシンカの形の元ともいえるようです。
メガレックウザは、ゲンシカイキしたグラードンとカイオーガの争いを止めるのみならず、今まで地球を襲った隕石までも防いで、世界を守ってきたというのです。

さらに、ヒガナもまたその伝承者の一族であり、隕石を止めるためになんと、アクア団にカイオーガを目覚めさせるために協力していたというのです!
最初からヒガナの目的は隕石を防ぐことだけであり、そのためにカイオーガ復活による犠牲までわかっていながらあえて行動していたわけです。
一気にシリアス感が出てきましたね…

ヒガナの目的はだいたいわかってきましたが、、カイオーガ復活がとん挫した今、彼女はなにをしようというのでしょうか!?
気になることが逆に増えてしまいましたが、次回に続きます!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR