ゲーム「ポケットモンスターAS」プレイ日記 もう一つの世界!?編

今回は、ポケモンASのプレイ日記です。
エピソードデルタも、徐々に物語の核心に近づいてきています。

デボンコーポレーションに入ろうとすると、以前トウカの森で助けた研究員と鉢合わせます。
そして、それを追いかけてきたアクア団のしたっぱとバトルになります。
どうやらしたっぱもト、ウカの森で戦ったのと同一人物だったみたいです。

研究員によれば、隕石を阻止するためにデボンが開発した通信ケーブルがアクア団に盗まれたらしいのです。
アクア団はトクサネ宇宙センターに向かったようなので、こちらも移動します。
目まぐるしく舞台が変わりますね~

宇宙センターはアクア団に占拠されていました。
一階でバトルになったのは、アジトで戦った五つ子のしたっぱ。
5匹のグラエナを相手にすることになります。

グラエナの特性は5匹とも「いかく」なので、開始直後に5段階こうげきを下げられてしまいます。
これは意外な戦法だ!と驚いたのですが…
直後に「ほえる」を繰り出されて、強制的に交代させられました。
いったんバトルから離れたら能力変化は元に戻ってしまうので、実はあんまり意味ないんじゃ…(汗)

さて、二階ではダイゴさんとウシオが対峙していました。
ウシオはアオギリが主張を翻したことが納得できず、隕石を転送するためにロケットに蓄えられている莫大なエネルギーを使って、世界を壊して始まりに還そうとしていたのです。

ここではダイゴさんと組んで、ウシオ、したっぱチームとダブルバトルになります。
ダイゴさんの使用ポケモンは、メタグロスかと思いきやエアームド。
ウシオはサメハダーをメガシンカさせてきました。

バトルには問題なく勝利したのですが、そこに突然ヒガナのゴニョニョ、シガナが現れて、ウシオの持っていた次元転移装置を奪い取りました。
それをヒガナに渡すと、ヒガナは装置を握りつぶしてしまいます。

ヒガナは、次元転移装置で隕石を転送すればこの世界は助かるが、転送先の別の世界が滅ぶことになると語ります。
その世界は三千年前にカロス地方で最終兵器が使われず、メガシンカも存在しないもう一つのホウエン地方だというのです。
そんな世界が本当にあるのでしょうか?
そして、なぜヒガナはそんなことを知っていて、しかも隕石の転送先がそこだと言い切れるのか。
ヒガナはほかに、メガシンカは世界に揺らぎを引き起こすというようなことを言っていたのですが、それは一体どういうことなのか。

考えていくと話はホウエンだけにとどまらず、カロスの最終兵器とメガシンカにはどんな関係があるのかというところまでいきそうです。
そして、XYから登場した要素であるメガシンカの存在が世界に影響を与えているとしたら、メガシンカのなかったBW以前の世界と現在の世界はどう関係するのか。
そもそもリメイクされたORASの世界は、シリーズ内でどの時間軸に位置しているのか。
もともとRSEでは時間的に繋がった世界だった赤緑青ピカチュウと金銀クリスタルとは完全に独立していて、どの時代に位置するのか不明でした。
それが関係しているのでしょうか?

とにかく、ヒガナの発言でシリーズ全体に関わるような謎が生まれてしまいました。
ヒガナには両方の世界を救う手立てがあるようなのですが、それは一体なんなのか。
ひとまず、アオギリのキーストーンを狙ってアクア団アジトに向かったヒガナを追いかけます!
次回に続きます!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR