WJ41号「ハイキュー!!」第124話「終盤戦」

ジャンプ本誌のハイキュー感想記事です。
ネタバレ注意です!

タイトル通りVS和久南終盤戦、和久南の粘りに烏野はなかなか点が取れません。
粘って烏野のミスを誘ってきます。

一方、烏養くんの「トスを旭さんに集めてはどうか」というアドバイスに、影山は旭さんにトスを上げるのはあくまでベストなときでよいと判断し、縁下に打たせます。
影山の冷静な判断力はすごいなあ!
どちらの選択がいいのか私にはわかりませんが、戦況に応じた選択を瞬間的にしなければならないセッターというポジションの大変さを感じました。

そして、旭さんと和久南の松島(1年MB)の二人のサーブミスが描かれます。
アニメの山口のサーブミスのときも思いましたが、ミスすると即失点のサーブはやっぱり怖いですね。
しかも、コートに同じ思いをしている味方はいないという孤独感もあります。

特に、松島は彼のミスで烏野がマッチポイントになってしまったため、本当に辛いだろうなあと思います。
そこで、励ましをくれる和久南メンバーにジーンとしました。
川渡(3年WS、パイナポーヘッドくん)の「次前衛に回ってきた時に~」という台詞とか、まだ全然諦めてない!とハッとしました。
ちなみに昔のルールでは、サーブでミスしても失点にはならなかったそうです。
そう考えると、緊張感がまったく違いますね。

烏野の攻撃、あと1点という焦りからか日向に逸る気持ちが見え、攻撃が崩れかけたときでした。
すかさず、日向を落ち着かせる縁下の言葉が飛び出します。
やっぱり彼には、精神的支柱を担う資質があるんだなあと思いました。

さらに、縁下が相手のブロックアウトを狙ったボールをレシーブし、そこから日向のスパイクが決まったように見えたのですが…
ボールの最終的な行方は描かれず、今週は終了。
これからの展開に期待大です!

次のジャンプは、月曜祝日のため今週土曜発売ですね。
ちょっぴり早くて続きが読めて、うれしいです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR