「ハイキュー!!」第158話「助太刀」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

今回は、ポスターセンターカラー!
横長の大きなポスターに、ウシワカと白鷲だけのシンプルなイラストがかっこいいです。

アニメセカンドシーズンの情報も発表になりました。
キービジュアルで、ツッキーの眼鏡が変わっているのが印象的です。
谷っちゃんの声優さんも決まったようなんですが、谷っちゃんと同い年らしく、びっくりしました。
初々しい感じが期待できますね!

さて、本編です。
ウシワカに手を伸ばそうとする烏野の理性、ツッキー。
相手のセッター、白布を視線でけん制し、相手の攻撃にワンタッチではありますが、次々食らいつく粘り強さを見せます。
白鳥沢にも、厄介なブロッカーとして映っているようです。
だいたいみんなワンタッチのときは大声で叫んだりするものですが、「ワンチ」とあくまで冷静に言うところが相手は余計にイライラしそうだな~

ツッキーのワンタッチから生まれたチャンスに、田中が良いコースに打ち込み、レシーバーのお見合いを誘います。
ここで怒鳴り声とともに初登場したのが、白鳥沢高校バレー部監督、鷲匠鍛治。
そういえば、白鳥沢の監督のことをすっかり忘れていました(笑)
ウシワカ初め、選手にばかり注目してたので…

鷲匠監督は烏養前監督とも知り合いらしく、鬼監督ぶりに若干烏養くんもビビってますね。
ツッキーサーブのターンに、スガさんがインして行うワンポイントツーセッターには、小賢しいの一言。
高さやパワーといったわかりやすく、シンプルな強さを徹底的に伸ばすスタンスの指導者だそうです。
天童のように個性が強すぎて、チームによっては活躍できそうにない選手でも、鷲匠監督の眼鏡にかなえば問題ないといいます。
ひたすら個人技を磨いて、一人一人の強い個性を武器に戦っていくチームですね。

「人は翼がないから飛び方を探す」と言っていたように、選手として恵まれなくても、力を手に入れる工夫を重視していた烏養前監督とは対極の考え方をしてるようです。
それでも、白鳥沢にチームワークがないというようなことが起こらず、全員が十分力を発揮できるチームになっているところは、流石に名将ですね。

さて、点を獲りあい、20対20で両校が並びました。
ここで日向のサーブ時に、山口がピンチサーバーで入ります。
ツッキーの活躍を見て、烏養くんに出してもらえるよう念を送り続けていた甲斐がありましたね!(笑)
日向と影山は、お互いに「俺が居ればお前は最強だ!」と言っていました。
山口は「あんなふうに自信満々なことは言えない」と思っていますが、それでもただの控えだったところから、流れを変える唯一の役割を与えられて、ツッキーとともにコートに立てているのですから、万感の思いでしょう。

山口のサーブは手前に落ち、五色がレシーブするものの、2段トス(セッターの定位置から大きく離れたところからのトス)になってしまいます。
完全に崩したと思われたのですが、ウシワカには関係ありませんでした。
3枚ブロックを簡単に打ち破り、得点します。

鷲匠監督の台詞「これが強いということだわ…」が、かつての猫又監督の「これが繋ぐということだ」とダブったのですが、まさに両校のスタイルを表していますね。
ただ単純に「強い」ということを見せつけられた気がします。

これで山口はメンバーチェンジ、ツッキーも悔しそうな表情を見せますが…
まだツッキーの目は死んでいないようです。
というか、以前なら悔しさすらみせていなかったでしょうから、必ずウシワカを止めてくれると信じています。
そして、今度こそサーブ&ブロックを決めてくれ!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR