アニメ「ポケットモンスターXY」第76話「風とタマゴとオンバット!」

今回は、アニメポケモンの感想です。

いつものごとく、ランチを兼ねてまったりしているサトシたち。
ポケモンたちも各々自由に過ごしています。
ルチャブルは少し離れた林の中で、自主特訓をしていました。
すると、木の陰に光るタマゴが!

光るタマゴに近づいて行って見つける様子がじっくり演出されていて、なんとなくかぐや姫を思わせました。
タマゴはオンバットらしい紫色で、オンバットの耳に似た柄が入っています。
ゲームのタマゴはみんな同じ模様ですが、アニメは生まれるポケモンの特徴に合わせてますよね。
幾何学的な模様だったので、ふとデジモンに出てくるデジタマを思い出しました。

ルチャブルはそのタマゴをサトシたちのところへ持っていきます。
当然サトシたちはタマゴの存在にテンションが上がります。
タマゴが光り始めて、もうすぐ生まれるかもという状況になると、サトシ、ピカチュウ、ユリーカ、ルチャブル、ハリマロン、ヤンチャムとみんなで円になってタマゴを温めようとします。
本当にそれで効果があるのか疑問でしたが、ヒノヤコマが最後に加わったことで特性、ほのおのからだが発動して、無事にオンバットが生まれました!

ここでほのおのからだを持ってくるとは、うまいですね!
ゲームでお世話になっている人も多いのではないでしょうか(笑)
ヤヤコマ系統はXYでレギュラーとして育てていたので、最近、バトル含めてヒノヤコマの出番が多いのは個人的にうれしいです。

さて、生まれたオンバットですが、一番最初に見たサトシをどうやら親と認識したようです。
トゲピーの時もまさにそうで、みんなでトゲピーの所有権を奪いあいましたが、結局カスミのポケモンになったんですよね。
この一連のトゲピー騒動は、おすすめのお話です。
特に、ロケット団サイドが新鮮な感じで楽しいです。

このオンバットは泣き虫な性格みたいで、不安な気持ちになると、泣きながら超音波を出します。
これがかなり強力なようです。
ハリマロンが顔芸を披露してました(笑)

この超音波はいろいろな使い方ができそうでもあります。
お腹を空かせたオンバットのために、みんなで木の実をとってくるのですが、オンバットは超音波を当てることで木の実の熟し加減がわかるのです。
生まれたばかりなのに、しっかり超音波を使いこなしていますね。
この時、ポケモンたちがみんなでオンバットの気に入る木の実を探して、いっぱい持ってくるところに優しさを感じます。

続いて、オンバットは飛ぼうとするのですが、これがうまくいきません。
普通は生まれたときから飛べるようなのですが、苦手なのでしょうか?
落下したオンバットが一回泣いてしまってからは、サトシがうまく滑り込んでキャッチするという活躍を見せます。
オンバットを慰める言葉にも、年長者らしさが感じられます。
本当に親っぽいです。
なんだか、XYサトシの精神年齢がどんどん上がっていくのを感じます(笑)

これを見ていたロケット団は、オンバットに価値なしという雰囲気。
しかし、進化後にオンバーンになることを知った途端、進化させて仲間に加えようという気に。
捕獲作戦に動き出します。

一方、サトシはオンバットが飛べるようにヒノヤコマとルチャブルの手を借りることにします。
2匹はひこうタイプの先輩ですからね。
それにしても、現サトシチームのひこうタイプ率がすごいことになってますね…

まずはヒノヤコマが手本を示しつつ、飛ぼうとしますが、いきなりスイスイ飛べるはずがなく…
ヒノヤコマはまるっきり鳥ですから、おそらく感覚で飛んでいるんだと思います。
だから、細かくレクチャーするには向かないんじゃないでしょうか。
コウモリは、長い距離や高いところを飛んだりはできない気がしますし…

ということで、ルチャブルに滑空のコツを教わることに。
風の力を利用することで、飛ぶときの補助にするというのはなかなか効果的なようです。
しかし、こちらもあまり長続きしませんでした。

落ちてしまったオンバットが地面に激突しないように、サッと助けるルチャブルがかっこよかったです。
助けようとするも、間に合わなかったハリマロンとヤンチャムの優しさも伝わりましたよ!
この2匹はチーム内では年下っぽいので、生まれたばかりのオンバットがかわいいのかなぁと思います。

滑空をなんとか成功させるために、ルチャブルが選んだのは風が通りやすい小高い丘でした。
ここで再び練習を始めますが、ロケット団が乱入して、オンバットとルチャブルを捕まえてしまいます。
網にかかったときに、ルチャブルがオンバットをかばう姿勢になっていて、オンバットを守ろうとしていたのがわかりました。

逃げ切ったロケット団は、またしても2匹を紐でつないでまったりモードでした。
この相変わらずのパターンですが、ちょっと久しぶりな気がします。
オンバットの超音波対策も今回は万全です。
高性能耳栓「ア・ハッピー・ン・イヤー」というナイスなネーミングのアイテムを用意していました。
超音波を防ぎつつ会話もできる耳栓ということですが、なぜか猫耳型なんです(笑)
ニャースに合わせた結果かな?

オンバットは逃げようとして、飛ぶことを試みますが、あっさり落下してしまいます。
ここでムサシが「飛べないやつはポイするよ」と言った時に、ルチャブルも同じように飛ぼうとして落下し、「俺も飛べない」とアピールしていました。
一見コミカルなシーンですが、これはオンバットへのフォローかもしれません。
ルチャブルが風もないところで飛べないのは、当たり前ですから。

ロケット団は、さっそくオンバットの進化方法を調べていました。
ここでムサシは地道に育てなければならないと知って、かなりめんどくさそうにしているのに、コジロウとニャースは育成に積極的なのが対照的です。
コジロウとニャースのコツコツしたことをむしろ楽しんでやるところ、けっこう好きなんです。

ムサシが石や特定の条件下などの進化方法に触れているところも珍しかったです。
マーイーカの進化方法は、特定レベルに達したときにDSを逆さにするという全ポケモン中でも屈指の特殊な進化なのですが、若干そこに触れたのも意外でした。
この方法だけは、絶対自力で発見するのは無理な気がします…
ほのおのからだといい、今回はゲームの内容をかなり取り入れていますね。

そうこうしている間に、繋がれていた紐をルチャブルが爪で切り、2匹は逃走しようとしていました。
あんなに細い紐で繋いでおこうとしたあたり、詰めが甘いですね~

気づいたロケット団が追ってきますが、ルチャブルがマーイーカを撃退します。
オンバットはルチャブルの雄姿に目をキラキラさせて見つめています。
ここは、ヌメラがロケット団から助けてくれたピカチュウを見ていたときと似たものを感じます。
最初は未熟なところやドラゴンタイプであるところなど、よく考えるとヌメラと共通しているところは多いですね。

ロケット団の追跡から、ルチャブルはオンバットを背中に乗せて滑空し、スイスイ逃げていきます。
うまく追手をかわしてガッツポーズをとるところは、本当に師弟感がよく出ていると思います。
ルチャブルの漢気あふれる性格も、兄貴分にはもってこいですね。

2匹は、オンバットの見つけた洞窟に隠れることにします。
ロケット団は、バケッチャとマーイーカを入口に待機させておいて、中に入ります。
しかし、中はかなり暗く、まったく周りが見えないようです。
ロケット団は、ルチャブルの性格を利用しておびき出そうとして、挑発します。
なかなか考えますね!

ルチャブルは危うく挑発の乗るところでしたが、オンバットが冷静に止めます。
そして、超音波を使ってロケット団の位置を把握し、ルチャブルに教えたのです。
それを頼りにルチャブルが蹴りを入れて、耳栓を一人一人外していきます。
全員の耳栓を落としたところで、オンバットが渾身の超音波攻撃!
ニャースがえげつない顔をしてたんですが…
前半のハリマロンをあっさり超える顔芸でした(汗)

たまらず洞窟の外に逃げ出した3人を、ルチャブルたちだと勘違いしたバケッチャとマーイーカの攻撃が襲いました。
まさに泣きっ面に蜂ですね。
バケッチャたちも、ロケット団の指示に忠実だっただけにあまり責められないですね~
必死に謝る様子がかわいいです。

しかし、オンバットは生まれたばかりなのに、かなりの策士ですね!
力が弱いことをちゃんとわかっていて、どうすれば敵を追い払えるかを考える頭のよさとルチャブルを諫める冷静さを兼ね備えています。
危機的状況に強いみたいですし、今後バトルでどんな活躍をするのか俄然楽しみになります!

さて、洞窟の外に出てきたロケット団のところにサトシたちが駆けつけてきました。
ヒノヤコマの偵察のおかげですが、今回ヒノヤコマも活躍しまくりですね。ナイスアシストです!
そして、ここで今回唯一出番がないかと思われたゲコガシラも登場し、ロケット団を撃退しました。
サトシチーム全員に出番があるのは、なかなか珍しいですね。

ロケット団がいなくなったところで、ルチャブルたちも洞窟から出てきました。
オンバットを腕に乗せて、凱旋しているみたいでした。

騒動が過ぎ、サトシがオンバットに一緒に来ないかと誘います。
ここでようやくゲットだったな…と気づきました。
記事の最初から、オンバットがもうサトシチームのメンバーという体で書いてましたから…

ルチャブルがオンバットの兄貴分として、さっそく飛ぶ練習の面倒を見ていましたが、個人的にはヒノヤコマも入れてダブル兄貴にしてほしいなぁ。
今日の記事は、なんだかすごくヒノヤコマびいきになってしまいましたね…
でも、いわゆる序盤鳥はみんなサトシの旅の最初期から一緒だし、そろって非常に忠実な性格なので、かわいがってあげたくなるんです。
ちょっと地味なところも放っておけないんですよ!

次回はなんと一時間スペシャルです!
ORASの新要素、おきがえピカチュウをフィーチャーした回とオンバット中心のスカイレースの回の二本立てです。
久々の一時間スペシャルなので、かなり楽しみです!
記事が二つ分になるのでちょっと大変ですが、がんばります!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR