アニメ「ポケットモンスターXY」第78話「ピカチュウはスター!?映画デビュー!!」ほか

今回は、アニメポケモンの感想です。

一時間スペシャルの後編の感想です。
今回は、少し変則的な構成になっていて、30分のお話が4つに分けられています。
「ピカチュウはスター!?映画デビュー!!」
「How to ピカチュウ・ザ・ムービー!よーい!アクション!!」
「迅雷のヒーロー!スーパーピカチュウ!!」
「ピカチュウのドキドキNG大賞」
の4本立てです。

本編とはあまり関わりのないお楽しみの回ということですが、かなり完成度が高く、目が離せない内容でした!

たくさんのピカチュウがいる公園のようなところにやってきたサトシたち。
早速ピカチュウが仲間に入ろうとすると、おじいさんが現れました。
おじいさんの名前はフランクといって、孫のジーンとここでピカチュウの映画を撮っていたのでした。

フランクさんは、とにかくピカチュウが大好きで語尾にチュウとつけた独特のしゃべり方をするほど。
映画も、本業の監督というわけではなく、純粋にピカチュウが好きという気持ちだけで作っているのです。
フランクさんは、サトシのピカチュウを絶賛し、映画の主役に抜擢します。
ピカチュウに抱き着いて電撃を食らう展開って、けっこう久しぶりに見ました(笑)

フランクさんの屋敷は、ピカチュウだらけ。
ソファもカップもポットもピカチュウで、ピカチュウのぬいぐるみもいっぱいあります。
このピカチュウグッズ、実際に欲しいと思う人も割といるんじゃないでしょうか。

そして、映画のための選りすぐりのピカチュウたちが紹介されます。
これがORASのおきがえピカチュウなんですが、全員サトシのピカチュウ役の大谷さんが声を演じています。
声のトーンとかだけで、5種類のピカチュウを演じ分けるなんて、本当にすごいです!

ちなみに、ゲームのおきがえピカチュウはメスだけなのですが、アニメではマスクドピカチュウ、ハードロックピカチュウはオスでした。
あと、メスのしっぽに普通のピカチュウにはない黒い模様があるところもおきがえピカチュウの特徴ですね。

さて、サトシたちは脚本を見せられるのですが、脚本はなんと3ページしかありませんでした。
フランクさんの頭には構想はあるようですが、まだ脚本にできていないとのこと。
ここでシトロンが脚本制作に名乗り出ます。
今回はシトロニックギアではなく、シトロニックブレイン!(要するに、自力で考えるということです(笑))

ストーリーは王道ヒーローもので、サトシのピカチュウがヒーローとしてピカチュウランドを救うという筋立てのようです。
絵コンテも用意されていて、制作現場っぽさが出ています。

いよいよ制作スタート!
背景はポケウッドのように、特殊な背景を加工する方法をとっています。
自主制作にも関わらず、技術力がすごいですね。

スタッフには、おそらくフランクさんのものと思われるポケモンたちも参加します。
マイクや機材を支えるドテッコツ、スモーク担当のマタドガス、火の効果担当のコータス、フラッシュ担当のエレザードたちなど、それぞれの得意分野を活かして活躍しています。
特定の役にないピカチュウたちも、バックの電撃演出に協力しています。

ピカチュウががけから飛び降りるような危険なシーンは、ピカチュウスーツを着たルチャブルがスタントマンとして代わりに演じます。
でも、腕の筋肉が隆々で顔はピカチュウなのに、ちょっと違和感がある感じに…
まあ、一瞬のことなので大丈夫でしょう(汗)
セレナはハンディカメラを使って、メイキング映像を撮っています。

細かくシーンを分けて撮影しているところや、裏方の様子を映して作り物感が出ているところにリアリティを感じました。
撮影が終わった後は、アフレコ、編集などこれも本格的です。
セレナたちもアフレコに参加していましたが、どこから呼んだのか本物の声優さんみたいな人たちの姿も。
映っていた女の声優さんは、もしかして大谷さんかも?

そして、ついにフィルム完成!
大きな円盤型のフィルムです。
以前こち亀で、昔の映画館は円盤のフィルムを貸し借りして上映していたという話を見たのですが、今もああいうフィルムを使っているのでしょうか?

みんなそろって映画を鑑賞します。
サトシたちはもちろん、ピカチュウたちはスタッフのポケモンたちも勢ぞろいです。
冒頭のピカチュウが吠えるシーンは、ディズニー(だったかな?)のライオンが吠えるやつのパロディですね。
前もニャースがやってました(笑)

セレナとユリーカは、序盤にしゃべる普通のピカチュウの役で出ていました。
自分のシーンで、お互い得意げに顔を見合わせたりするのがかわいいです。

ピカチュウランドを手に入れようとやってきた悪役のマスクドピカチュウの声は、オーキド博士役の石塚さん。
かわいいピカチュウの姿で、野太い声というアンバランスさが新鮮です。
ランドのピカチュウたちのリーダー的存在のハードロックピカチュウとドクターピカチュウは、コジロウ役の三木さんとムサシ役の林原さん。
マスクドにさらわれてしまうマダムピカチュウとアイドルピカチュウは、今までのシリーズで数多くのポケモンの役を演じられた伊東みやこさんとかないみかさん。
伊東さんはサトシのエイパムやタケシのハスボー、かないさんはサトシのベイリーフやアイリスのエモンガなどが代表的です。
そして、マスクドからランドを救うべく現れたスーパーピカチュウ(これがサトシのピカチュウです)は、もちろん大谷さん。

今までのポケモンを代表するキャストが勢ぞろいですね!
ちなみに、スーパーを助けるために戦おうと言われたときに、消極的な意見を言っていた普通のピカチュウは、おそらくサトシ役の松本さんではないかと思います。

一人でマスクドに挑むも、劣勢になってしまうスーパー。
しかし、そこにランドのピカチュウたちが駆けつけ、みんなの力でマスクドを倒すという王道ながらもピカチュウが演じることによって、かわいさが存分に発揮された映画でした。
ルチャブルのスタントのシーンは、しっかりルチャブルinピカチュウになっていました!

最後のナレーション、「映画って本当にいいものですね。それではみなさんさよなら、さよなら、さよなら」というナレーションは、水曜洋画劇場の有名なナレーションのパロディだそうです。
私は知りませんでした(汗)

そして、本編の後にはNG集が!
アフレコで何度もリテイクを出したり、ピカチュウが大事なシーンでこけてしまったり…
「ドンマイ!」という台詞が入るのも、リアル感があっていいですね!

セレナのナレーション入りメイキングビデオもしっかり取り上げられていました。
監督インタビューやスタッフ紹介、シトロンは映されるとものすごく緊張してしまうようです。
セレナの撮影中も、極力カメラに映らないよう避けていました。

ピカチュウとのふれあいあり、リアリティーを感じる制作シーンあり、ポケモンファンにはうれしい配役ありで、最後は笑えるNG集もあって、とにかく濃い30分でした!
細かい作りこみが随所にあって、目が離せませんでした。
こういう見ていて自然と笑顔になれるようなお話は、とてもいいですね!
これぞ、エンターテイメントという感じがします。

さて、スペシャルの最後には映画情報も。
ゲスト声優の方々のインタビューもありました。
ゲスト声優の方は、俳優さんなど芸能人が多いですがみなさんけっこううまくて、いつもすごいな~と思っています。
山寺さんは恒例ですが、しょこたんもダークライからずっと出演してるんですよね。
また、ロバートやTIMの人たちにも出てほしいな~
これは、さすがに懐古趣味すぎますかね(汗)

盛りだくさんなスペシャルで、とっても満足です!
楽しい一時間だったな~♪

次回は、ボール工場のお話。
機械やベルトコンベアが、いつもと違うCGみたいな絵だったのが印象的でした。
ニャースとピカチュウメインみたいですが、どんなふうにアレンジされるのか、次回も楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR