アニメ「ポケモン」キャラクターについて ピカチュウ

今日は木曜日なのですが、ポケモンの放送がお休みなのでちょっと残念…
ということで、ポケモンキャラ紹介の第2弾にしました!
今回は、全ポケモン中おそらく1番の知名度を誇るサトシのピカチュウについてです。

まず、ゲーム版におけるピカチュウはというと、でんきタイプのねずみポケモン、すばやさが高いですが、耐久力は低いポケモンです。
これは、以前書いたサトシの速攻型バトルスタイルにマッチしていますね。

赤、緑シリーズのトキワの森、XYシリーズのハクダンの森などでゲットできますが、出現率はちょっと低めです。
ちょっぴりレアなポケモンなんですね。

進化前のピチュー、進化後のライチュウもかわいくて有名ですね。
実は、私個人としては外見がぷくぷくなライチュウの方が好みだったりします(笑)
ちなみに、サトシのピカチュウはクチバジムでマチスのライチュウをスピードで負かしているのですが、実際の能力値はすべてライチュウの方が勝っているんです。
私も昔はライチュウは遅いと思ってました(汗)

さて、アニメのピカチュウはサトシが最初にオーキド博士にもらったポケモンであり、サトシの一番の親友であり理解者であるといえます。
アニメ、映画、様々なエピソードを通して彼らの絆が描かれてますしね。

でも、最初は誰かの手持ちになることを嫌がっていて、サトシのこともなめきっていました。
オーキド博士が扱いに困っていたほどです。
モンスターボールに入りたがらないのも、そのころの名残ですね。
1話終盤に二人で危機を乗り越えたことによって、サトシとの絆を強めていくのですが、無印編では大分やんちゃな性格でした。

ちなみに、外見も今より少しずんぐりしていて、首のところのくびれがない感じの体型でした。
あと、鳴き声も「ピカ」だけではなく「チャー」というのもありました。
しばらく「チャー」と鳴くことはなかったのですが、XY編では再び聞くことができてうれしかったです!
XY編では、コルニ登場の回で忘れがちなケチャップ好きという設定も描かれていて、そういう細かい描写にジーンときます。

現在覚えているわざは、10まんボルト、でんこうせっか、アイアンテール、エレキボールです。
以前は、でんきショック、かみなりなどを覚えていたのですが、ゲームの設定にならって一度に覚えられるわざは4つまでなので、ときどき入れ替えがあります。
ちなみに、わざを出すときの鳴き声はそれぞれ違っています。
こだわりすごいですね!

ピカチュウの代名詞といえば10まんボルトですが、もともと覚えていたわけではなく、最初のジムであるニビジム対策に覚えたわざなんです。
その方法は、水車で発電した電気をピカチュウに送り込んで、ピカチュウの保有できる電気の量を増やすというものでした。
めちゃめちゃ現実的ですよね!
初めて見たときは、意味がわからないし、ピカチュウは苦しんでるしなんか怖かったです。
そうした経緯があって、今ではピカチュウの必殺技にまでなっています。

そういえば、ゲームのXYではピカチュウの鳴き声は電子音ではなく、アニメで声優をされている大谷育江さんの声です。
登場したときの気合の入った声やひんしになってしまったときの弱弱しい声など、アニメそのままですよ。
全ポケモン中ピカチュウだけの特別待遇なので、印象的です。

さて、アニメXYシリーズのピカチュウですが、このシリーズの大きなテーマであるメガシンカはトレーナーとポケモンの絆が重要だと言われています。
サトシと最も強い絆で結ばれているポケモンは、ピカチュウで間違いないと思うのですが、メガシンカできるのは基本的に最終進化形のようなんですね。

ここで、いくつかの可能性が考えられます。
・サトシのピカチュウがメガシンカする
・サトシの別のポケモンがメガシンカする
・サトシはメガシンカを使わない
はたしてどうなるのでしょうか。
サトシのメガシンカも見たいけど、メガシンカを使わずにメガシンカポケモンを倒していく展開もそれはそれで熱いバトルになりそうです。

少し脱線してしまいましたが、サトシとピカチュウがXYシリーズでどこまで強くなるのか、ワクワクしながら見ていきたいと思います!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR