WJ35号「ハイキュー!!」第167話「個VS数」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

今週はセンターカラー!
チアガール姿の谷っちゃん、冴子さん、道宮ちゃんに学ランの潔子さん。
スポーツ漫画の例にもれず女子が少ないハイキューですが、それでも初期に比べてだいぶ増えましたね~

さて、本編です。
ウシワカのスパイクを上げたノヤっさん。
これはノヤっさん個人の力ではなく、ブロックと連携できたからこその勝利でした。

そして、そのブロックを演出したツッキーは確実に烏野のブロックを牽引する司令塔になりつつあります。
白鳥沢の個の力に対抗するには数の力、というのが烏養くんの方針ですが、一番個人プレーしそうなツッキーがいまやブロックの要ですから、面白いです。

エース、旭さんも負けずにスパイクを決め、点を獲っていきます。
東西コンビもエンジン温まってきた感じです。

一方、白鳥沢。
監督に怒られて意気消沈気味の五色をうまく大平がのせています。
大地さんや音駒の海さんのように、フォローが得意なタイプですね。
一言でのせられてしまう五色も、一年生らしくてかわいいです。

続く攻撃。
再びウシワカのスパイクが炸裂します。
とにかくウシワカ一本、迷いのない選択です。

白鳥沢に自己主張の強いセッターはいらないと断言していた鷲匠監督ですが、結局のところ白布も自己主張がないわけではなく、むしろウシワカを引き立てるという自身の思いを曲げるつもりはまったくありません。
しかし、それが白鳥沢というチームにあってはこの上なくぴったりなわけです。
これから白鳥沢にとって苦しい状況がやってきたとして、それでも白布のポリシーが揺らがないとしたら、その選択はどちらに転ぶのでしょうか。

さてさて、ツッキーと天童のブロッカー対決も勃発していますね~
「ブロックは読みと勘」の天童と「ブロックはシステム」なツッキーじゃ、正反対もいいところですからお互い意識してもしょうがないですが…
ツッキー、多方面にケンカ売りすぎじゃ…(汗)

白鳥沢の攻撃。
さっき大平のフォローでやる気に満ち溢れていた五色に上がります。
影山はストレートを警戒し、日向と二人がかりでブロックに飛びますが、五色は影山が抑えていたストレート方向、腕とアンテナ(ネットの端についてる棒)の間を抜いて決めたのです!
アンテナの外側から打ったり、アンテナにスパイカーやボールが触れればアウトだそうです。
とんでもないコントロールですね…!
五色はのせられるとどんどん調子を上げていくタイプみたいです。(どことなく木兎さんに近いか?)

お互いのチームの主義がぶつかり合う中、数で攻める烏野の得意技、シンクロ攻撃が出ます。
しかし、旭さんのスパイクは相手のMB川西に止められてしまいます。
ここまであまり見せ場のなかった川西ですが、シンクロ攻撃を見切るとはかなりの観察眼ですね。

これで8対7、白鳥沢の逆転です。
ますます激しくなっていく個VS数の戦い。
ここからどう転ぶのでしょうか!?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR