「刀剣乱舞」 刀剣男士紹介 ~大太刀~

今回は、刀剣男士紹介大太刀編です!

大太刀は、大きな刀身を活かして一気に最大3体もの敵に攻撃できるというとても強力な刀剣男士です。
その代わり機動が低いことが弱点ですが、それをカバーしてあまりあるほどのポテンシャルを持っています。
全部で4人と少ないですが、一人部隊にいるだけでグッと安心感が増すと思いますよ!

回想や台詞のネタバレが含まれますのでご注意ください。
史実と異なることが書いてあるかもしれませんが、どうか暖かい目でみていただければ…


・石切丸
神主さんのような格好をしています。
石切丸という刀の逸話はいくつかあるようですが、ここでのモデルは石切劔箭神社というところに伝わるもののようです。
神社暮らしが長いため、戦より加持祈祷のほうが得意と語る珍しいキャラクター。
おっとりした物腰と優しげな声にとても癒されます。
ファンの間でお父さんと呼ばれているのも納得です。
しかし、平治物語には「石切」という太刀を悪源太と呼ばれた源義平が使い、叔父の源義賢を討ったという話があるそうです。
十分戦経験あるじゃないですか(汗)
平安時代に打たれた三条派に分類されるため、かなり古い刀ですね。
にっかり青江との回想で、神剣になりたい青江にアドバイスしているのも年の功が感じられます。

・蛍丸
大柄な体格の大太刀の中で、唯一子供の姿をしている刀剣男士です。
そのかわいい容姿とは裏腹に、刀装という装備を3つつけられるため、かなり高い能力を発揮することができます。
ほかのプレイヤーの部隊と戦う演練で当たると、泣きそうになるキャラ筆頭です。
つまり、味方であればそれだけ頼れる存在!
阿蘇神社にあった宝剣ということですが、第二次世界大戦後の混乱で現在は行方不明だそうです。
名前の由来は、南朝側の武将阿蘇惟澄が蛍丸に蛍が群がっている夢を見て、目が覚めると刃こぼれが治っていたという逸話から。
幻想的な逸話からか、彼自身も元気な子供という感じではなく、どこか浮世離れした飄々とした性格をしている気がします。
台詞の力の抜き具合が独特というか…
でも、身長が低いことを気にしているようで、そういうところはほほえましいです。

・太郎太刀
自らとても大きい刀だと語る大太刀。
モデルと思われる熱田神宮にある刀は、刃渡り221.5センチ、重さ4.5キロもあるそうです。でかい!
人には扱えない大きさのせいで奉納されたらしく、本人も大きすぎることを気にしているようです。
本人いわく実戦刀とのことなので、戦で使ってもらいたかったのかもしれません。
実は、そんな太郎太刀を歴史上唯一使いこなした武将がいるのです!
それは、戦国時代の朝倉家の武将真柄直隆で、姉川の戦いで大活躍したそうです。
しかし、肝心の太郎太刀はその人は一体誰だったのか?とあまり覚えていない様子。
もしかすると、思ったよりマイペースなのかもしれません(笑)
次郎太刀とは兄弟という設定ですが、太郎太刀、次郎太刀という名前は固有名詞ではなく、同じ人が持っている刀のうちの長いほうと短いほうという区別のような名前らしいです。

・次郎太刀
太郎太刀の弟ですが、なんと女郎姿をしています。
刀剣男士は男しかいないってことだったけど、いろんな人がいるもんだなぁと思いました。
太郎太刀より現世よりということですが、確かに…
でも、見た目から受ける印象ほど女っぽいということもなく、口調は気風のいい姐さんという感じです。
すごく気さくなので、接しやすそう!
いつも酒瓶を携えているとおりお酒好きで、出陣中も酔っぱらってる?と思う台詞がちらほら…
真剣必殺の絵はしっかり男前、一方内番の作業着姿はすっぴんだけどすごく美人という容姿の変化が楽しいキャラでもあります。
刀自体の大きさは、兄の太郎太刀ほどは大きくないとのことで、姉川の戦いで太郎太刀とともに使われたそうです。
その時使っていたのは真柄直隆の子隆基という説と弟の直澄という説があるようで、その後は熱田神宮に奉納されています。
兄弟お揃いですね!


以上が大太刀です。
その大きさからか、神社に奉納されることが多いようですね。
でも、ゲーム内では最強クラスというギャップ!
見た目はバラバラですが、どことなく落ち着きというかどっしりした安定感が感じられるキャラたちでもあります。
部隊の頼れる大黒柱な彼らの魅力が伝わったら、うれしいです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR