アニメ「ポケットモンスターXY」第84話「ハリマロン!はじめてのおつかい!!」

今回は、アニメポケモンの感想です。

CMで大人向けのポケモン雑誌「ポケモンLIFE」というものの宣伝をしていますね。
ファッション関連のものなのかと思っていたら、いろいろとゲームの設定なんかも載っているという話を聞いて、ちょっと興味がわいています。
普通に本屋さんとかで買えるのかなぁ?

さて、本題です。
ポケモンセンターで雨宿りしていたサトシたち。
すると、雨漏りで機械がショートしてしまい、ポケモンセンターが停電してしまいます。

みんなが慌てる中、すばやくジョーイさんと状況を確認するサトシたち。
シトロンが機械を直す間、レントラー、ピカチュウ、デデンネの3匹で電力をまかなうことになります。

治療待ちのポケモンたちには、臨時でオレンのみなど回復系のきのみが支給され、セレナとユリーカはきのみを渡す手伝いを担当。
テールナーとヤンチャムも一緒です。

サトシは、雨漏りの原因になった屋根の壊れた部分を修理しに行きます。
工具を持って屋根に上る姿を見て、お父さんを想像してしまいました(笑)
屋根で滑らないために、ゲコガシラがケロムースで足場を作り、ルチャブルも修理の手伝いをします。

全員が協力してポケモンセンターを支える中、機械の修理に必要な部品がないことに気づき、ハリマロンがおつかいを申し出ました。
がんばるほかのポケモンたちの様子を見て、やる気になってのかもしれません。
シトロンは喜びますが、レントラーとホルビーは心配そう。
ホルビーがついて行くことになります。
シトロンチームは、ハリマロンがやんちゃでおっちょこちょいな末っ子で、ホルビーとレントラーはしっかり者のお兄さんな感じがします。

はじめてのおつかいよろしく、首からかけたがま口にお金とメモを入れて、丘の上のお店を目指します。
ハリマロンは道中、街中であちへ行ったりこっちへ行ったりしてはホルビーに連れ戻されるという場面がダイジェストで流れますが、ここもBGMが流れて、はじめてのおつかい感がありますね~。
その時のBGMで流れていた曲は、ゲッタバンバンのカップリングでシトロンのイメージソングだという「キラキラ」だと思われます。
実は、まだこの曲ちゃんと聴けてません(汗)
でも、歌詞とメロディーを聴いて、すごくフルで聴きたい気分になっています!

街を通り抜けた2匹ですが、ハリマロンががま口を首から外した拍子にオニドリルに奪われてしまいます。
おそらくがま口の留め金のキラキラがオニドリルの目に入ったためでしょう。
つるのムチを伸ばしますが、空中のオニドリルには届きません。
怒ったハリマロンは、なんとホルビーを投げ飛ばし、オニドリルに飛びついてがま口を取り返しました。
突然のことに慌てつつも、しっかり取り返したホルビーのファインプレーですね。

なおも低空飛行で追ってくるオニドリルをホルビーがあなをほって地中に逃げることでやり過ごしました。
しかし、そうこうしているうちに通ってきた道をかなり外れてしまっていたのでした。

一方、ポケモンセンターは…
サトシが屋根を修理し終わり、センター内に入るとセレナとユリーカがジョーイさんの格好をしていました。
スタッフとして見分けがつくようにとのことですが、二人とも似合ってます。
ユリーカの首と襟が同じくらいの長さで、少し服がぶかぶかなところがかわいいです。

セレナはサトシの反応を気にしており、好感触だったことにご満悦です。
まあ、「作業に適している」という枕詞つきですが(笑)
もちろん、ユリーカにも似合ってると言ってました。

ピカチュウとレントラーは放電しっぱなしで、少し疲れ気味。
デデンネはずっと寝てました…
ハリマロンたちの帰りが遅いことを心配したサトシは、ヒノヤコマとオンバットを出して見て来てもらうことに。
今回は、メンバー全員出動ですね!

道を外れてしまい、疲れもあって気分が落ち込むハリマロンとホルビー。
はじめてのおつかいでもこういう場面、ありますよね。
お互い励まし合って進んでいくところがすごくいいですね!

なんとか元の道に戻ったと思ったら、今度はロケット団が現れました。
ハリマロンたちを捕まえて、ピカチュウゲットに利用しようという魂胆です。
なんとか応戦しますが、苦戦を強いられてしまいます。

すると、サトシがヒノヤコマたちに連れられて駆けつけてきました。
サッとサトシの後ろに隠れるハリマロンたちがなんともかわいいです。

サトシ対ロケット団という構図になったところで、ハリマロンがホルビーに何事か耳打ちしました。
ロケット団がサトシに気を取られた瞬間、ホルビーが飛び出してマッドショットでロケット団たちの顔に泥をぶつけました。
そして、ハリマロンがミサイルばりでロケット団にとどめの一撃!

ハリマロンの作戦が的中しましたね。
シトロンのためにがんばろうという気持ちが伝わってきました。
なにかとトラブルメーカーなハリマロンですが、仲間のためになにかをしようとする気持ちは強い子だと思います。
ただ、慎重さとか自制心が足りないという…
そういうところも含めてシトロンはハリマロンの自主性を尊重していて、ホルビーとレントラーもそれを見守り、フォローしようとしているところがシトロンチームのいいところだと思います。

さて、邪魔はもう入らなくなり、サトシがお店でおつかいをやり遂げてくるように促します。
サトシは今回、お兄さんを通り越してお父さんの域にいますね(笑)

そして、おつかいは成功。
ポケモンセンターも無事復旧しました。
ピカチュウとレントラーはさすがにバテバテでした。

夕食の時間、ハリマロンは今日のご褒美にシトロンからいっぱいポケモンフーズをもらっていました。
しかし、調子に乗りすぎて食べ過ぎてしまい、ジョーイさんのお世話になる羽目に…
ハリマロンが復旧後初めての患者になるという綺麗なオチがついていました(笑)

前回のマンムーのお話同様、XYパーティーとポケモンたちそれぞれの活躍が光ってましたね!
特に、今回はポケモンたちにスポットが当たっていました。
メインのハリマロンとホルビー以外にも、ルチャブルとゲコガシラがうまく協力しあっていたり、ヒノヤコマとオンバットが連れだって飛んでいる様子には微笑ましさを感じました。
デデンネが終始仕事していないというのも、らしさがありましたね。

こういう描写には、パーティーの絆だけでなくポケモンと人との関わり、共生が感じられます。
通常回にも工夫が凝らされていて、本当に見ていて楽しいです!

次回はテールナーのお話。
テールナーに進化してからは、あまりクローズアップされていなかったので、どんなお話になるのかワクワクします!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR