俺様ティーチャー14巻

今回は、久しぶりに俺様ティーチャーの感想記事です。
ネタバレがありますので、お気をつけください!

前半は前の巻から続く歌音編のクライマックス!
黄山高校に捕まった歌音を助けるために、潜入する風紀部4人。
中立であるはずの綾部も助太刀に現れて、5人対黄山の全不良というとんでもない戦いに。

奥で待ち構える番長、野上のもとへ真冬(夏男)を行かせるために、少年漫画の王道ともいえる「ここは俺に任せてお前は先に行け!」展開が繰り広げられます。
少女漫画でこれが見られるとは!
俺T史上でも指折りの熱い展開です!

黄山の不良を武力と知恵(笑)でかわしつつ、野上のところへたどり着きついに対決ということになりますが…
野上のケンカの腕はかなりのもので、真冬も苦戦してしまいます。
それは野上の動きが、実は武道がもとになっているからかもしれません。
綾部には完敗しており、歌音や忍者にも劣勢になることがありましたから、不良とは違う動きをする相手は苦手なのかもしれません。

しかし、最終的には野上を破り、歌音を助けることに成功します。
でも、この騒動の裏には隠された事実があったのです。
歌音が男嫌いになる小学校時代のトラウマの原因になったのが野上で、野上自身もずっとそれを後悔し続けていたのです。
そして、歌音が黄山に関するうわさを流していたことを偶然知り、ほかの黄山の不良に報復されないためにあえて歌音を捕まえるという芝居を打っていたのです。

そこに風紀部が介入したことで、大騒動に発展してしまったわけですが、結果夏男が助け出すことによって歌音は救われ、野上も偶然ではありますが、素性がバレて歌音に許してもらうことができたのです。
何年も前のいざこざが巡り巡って、大人数を巻き込む抗争にまで発展してしまった事件でしたが、結果的に両者が救われるという劇的な結末に終わったのでした。

アッキーや鷹臣くんも影ながら騒動解決に動いており、特に鷹臣くんについてはいつものおまけ4コマが楽しいことになっています(笑)
そして、生徒会側でもあるはずの綾部が参戦できた理由など、いまだにわかっていないこともあり、副会長、百地の思惑が見え隠れしていたりとまだまだ波乱を思わせる描写もあります。

後半は、鷹臣くんに連れられて埼玉に帰省する真冬とアッキーのお話から。
東校に隠された貴重品を探して、潜入捜索を行います。
これは完全にギャグです!

バレないように真冬が女装?したり、その真冬に寒川が気づかずに一人でモヤモヤしたり…
相変わらず寒川はかわいいなあ~
花とゆめの特典でドラマCD化されたエピソードです。

続いてのお話もドラマCDになっています。
真冬と鷹臣くんが深夜にデートするお話。
実際は、結婚式帰りで酔っぱらった鷹臣くんと地元巡りする話ですが…

まだまだわからないことだらけの二人が出会ったころの思い出が少し明かされます。
ギャグも冴えているのですが、今回の鷹臣くんはいろいろと意味深です。
地元に来るとノスタルジックになるというか、私は適当に見せかけて鷹臣くんはかなり感傷的になりやすいタイプと思っているのですが、なにを考えているやら…

一番の意味深発言は、生徒会に対してネバーランドと言ったことです。
会長はピーターパンで、周りの役員は集められた子どもたち。
そう考えると、役員たちが子どもでなくなったときには生徒会からいなくなってしまうのかなという考えに至りますが…
今後の話でそこのところにも少なからず触れるのですが、伏線いっぱいのお話です。

最後は、修学旅行の前ふり。
期末テストの平均点が目標以上だったご褒美に、修学旅行が復活します。
修学旅行すらなかったのか、この学校は…
文化祭に続いて、鷹臣くんの努力が垣間見えます。

街で偶然野上の出会うのですが、野上は歌音の後をつけていて…
実際はこの間の騒動のアフターケアということで、野上は案外気の回るいいやつなんですが、それでも危ない印象が残りますね(汗)

今回の件で、勢い任せに風紀部に入ってしまった番長は、真冬たちがいない間の緑ヶ丘のことを任されてくれるそうです。
文化祭で正体がバレて以降、じっくり二人が話す場面は少なかったですが、番長なりに受け入れつつ関係を維持できているようです。
番長は本当にピュアなので、ほほえましいです。

というわけで、次の巻は修学旅行編です!
一大イベントで騒動が起こらないわけがない!ということで、次も波乱必至の展開ですよ!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR