WJ45号「ハイキュー!!」第176話「新鮮」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

アニメ2期開始の興奮冷めやらぬ中、今度は本誌です!
試合が白熱していますが、今回は久々に回想からスタート。

白鳥沢の食堂でウシワカと天童が話しています。
これはいつ頃のことでしょうか。
白鳥沢は中等部からあるのでいまいちわかりませんね。

テレビ番組や女優の話を振る天童にまったくノってこないウシワカ。
それでも一切気にせずしゃべり続けるところが天童らしいです(笑)
大平と瀬見も集まってきて、日常が垣間見える瞬間です。

そして、ウシワカからはバレーを始めたきっかけが語られます。
ウシワカのお父さんはバレーの2部リーグの選手でした。
お父さんも白鳥沢のバレー部員だったようで、その代には全国制覇をしていたとか。
牛島家はどうやらお金持ちの名家という感じの家で、引退後にそこの婿養子になったようです。
家での立場が弱かったお父さんですが、ウシワカの左利きを強制しようというお母さんやおばあさんの意見には反対していました。
左利きをウシワカの才能として、潰したくなかったんですね。

離婚してしまったようですが、バレーを教えてくれたお父さんとお父さんが語っていた理想のエース像に憧れたことがウシワカの原動力だったのです。
バレーを教えてくれたといっても、それはべつに強制するような形ではなくて、ウシワカにバレーを好きになってほしいという気持ちだけだったお父さん。
2部リーグの選手だったからきっとうまい人だと思うのですが、それでもウシワカみたいな凄みとかは感じられない、どちらかといえば頼りなさそうな人でした。
でも、ウシワカの絶対的な強さの一因となっている左利きは、お父さんが与えてくれた強さといってもいいと思います。
有名になってスターになったら、離れてしまったお父さんも見てくれるというのは天童の意見でしたが、ウシワカもそう思って頑張っている部分があると思います。
いろいろな意味で、今のウシワカを形作る大きな要素になっている人だったんですね。

時間は試合に戻ります。
スガさん渾身の新技でブレイクした烏野。
15点マッチという短期決戦で離されるわけにはいかないと、白鳥沢が早速タイムアウトを取ります。

例の全員攻撃を初めて見たとウシワカは素直に感心していましたが、同じく初体験のはずの日向に不快感を抱いていたことを天童に指摘されます。
天童いわく、それは日向を得体の知れないものだと思っているからで、その感情をウシワカが意識できていないのは、それがウシワカにとって今まで感じたことのない感覚だから、とのこと。
得体の知れないもので幽霊とホヤと同列に語られる日向(笑)

タイムアウト明け、旭さんのサーブはネットにかかってイン!
まさかの3点差です。
これにはさすがに白鳥沢応援席にも動揺が広がります。

しかし、五色がなんとかあげたボールをまったく焦ることなくウシワカが叩き込みました。
続いてサービスエース!
その後、セッター白布に捕らせる返球にも、天童のトスから強烈なバックアタックを決めます!
寸前でコースを打ち変え、ノヤっさんや旭さんに触れさせないという冷静さ。
ウシワカ一人で、あっという間に3点差を追いつきました。

ウシワカの頭によみがえったのは、強いチームに入れば、強い奴、面白い奴、新しい奴と戦えるというお父さんの言葉。
そんな相手に初めて出会えたウシワカが一言。
「ノッてきた」

今まで淡々とプレーするだけだったウシワカをノせてしまった烏野。
ますます厳しい戦いになりそうです!

昨日の記事で、ウシワカのことはよくわからないと書いたのですが、図らずも今回の話で少しはウシワカを構成するものの一端が見えたかなと思いました。
人と表現方法が違うだけで、確かにウシワカにも勝ちたいとか強い相手を戦いたいとか強くなりたいという思いがあるんだということが、前よりも強く感じられた気がします。
相手選手の描写を忘れない、ハイキューらしさを再確認しました!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よださんが住んでいる地域では、すでにアニメが放送されたのですね!
宮城では火曜深夜なので、私はあと1日の辛抱です…(笑)

私も排球本を買いましたが、初めて読切を読む事が出来たのは、新鮮でした。



ちなみに王者・白鳥沢のモデルになっている東北高校、実際にスポーツ強豪校ですし、男子バレー部もIHや春高の切符をかけた県大会で、当たり前のように決勝進出してますが…。

ここ数年、東北高校を下し、IH・春高と全国へ行く機会が多いのは、古豪と呼ばれてる仙台市立の公立高校。

私の記憶違いでなければ、IHは3~4年連続で公立が代表になってるはず…?

なので、作中では
『王者・白鳥沢に対するは、えっ……烏野?』
って感じの構図ですが。
実際の宮城では王者・公立、挑戦者・私立の2強が定番です。

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

私の住んでいる地域は、それほど深夜アニメがいっぱいというわけでもないんですが、幸運にもハイキューは放送が早い方でやったー!と思っています(笑)
アニメ感想がネタバレになってしまうので、お気をつけて!
とはいっても、最近少し忙しいので録画をすぐに見られず、記事が遅くなるかもしれませんが(笑)

なるほど!今の宮城県は公立のバレー部が強いんですね!
それを聞くと烏野が優勝する展開も、現実味を帯びてくる気がします。
公立高校が私立を下すっていうのは、やっぱりワクワクします!

排球本の感想もまた後日書くつもりですので、よろしければまた見てくれるとうれしいです!
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR