アニメ「ポケットモンスターXY&Z」第1話「Z爆誕!カロスに潜むもの!!」

今回は、引き続いてアニメポケモンの感想です。
スペシャルの後半、サトシたちの本編の方です。

ポケモンで爆誕といえば「ルギア爆誕」を思い出します。
最近いろいろなところで聞かれる爆誕という言葉ですが、実はルギアのときに作られた造語でポケモンが発祥だったりするそうです。

さて、本編ですね。
まずは、洞窟らしき場所でいきなりフレア団幹部、モミジがジガルデと対峙していました。
ジガルデを捕らえようとしていたみたいですが、逃げられてしまいます。
そして、研究所にいるフラダリに見失ったとの報告をしていました。
なんとしてもジガルデを捕らえるようにとフラダリは命令していましたが、もうフラダリが悪の組織ということを隠す気は毛頭ないというかんじですね。
完全に敵組織のボスの風格を漂わせています。

一方、エイセツシティを目指すサトシたちですが、ユリーカのポシェットに研究所から脱走した小さなジガルデが紛れ込んいたのです。
初めて見るポケモンにユリーカは大はしゃぎ!
このときに言っていた「あなたはだあれ?」というセリフは、「となりのトトロ」を思い出しました。

見たことないポケモンということで、前回プラターヌ博士にもらった新図鑑でさっそく調べてみますがデータなしと出てしまいます。
せっかくの新図鑑ですが、初使用はこのような結果になっちゃいました(笑)

ユリーカは小さなジガルデをお世話する気満々。
名前がないなら自分がつける!と、プニプニしている体にちなんでプニちゃんと命名しました。
シトロンにツッコまれてましたが、ネーミングセンスが直球なのは兄弟一緒のようですね。
ユリーカは友達になろうと接していますが、プニちゃんは懐くでもなく怖がるでもなく、なにを思っているのかよくわかりません。

すると、突然森の奥からドードリオが走ってきました。
その後からは、ジュプトルが追いかけてきます。
遅れてやってきたのは久しぶりに登場のショータ。
ドードリオをゲットしようとしていたようです。

しかし、ドードリオには逃げられてしまい、その時の混乱でプニちゃんはどこかに行ってしまったのです。
大慌てでショータも一緒にプニちゃんを探すことになります。

そのころ、フレア団幹部のコレアもプニちゃん=Zを探していました。
岩場をぴょこぴょこ跳ねて移動するプニちゃんを見つけて、確保に動き出します。
それにしても、プニちゃんはツチノコっぽいですね。(ポケモンでツチノコといえばノコッチなんですけど)

コレアはドラピオンを繰り出して、したっぱたちと共に攻撃を仕掛けるわけですが、その時の爆音でサトシたちも駆けつけてきます。
ドラピオンに捕らえられているプニちゃんを見て、サトシたちはフレア団を悪い存在と認識します。
コレアはプニちゃんを自分たちのものを主張するのですが、嫌がるポケモンを見ると放っておけないのがサトシたちです。
ちなみに、サトシは「お前たちはなんなんだ」と聞いてあっさりスルーされていました。
この質問で答えてくれるのはロケット団だけです!(笑)

コレアのドラピオンとのバトルが始まりますが、一話ということもあってかバトル作画の気合いの入り方がまたしてもすごかったです!
ピカチュウの10まんボルトの動きが一新されており、画面にピカチュウが接近してダイナミックに電撃を撃ち出すのです!
これはバンクと呼ばれる何度も使われるシーンみたいですね。(ロケット団の口上の部分などもバンクです)
ピカチュウの目がキラキラ輝いているのがアップで映されて、とても見栄えがするものになっています。

ピカチュウの電撃で相手を爆風が包むと、すかさずショータがジュプトルにリーフストームで追撃を命じて連続攻撃を仕掛けます。
前回よりも、かなりバトルの腕を上げていることがわかります。
したっぱたちもポケモンを出してくるのですが、サトシはオンバットのちょうおんぱで一斉に動きを封じます。
数の上では不利ですから、うまい一手です。
そうして、フレア団たちは退却し難を逃れました。

コレアは本部に報告をしますが、出てきましたね、科学者のクセロシキ。
これも個性的なキャラがよく出てますね~。ゾの言い方が絶妙です。
ワンピースとか、個性的な言い回しや口調の多いキャラをアニメでとてもうまく表現するのを聴くと、本当に声優さんはすごいと思います。
コレア、モミジともに成果を出せなかったために残る二人、バラとアケビもZを探しに出るようです。

ここでジガルデについていろいろなことが明かされます。
プニちゃんはジガルデを構成するジガルデコアというものらしく、研究所で一緒にケースの中にいた動かなかったものはジガルデセルというそうです。
さらに、ジガルデコアは二つあり、プニちゃんがZ1、冒頭でモミジが捕獲しようとしていたのはZ2と呼ばれていました。
つまり、ゲームに出てきたあの形態のジガルデもコアであり、完全体ではないということです。

ということで、女幹部4人がジガルデコア探しに乗り出すことになります。
しかし、なんというかこの4人、プライドが高くてお互いギスギスしてますね…
いまひとつそれぞれの区別がついていないのですが、早くキャラがつかめるようになりたいです。

さて、サトシたちはショータと近況を報告しあっていました。
ショータは5つジムバッジを集めており、やはり順調に実力を上げているようでした。
次はエイセツジムをサトシたちが目指すと聞いて、道中にある終の洞窟に行くことを勧めてきます。
珍しいポケモンが生息しているという話をしていたのですが、その画像を見たとたんプニちゃんが興奮し始めます。
どうやら終の洞窟に行きたいようです。
ゲームで終の洞窟はジガルデが出現する場所なので、今回も鍵になってきそうです。
そして、サトシたちも終の洞窟を目指すことを決めました。

その後、みんなでごはんタイムになるのですが、ポフレもきのみもプニちゃんは食べようとしません。
ジガルデコアということはジガルデの一部と思われるので、プニちゃんはポケモンというくくりには入らないんじゃないでしょうか。
ユリーカたちが頭を悩ませていると、プニちゃんは日のあたる場所に出て、エネルギーを吸収しているようでした。
光合成のようなものでしょうか?
だとすれば緑色ということもあるし、ジガルデは植物に近いのかもしれません。
また、ジガルデセルはいろいろな場所に散らばっており、プニちゃんはセルの見ている情報を共有できるようでした。

その夜、セルからの情報でコレアが近づいていることを知ったプニちゃんはテントを抜け出します。
ユリーカたちも慌てて追いかけますが、コレアと鉢合わせすることになってしまいます。
応戦しますが、サトシはセレナ、シトロン、ユリーカにここは任せて逃げるように言います。
そして、ショータと二人でコレアを引き受けました。

逃げるシトロンたちですが、岩の上を渡って川を横断していたところ、ユリーカが転んでしまいました。
その拍子に、またしてもプニちゃんがどこかへ行ってしまったのです。
川を流されていった先に待ち受けていたのは、バラでした。

追い詰められたプニちゃんは、力を開放します!
すると、各地のセルたちがプニちゃんに吸収されて、犬のような姿に変化しました。
地面から緑色のエネルギーを発生させる一撃で、バラの一味を退けるほどのすさまじいパワーです。
しかし、長くその状態を保つことはできないようで、すぐに取り込んだエネルギーは出て行ってもとの姿に戻ってしまいました。
ボロボロになって、かなり疲労している様子です。

コレアを撃退したサトシとショータ、ユリーカたちも、ジガルデが戦った衝撃に気づいて集まってきました。
でも、その時の姿は見ていないため、いったいなにがあったのかはわからないまま…
サトシたちがプニちゃんの秘密に気づくのは、いつになるんでしょうか。

さて、ジガルデコアの変化はフレア団にとって想定外だったようで、バラの報告にコレアも驚いていました。
その様子をこっそり見ていたのはロケット団。
フレア団がなにを目的としているかはまだわかってないと思いますが、おもしろい話を聞きつけたとにやにや顔。
サトシたちとは別の方面でフレア団と接触していく流れになるんじゃないかな、と勝手に予想しています。
活躍を期待してますよ!

まだまだわからないことだらけですが、ともかくプニちゃんが仲間に加わりました。
ショータと別れ、一行は次の目的地を目指します。
そして、その途中でアランとすれ違うのです!
まだ、お互いがこれから関わっていくことを知らないわけですが、ここで最強メガシンカの世界と繋がりましたね!
ここから始まるXY&Z、期待がますます高まる第一話でした!
OP映像などから今後の展開予想みたいなものも、近いうちにまとめたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR