WJ49号「ハイキュー!!」第180話「こだわり・2」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

ツッキーのお兄さん、明光くんの声優さんが公開されましたね。
もう登場か~早いな~という気分です。
早く声が聴きたいですね!

劣勢の状況下から見事ブレイクをもぎ獲った烏野。
ですが、日向の体を張ったブロックフォローには観客席の人たちもひやひやだったようです。

今回はそのブロックフォローが功を奏し、得点できたわけですが通常烏野は入れる選手は全員攻撃に参加するスタイル。
囮の意味がない場面以外はブロックフォローはありません。
高い攻撃力を誇るシンクロ攻撃ですが、フォローがないためブロックに捕まってしまったら、ほぼ確実に失点してしまいます。
普通の戦略的にも、プレーする選手の心情的にも、ブロックフォローは必要とされているもののようですが、そこを切り捨ててでも攻撃を!という姿勢に烏野の本気を感じます。

さて、烏野ブレイクの流れを断ち切り、大平のスパイクで白鳥沢が得点します。
ギャラリーとしては圧倒的な攻撃力のウシワカに任せて、さっさと決めればいいのにという雰囲気です。
しかし、白布はツッキーが復帰する前にできるだけウシワカ以外で得点することを考えていました。
これは、やっかいなツッキーが戻ってきたときには力づくでねじ伏せられるように、ウシワカの体力温存を目論んでいるのでしょうか。
なんにせよ、いないにも関わらず白鳥沢にそこまでのプレッシャーを与えているツッキーには、さすが!と言わざるをえません。
どんだけ成長しとるんだ、君は…

さて、続いての攻防、ウシワカのレシーブからトスは五色に上がります。
ブロックに入ろうとするスガさんは、ここまでの傾向からストレートに打つであろうことを予測しますが、自分では止められないと判断、クロスを締めてコースを制限することに徹します。
さらに、そこに日向が飛びこんで来て、2枚ブロックに。
空いたストレートには、大地さんが待ち構えています!

それをわかったうえで五色もストレートでの真向勝負を挑みます。
強烈な一打をなんとか上げる大地さんですが、ボールはネット付近に飛んでしまいます。
天童が打ち落とそうとするも、日向がギリギリブロック。
もう一度攻撃を立て直します。

ファーストタッチはスガさん、素早くノヤっさんと入れ替わって打つ態勢に入ります。
ここで安全を優先して打たない選択をしていたら昔のままだ、と強い思いがもう一度スガさんを攻撃に向かわせます。
完膚なきまでに叩き落した相手が懲りずにまた打とうとしている、天童はかなりイヤーな表情です。

烏野の選手の平均値は決して高くない。
なんでもできるオールラウンダーじゃないからこそそれぞれがカバーし合ってきたのですが、ただひとつ、誰も譲ってはならないものが「攻撃意志」だと烏養くんは言います。
烏野が白鳥沢に対抗できる唯一の武器は、攻撃力。
だから、どれだけリスクがあろうとも、攻撃の手だけは緩めてはならないのだ、と。

再びのシンクロ攻撃オール!
天童は誰が打ってくるのか思考を巡らせます。
ノヤっさんのトスの体勢、アイコンタクトの有無、これまでの傾向。
その頭に、さっきのスガさんの「次もやるから」がよぎって…
天童はブロックに跳べませんでした。
最終的に上がったのは田中、見事に攻撃成功です!

トスが自分に上がるかいなか関係なく、上がると信じて飛びこむことが成功に繋がったのです。
スガさんは、その姿勢を日向から受け取ったのでした。
最強の囮は、こんなところでもチームに影響を与えていたんですね。

ブロックに跳ばなかった天童には、読みが外れてもいいからとにかく手を出せと鷲匠監督の檄が飛びます。
「そんなことは百も承知で入れてんだ」という言葉は、プレイスタイルのせいで鬱陶しがられてきた天童にとって、士気を回復するに十分だったんじゃないでしょうか。
さすがは名将ですね。

次のスガさんサーブのターンで、交代し影山が久々の戦線復帰!
気合十分のサーブで、早速相手を崩しにかかります。
烏野のチャンスボール、丁寧に決めたいと誰もが思ったその時…
影山がファーストタッチからそのままセットアップ、日向の真下打ちが炸裂!
あっけにとられるほどの早業でした。

復活した変人コンビも早々に得点への執着を見せてくれました。
これで8対9、烏野はこのままじゃ終わらない!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR