アニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」第9話「VS”傘”」

今回は、アニメハイキューの感想です。
この先の展開を踏まえたうえで書いているところがあるので、アニメ派の方はお気をつけてください。

ハイキュー2期が始まってから結構経ちますが、OPのサビで田中がスパイクを決めるシーンで決まった後、みんながそれぞれガッツポーズをしていることに今さら気づきました。
細かいところですが、喜び方にキャラらしさが出ていていいな~と思います。

さて、本編です。
東京合宿も折り返し地点、烏野メンバーは相変わらずのペナルティ地獄です。
谷っちゃんは、日向と影山にあのケンカ以来会話がないことを心配しているみたいです。
それでも、チーム全体の力は確実に上がっていて、試合の点差も徐々に縮まっています。

ツッキーの調子があまりよくなかったことには、谷っちゃんもうすうす気づいていたようです。
前回のいろいろで、なんとか元に戻ったようで一安心。
サーブの時に後頭部に手を当てて守るやつやってるの、日向だけじゃなかったんですね(笑)

日向と影山は、お互い新たな挑戦をしていることをわかっているので、谷っちゃんが心配するほど険悪ではないんですが、それでも新しい速攻が思い通りに決まらないことでストレスは溜まっています。
東京の気温は東北に比べて高く、日々の疲れが全体的に出始めている様子。
このうえプレーがうまくいかなかったら、なお精神的にキツイですよね…

日向はレシーブが乱れたラスト、打とうとしたところをあっさりブロックに押し返されて失点し、相当悔しそうです。
声のトーンからいつにもましてイライラしているのがわかります。
みんなが確実にうまくなっているのに、自分だけなにもつかめていないことに日向は焦っていました。
身近なライバルであるツッキーの覚醒を感じたことが、より拍車をかけている気がします。

速攻のチャンス、日向に上がったボールはややずれたものの、日向がうまくカバーしてフェイントのようになり得点しました。
でも、日向は影山に、「今手を抜いたな!」と食ってかかります。
影山もプライドを傷つける発言にキレ気味になり、急きょタイムアウトをとる羽目に。

日向いわく、さっきの影山のトスは例の落ちるトスじゃなかったとのことですが、ほぼ誰も気づかないレベルの微妙さです。
影山もまったく自覚はなかったようです。
日向の調子が悪いことを察知した影山は、無意識に打たせようとトスを変えていたということみたいです。

それは、スパイカーのことを慮っての行動ですから以前の影山には考えられなかったことだし、悪いこととは一概に言えないと思います。
でも、それは及川さんに指摘された「スパイカーの希望に合わせたトス」じゃない。
真に日向のためにはなっていない行動だったわけで、とても難しいところですね。

それを受けて、影山はこれから日向とは練習しないと言います。
試合でも新しい速攻は使わないとも。
でも、それは新しい速攻を否定するからではなく、影山自身に考えがあってのことです。
それを理解した日向は、詳しく聞かずにその間、別の力を高めるために練習を始めます。

日向が向かった先は、ツッキーたちのいる第三体育館。
空中で一人で戦う力を磨くためです。
ここで迷わず行動できるようになったのは、烏養前監督が道を示してくれたおかげだと思います。

ツッキーも普通に木兎さんたちの練習になじんでますね。
木兎さんは早速ツッキー呼びになってますね。原作よりタイミング早いような…
夜久さんとのレシーブ練習を脱走したリエーフも加わって、みんなで3対3の試合をすることに。

チーム分けは、日向、木兎さん、赤葦のフクロウチームとツッキー、黒尾、リエーフのネコチーム。
明らかにネコチームの平均身長の方が高いというアンバランスな分け方です。
日向は、強豪校のエースとセッターに混じれることに興奮気味。
そして、ツッキーと戦えることにも燃えてるようです。
ツッキーを意識してる描写が強調されている気がします。

編成に不満げな赤葦ですが、黒尾は昼間やれないことやろうぜ!とノリノリ。
確かに、普通じゃ絶対見られない組み合わせですから面白いです。もっとやってほしい!
猪突猛進コンビの面倒を一人で見なきゃいけない赤葦は大変そうですが…

さて、試合が始まると黒尾はリエーフとツッキーにきっちりブロックの指導をつけています。
なにか企んでそうなうさんくさい印象が目につく黒尾ですが、主将らしくちゃんと後輩に気を配ってるんですよね。
その証拠にツッキーのブロックは、数回の練習でかなりレベルが上がっているように思えます。
的確なアドバイスの賜物ですね!

練習は白熱してますが、梟谷のマネージャーさんたちに食堂が閉まってしまうと教えられ、お開きになります。
まだまだ練習したそうな日向に、黒尾は「続きはまた明日」と言ってくれます。
よく観察してますね、今回の黒尾はほんとに気遣いの人だ!

そして朝。
ノヤっさんはさすがに早起きで、みんなを起こして回ってます。
まだ寝たりない様子の旭さんたちに、窓を開けて無慈悲な朝日攻撃!

日向は朝ごはんめちゃくちゃ食べてますね~。リエーフと影山も。
そういえば、修学旅行先で野球部が用意されたおひつのごはんをすべて食べきるまで部屋に帰してもらえなくなってました。
とにかくスポーツやる人はごはんを食べろ!と言われますが、いつも厳しい練習をしているわけだし、せめて食事のときくらいは無理にいっぱい食べなくても…と思わなくもないです。

その日の生川との試合、またしても烏野は負けてしまうものの、スコアは25対23。
かなり競るようになってきています!
烏野が着実に力をつけてきていることに、他校の選手も気づき始めているみたいです。

日が暮れて、烏野メンバーが疲労困憊で食事に向かっても影山は烏養くんとトスの練習をしていました。
行き詰っている影山に、烏養くんは的に使っているペットボトルを単に狙うのではなく、スパイカーをイメージしてトスするようにアドバイスします。
確かに、実戦を意識した方が影山はうまくいきそうな気がします。
最初の変人速攻だって、試合の中で成功させてるし…。
日向にトスを上げるというイメージは重要だと思いますね。

一方、第三体育館ではツッキーが黒尾に、本来敵同士なのになぜ練習を見てくれるのか尋ねます。
「僕が親切なのはいつものことです」といううさんくささここに極まれりといった台詞は、ツッキーには死んだ目で、日向にはわけのわからんものを見るような目で見られてあっさり撃沈(笑)
本当のところは、猫又監督のためにゴミ捨て場の決戦を実現したいというのが理由でした。
いつまで現役でいられるかわからない監督の心配までしていたとは…
今回は、黒尾の株が上がりまくりです。

猫又監督自身も、烏野のことはとても気にかけていますね。
試合中もよく見てます。
毎日飲み会してるみたいで、武田先生ともかなり仲良くなってます。(たぶん武田先生お酒強い…)

さて、ネコ対フクロウのチーム戦はネコチームの勝ち星が先行してるようです。
黒尾の指示のもと、統制のとれたブロックが展開できているのが大きいのかもしれません。
それでも、きちんと対処してくる実力と冷静さを見せるのが木兎さん。
わざとブロックの手にボールを当てて跳ね返らせ、攻撃を立て直すリバウンドを見せてくれます。

その技術を日向に褒め殺しにされ、木兎さんはご機嫌。
ノリノリでリバウンドの解説をしてくれますが、うまいこと決まらずにブロックに叩き落されることも多いんだとか。
そこでフォローするかと思いきや、木兎さんはそうなること多いとさらに追い打ちをかける赤葦。
このあたりの梟谷コンビのやり取りはほんとにおもしろいです。漫才みたい(笑)

でも、さすが全国クラスのエース、木兎さんのアドバイスも的確です。
ただ叩きつけるだけがスパイクじゃないと語ります。
直情型に見せかけて、冷静さと視野の広さも木兎さんは持ち合わせているのです。
日向も新しいなにかをつかめたかな?

試合が再開、レシーブが乱れて日向がラストを任されますが、相対するのは平均190センチの3枚ブロック!
壁というより覆いかぶさってくる傘という表現がぴったりな威圧感。
もう無理かと思われる状況で、日向はさっきの木兎さんのアドバイスを思い出し、落ち着いて戦い方を探していました。

そして、下ではなくリエーフの指先に狙いを定めた打ったのです!
ボールは狙い通りに命中し、大きく飛んでブロックアウト。
驚く一同に日向はまぐれだと言うのですが、このプレーが木兎さんにかなり高評価だったようです。
勝手に盛り上がり、日向に必殺技を授けると言いだします。
この時の日向以外の面々との温度差がすさまじいですね(笑)
でも、ここで得たブロックアウトの経験は後々大きく活きてくることになります。

場面が変わって影山サイド。
日向をイメージしてトスを出すという方法はいい影響を与えたらしく、ボールはペットボトルに命中するようになります。
影山も順調に感覚をつかみつつあるようです。

長いようで短かった合宿も最終日を迎えます。
朝の様子を見る限り、みんななんだかんだ元気そうで安心します。

さて、大地さんは、偶然通りかかったところで監督たちの話を聞いてしまいます。
無駄にシリアスな雰囲気に笑いました。
真相はなんのことはない話なんですが(笑)

最終日ということで、ここまでの対戦成績を音駒の控えリベロ、芝山がまとめていました。
一位は梟谷、そして最下位はぶっちぎりで烏野です。悲しみの勝ち数3…。

その甲斐あって、ペナルティをこなす姿には異様な貫禄が漂っています。
最初はあごをぶつけていた日向も、フライングがかなり上達していました。
ペナルティすらもしっかり吸収して実力を高めてます。

烏野としては周りは評価していても、やはり負け続けはキツイ様子。
試合に加えてペナルティの分の疲労は、相当だと思います。
士気が下がり気味な一同に、大地さんが喝を入れるためさっき聞いた話を教えます。
この合宿の最後は、監督たちのおごりでバーベキューだというのです!

バーベキューが与えた衝撃はすさまじく、日向、田中、ノヤっさんのテンションは急上昇。
喜びの踊りを踊りだします(笑)
ノリきれない影山が周りで奇妙な動きをしているため、さらに異様な雰囲気に…

試合前、早く新しい速攻が見たいと言った谷っちゃんの言葉に、日向も早く新しいトスが打ちたいと影山に言い放ちます。
影山が前の日に速攻をやらないと言ったのは、トスが未完成なうちは日向が打っても練習にならないと判断したからだとここでわかります。
トスあってのスパイクだという認識がきちんとできているからこその発言だと思います。
同じ速攻をやらないという台詞でも、最初のケンカの時とはまるで意図が違っています。
「俺がトスしてやる」が「日向のためのトスを上げる」に変わったんですね。

それでも、日向は早く打ちたいと言って最終的に影山を怒らせます。
いつの間にか主従関係が逆転してますが、これが及川さんたちが言っていた攻撃の主導権はスパイカーにあるということで、変人コンビもその形をつかみかけているんだと思います。
一見傍若無人な台詞でも、影山ならやり遂げるという信頼があるからこそ言えるんですね。

だからこそ、やれるはずのトスを妥協したからあの時日向は影山に怒ったのだとわかりました。
いろいろあったけれど、結局前とは比べものにならないほどの信頼関係を築けているなあとしみじみ思います。

日向の王様イメージも出ました。
ゴミ捨て場に君臨する烏の王様。そんな感じです。
影山とはまた違った衣装なのもポイントですね。

いよいよ最後の梟谷との試合に臨みます。
ここまでの遠征でそれぞれがつかんだもの。
見返してみると、みんながいかに挑戦しつづけてきたかがわかります。
そして、それを知っているからこそ、練習の成果が試合で出たときの見ている側の喜びや快感、共感が一層強くなるのです。

次回は集大成の梟谷戦。
グループ最強の梟谷に烏野はどこまで通用するのか。
梟谷の戦い方にも注目です!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR