アニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」第11話「”上”」

今回は、アニメハイキューの感想です。
原作を踏まえたうえで書いているところがありますので、アニメ派の方はご注意ください。

東京合宿最後の試合、梟谷の木兎さんは熱くなり過ぎが原因で連続ミス、しょぼくれモードになってしまいます。
エースの不調を好機と見て、ガンガン攻めたい烏野ですが…
梟谷はまったく崩れないのでした。
木兎さんはスパイクどころかレシーブもしてません。ただボケっとしてるだけです(笑)
それでも、木兎さん以外のメンバーで十分攻守が成立してしまっているのです。

赤葦も、誰を攻撃に使ってくるか惑わせておいて、自分がツーアタックをかましてきます。
まんまと引っ掛けられる影山とツッキー。
エースが使い物にならなくなっても一切揺らがないどころか、むしろ単体での技量の高さを見せつけています。
あっさりブレイクして梟谷が逆転してしまいます。

生川のマネさんいわく、木兎さんは一見長男に見えて実は末っ子。
単体での実力は折り紙付きですが、チーム全体で引っ張ってもらわないとその強さは成り立たないわけです。
チームメイトは木兎さんの不調には慣れっこで、だからこそエースに頼りきりにならないんですね。
きちんとギブアンドテイクが成立していて、強い信頼関係を築いているチームだと思います。
こういうチームを見るのは初めてで、とてもおもしろいです。

そうしているうちに、梟谷のマッチポイント。
しかし、ツッキーも木葉のスパイクをブロックし、木兎さん相手のブロック練習の成果を見せてくれます。
これには特訓に付き合っていた黒尾も太鼓判を押します。

あと一点でデュースをいう場面、旭さんはミスして試合が終わることを恐れ、安全サーブを選択してしまいます。
その結果、綺麗にレシーブが返ってしまいます。
赤葦は、烏野が梟谷が木兎さんのワンマンでないと気づき、木兎さんへの意識がそれること見越していました。
そして、木兎さんは上げるなと言ったくせに(笑)、打ちたくなってそわそわしていることも見抜いています。

このタイミングで、木兎さんへのトス!
察知したツッキーがブロックに動きますが、間に合いません。
不十分な状態のブロックを思いっきり打ちぬいてくれました!
木兎さんのスパイクを見守るほかのメンバーの表情がいいですね。
目立った活躍はなくとも、エースを支える役割に責任とやりがいを持っていることが感じられます。
それも、応援したくなるような木兎さんの人柄ゆえかな。

そして、スパイクが決まった後の赤葦のニヤリ顔も心底気持ちよさそうです。
木兎さんのフォローにおそらく一番気を使っているのが赤葦でしょうから、それが奏功したときの快感はひとしおだと思います。
ほかのメンバーをうまく使いつつ、木兎さんの機嫌も気持ちよく直してあげる。
まだ二年生とは思えない手腕です。さすが全国クラス!
逆にツッキーは悔しそう。木兎さんと赤葦と、先輩にはまだまだ敵いませんね。

そんなわけで、最終セットも烏野は惜しい所で敗れてしまいました。
試合後も、梟谷一丸となった木兎さんのフォローは続きます。
みんなでここぞとばかりに木兎さんの活躍を褒めたたえるのです!
木兎さんはさっきまでの落ち込みぶりが嘘のように復活し、またまたハイテンションです。なんて単純!

でも、烏養くんはああいう自由奔放なエースを受け止められるのも、チームとしての強さだと言います。
お互いの信頼あってこそ、頼れるというものですからね。
一丸となっているように見えて、烏野はまだまだわがままを言い合えるほどの仲ではないということですね。

旭さんは、最後のサーブで弱気になってしまったことを謝っていました。
それが木兎さんに綺麗にスパイクを打たせてしまった一因でしたしね。
ああいう重要な局面で、あえて攻める選択ができることが重要という指摘は、今週のジャンプともリンクしてます。

「勝ちにいくサーブを非難する奴なんかいない」と烏養くんは言います。
それは、旭さんだけじゃなく山口にも響いたようですね。
チーム全体に関わる問題だと、ミスをして迷惑をかけはしないだろうかとやっぱり不安になるものだと思います。
でも、精一杯頑張った結果だとわかってると、腹が立ったりはしないものだよな~というのは共感できます。
むしろ、こっちもできる限りフォローするよ!と良い相乗効果が生まれると思うのです。

負けばっかりのこの遠征でしたが、烏野が試行錯誤して身につけつつある攻撃は、確実に全国クラスの相手にも通用していました。
いろんなチームの色を吸収して、混ぜ合わせた先にはどんな色にも負けない黒になる。
カラスらしい、強い黒のチーム。相変わらず武田先生はいいこと言うなあと思うのですが、やっぱり変人コンビはよくわかってませんね(笑)

バーベキューを待つ間も練習に余念がない烏野メンバーですが、スガさんはなんと打つ練習をしたいと言い始めます。
これが前回思いついたやりたいことなんですが、こういう選択ができたのも日向、影山の成長あってこそだと思います。
最初は、日向の挑戦をスガさんは止めてましたからね。

新速攻を成功させて、日向も手ごたえを感じていました。
影山はまだまだ成功率が低いことにモヤモヤしていますが…
それでも、以前のようなくだらないケンカみたいな言い合いが復活していました。
それを冷ややかに見つめるツッキーと笑う山口という図も、よく見ていた光景なのですが、それぞれが新しい一歩を踏み出した後だと思うと、表面的には一緒でも確実に変わっているなあと少し感慨深いです。

3年生は、もう一度ここに来るとしたら春高一次予選の後だという話をしているのですが、「負けたら来れないのか…」とまたしても旭さんのネガティブが。
それに総ツッコミを入れる様子が微笑ましいです。
いつもは少し大人な3年生も、同級生といるときは普通にふざけ合っています。
後、残暑があるザンショはなかなか秀逸なギャグと思うのですが、どうでしょう?(ダジャレ好きなんだけど、わかってもらえないんですよ…。なぜ世の中はダジャレに厳しいのか…)

そして、待ちに待ったバーベキュータイム!
こういうシーン、本当に楽しいです!
とはいえ、いちいち書いてるきりがないのでダイジェスト風に行きます。
この楽しさは、私の文章ではちょっと表現しきれないです(汗)

ツッキーと赤葦の木兎さんについての会話。
よくわからないところでもろい木兎さんですが、逆にみんなの心が折れそうな時は一人だけ元気らしいので、しっかり精神的支柱にもなっているんだなあ、と。
ツッキーは第三体育館メンバーには、かなり心を開いてきてますね。
黒尾と木兎さんのツッキー呼びも定着しつつあります。
若干引いてますが、二校の主将に気に入られるって結構すごいよ!

日向は木兎さんにライバル宣言。
きちんとそれを認めつつ、先輩としてかわいがってくれる木兎さん。
アニメで見返して、木兎さんの評価がここのところうなぎ登りです。

食べ過ぎてのどに詰まらせた影山に水を差しだす赤葦。
鍋奉行ならぬ焼肉奉行っぽい音駒の福永。
めちゃめちゃ大食いの梟谷のマネさん、白福さん。

ノヤっさん、田中、山本の3人は、この機に乗じて潔子さんに近づく輩を阻止するために威嚇行為を繰り返し、あんまり食の進まないツッキー、研磨の現代っ子コンビは悪ノリした大地さんたち主将トリオにお皿いっぱい食べ物を盛られて閉口してました。
谷っちゃんは、巨人(笑)たちに囲まれて通報されそうな絵面になってました。
ちなみに、この時旭さんの発言で谷っちゃんて呼んでるのが初めてわかったんだよなあ。
かわいい呼び名です。誰発案なんだろう。

潔子さんは他校のマネさんたちと談笑中。
ただでさえ貴重な女子多めのシーンに、笑う潔子さんが見られて非常にレアです。
みんなキャラがよく出ていて、思わずにやにやしながら見てしまいます。

そんな中、ちょっと重要な話も。
これから出てくるであろう全国3本の指に入るエースについての話題です。
東北のウシワカ、九州のキリュウ、関東のサクサだそうですが、ウシワカ以外はまったく明らかになってませんね。

エースがトップクラスだからといってチームまでそれに見合った実力ってわけじゃないとは黒尾の弁ですが、少なくともウシワカ擁する白鳥沢の実力は半端ないです。
サクサのいる伊達山も優勝候補筆頭らしいので、結局希望的観測ですね(汗)

バーベキューを楽しむ生徒たちを眺めながら、猫又監督は「半年後には今と同じチームは一つもなくなっている」と言います。
今こうして過ごしているのに、嘘みたいだけど、チームが終わる瞬間は本当に突然なんですよね。
試合で負けた瞬間に、3年生は引退して、驚くほどあっという間に居場所はなくなってしまうのです。
こういうノスタルジックな雰囲気を感じると、やるせない気持ちになっちゃうからな~
いつもハイキューはズルいです。

さっきのエースの話を聞いて、日向は超ワクワクしてるみたいです。
自分より上がいることにワクワクするか~、主人公だなあ。
なんだかキョトンとしてるほかの一年メンバーですが、案外君たちもそういうタイプだよ?と言いたいですね。

そして舞台は再び宮城に戻ってきます。
もう春高の一次予選が始まるのです。
烏野はIH予選でベスト16に入ったため一回戦が免除、二回勝てば代表決定戦に進めます。
二回「しか」試合できないんですか?という台詞が日向っぽいですね。本当に試合好きだな!

最後の公式戦という潔子さんの言葉に、谷っちゃんが涙目になる一コマも。
谷っちゃんの口調が、だんだん運動部男子に近くなってる気がするのは私だけでしょうか?

宮城に戻っても、みんな熱心に練習に励んでいます。
山口のサーブも徐々にうまくなっている様子。
でも、打たないようにしようと思って、逆にリベロ方向に打っちゃうというのがかわいいですね。

そして、月島家にて明光くんが登場。
現在の時間軸では初ですね。
回想のころよりがっしりして、大人になった感じです。

明光くんは今でもバレーを続けていて、高校であんな思いをしたのにまだやってる理由は、木兎さんの言っていたバレーにハマる瞬間をもう味わってしまったからなんだと思います。
中学時代、エースとして活躍していたころにスパイクを決める快感も、歓声の誇らしさも知ってしまった。
それが明光くんを今でもバレーへと駆り立てているのでしょう。
それを聞いた時から、ツッキーはバレーにハマる瞬間に憧れてたんじゃないかなあ。

ちなみに、カットされてしまった「190近い男にかわいさ求めないでよ」のシーンは、次回予告でしっかりやってくれました!
時間の都合でカットはだいたい仕方ないと思っているのですが、うれしい驚きでした。

そのころ、変人コンビはそろって烏養前監督のところにいました。
影山は烏養さんに指導を受けたがっていたので、きっと日向をうらやましく思ってたんでしょうね。来れてよかったね。
明日は試合だというのに、新速攻の練習を繰り返してるようです。
最後の一本、二人が速攻を決めて見せた時、烏養さんは何を感じたんでしょう。
確かに、新しい烏野の力の一端を垣間見たであろうと思います。

そんな中、ご無沙汰気味だったほかの宮城勢はというと…

まずは伊達工。
引退しても鎌先はちょくちょく部に顔を出してるようです。
ここぞとばかりに二口が絡みに行きますが、きっと先輩が来てくれてうれしいだろうなあ。
ここで図らずも現部員と引退した先輩たちの様子が出てきて、勝手にしんみりしてました。全然そういう場面じゃないのに。
そして、新キャラの彼もちょい見せですね。本格登場が楽しみ!

続いては青城。
金田一と国見が及川さんのことを話しています。
及川さんのあの話とは一体…?

そしてさらっと新登場の条善寺。
この段階だとなんだかナメた態度のヤンキーっぽい連中ですが…

さらに和久南と角川。
続々と新キャラが出てきてます。

最後を飾るのはウシワカ。
初めて読んだときはまだウシワカをよくわからんけど、なんだかいけすかない強敵ポジションと思ってましたね。
実際描写が少なすぎたので無理もない気がしますが…

そしていよいよ予選が始まります!
ここからが本番と気合を入れるはずなんですが、なんだか少し寂しさを感じます。
旅行から帰ってきた時みたいな…
それだけ合宿編の密度が濃くて楽しかったからですね。
帰って来て早々ですが、ここからは真剣勝負の時間です!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR