「ハイキュー!!」キャラクターについて 影山飛雄

今回は、ハイキューのもう一人の主人公、影山飛雄(かげやまとびお)についてです。

烏野高校1年生、ポジションはセッター。
彼は、作品内で天才と明言されています。
私は作品内での天才の位置づけというのは、同じように練習したとしても、天才ではない人では絶対にたどり着けない域の能力を身に着けうる人であると解釈しています。

影山の中学時代の先輩、及川は非常に優秀なセッターですが、「優等ではあっても天才ではない」、技術では影山に勝てないと評されています。
センスに恵まれ、努力も惜しまない、現時点の総合力においては確実に影山以上の実力を持っているはずの及川さんをしても、敵わない才能の持ち主だということです。

しかし、影山にはセッターとして致命的な欠点がありました。
プレーに対してストイックすぎるあまりに、勝ちに必要とあらばチームメイトを省みないトスを連発し、スパイカーに適したトスを上げるというセッター本来の役割を果たせていなかったのです。
その時につけられたあだ名が「コート上の王様」、独善的なプレーを繰り返す独裁の王様だとチームメイトが皮肉ったあだ名です。

そして中学最後の試合、とうとうチームメイトに見限られ、トスを無視され、ベンチに下げられてしまいました。
その出来事が相当応えていた影山でしたが、入学した烏野高校で出会った日向と関わるうちに、自分の身勝手さに気付き、セッターとして日向を活かす方法を考え出します。
この時の日向の台詞は、中学時代の仲間に受け入れてもらえなかった影山にとって、救いになった言葉なんじゃないかと思います。

その後も、チームメイトと関わっていくうちに徐々に仲間を活かすことに目を向けられるようになっていきます。
作品の最大の山場といってもいいくらいの試合、インターハイ予選の青城戦は影山の成長の集大成だと思います。
アニメのエンディングも影山オンステージでしたしね(笑)

今までとっつきにくい印象しか書いてきませんでしたが、実は見た目だけで中身はとても親しみやすい…というか、バカなんですよね。
とにかく人の気持ちに鈍感だし、いつも一言足りないんですよ。
日向に対する評価も内心では、「すごい運動センスを持っている奴だ」と思っているのに、口に出した言葉は「クソ下手くそな奴」、「お前は3年間何してたんだ」とか…
どうしてその前の言葉を言わない!
それ行ってたら、周りの受け取り方全然違うよ!
そりゃ日向もムカつきますよね。

そして、典型的なバレーバカです。
見た目はシュッとしていて頭よさそうだし、イケメンという設定なのに全然勉強できないんですよ!
いかにも勉強できなそうな日向より全体的にできてないらしく、パラメータの頭脳は最高値の5なんですが注釈に、あくまでゲームメイク能力であり、学力とは関係ないなどと書かれる始末…
中身は、まだまだ子供な高校生なんですよね。

名前の由来は、日向の「日」と対になる「影」、そして飛雄の「飛」と翔陽の「翔」を合わせて「飛翔」なんだと思います。
彼と日向の名前は読み切り版のときから変わらないのですが、初めて読んだときは二度見しました(汗)
トビオかぁ~、なんかダサいな…(古舘先生、全国の飛雄さん、すみません!)
でも、及川さんが飛雄ちゃん、飛雄ちゃんと呼んでいるので、聞きなれると愛着が湧くものですね(笑)

今後、「天才」影山はどのように成長していくのでしょうか。
彼は自己完結型なので、王様からの脱却以降はそもそも能力が高いということもあって、なかなかピックアップされにくいのですが…
彼に一番影響を与えた存在である及川さんとの再戦があれば、その時どう変わっているのか、ぜひ見てみたいですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR