アニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」第16話「次へ」

今回は、アニメハイキューの感想です。
原作の展開を踏まえて書いているところがあるので、アニメ派の方はお気をつけください。

条善寺戦も第二セット半ばに入っていよいよ佳境に。
変人速攻を攻略できず、安定感のある烏野に押されて調子を崩し気味だった条善寺ですが、華さんにケツを叩かれて勢いを取り戻しました。
ここまでのテンション任せのプレイではなく、フェイントやバックアタックなどきちんと考えて攻撃をしてくるようになったのです。
しかも、バックアタックは打ち合わせなしのぶっつけで成功してるので、地力の高さがうかがえます。
そして、全力で遊ぶイキイキした様子が戻って来て、楽しそうです!
その様子を見てる華さんが誇らしげなところもいいですね~。

華さんのアドバイスは、遊ぶことと考えてプレイすることは両立できるというものでした。
軽いノリでバカっぽく見えるけど、決して頭は悪くない。
冷静になれば強敵烏野にも負けてないと言う様子からは、相当後輩たちの実力を買ってるのがわかります。
マネージャーなので技術的な助言はではないですが、そこはなんとかなるというか、後ろにかかっていたどこかの応援幕の「為せば成る」という感じですね!条善寺らしい!

一方烏野も、型にはまらない条善寺への対抗策を考えていました。
ブロックに跳んで狙いが外れるということが序盤あったので、微妙なときは跳ばずにレシーブする方向でいくということです。
でも、ツッキーは自分の判断でブロックに跳んだ結果見事どシャット!

穴原監督が指摘した、自分の意思で動くこととそれができる技術を両立することが自由に遊ぶことならば、ツッキーも立派に遊んでるんですね。
常に受け身で無難なプレイが基本だったツッキーが、自分の判断で攻めているとは…
早くも成長が見られてうれしくなります。

とはいえ、条善寺も負けていません。
ローテーションが回って日向が前衛に来ます。
ここまで完全に打つ手なしだった変人速攻に、条善寺が初めて対応してみせます。
止められないことがわかっているブロックは捨て、レシーブに絞ってきたのです。

作戦的には烏野のレシーブ主体の条善寺への対応に似てますが、それに選手だけの判断で切り替えられた思考力は華さんの言ったとおり、ちゃんと考えられるということを証明しています。
ポンポン雑にブロックに跳んでいた状態から、ここまで改善してきたわけですから。
なんとか拾えばそこからは得意分野。
不安定な繋がり方のボールでも、攻撃を決めてみせます!

そして、照島は自分の考えたやり方で、あそこまで苦戦していた変人速攻を攻略できたことが快感で仕方ないようでした。
ただ気持ちよく遊べればいいという段階から、これは大きな一歩を踏み出したんじゃないでしょうか。
このチームに、考えて対応する地力の高さが身につけば、もっともっと強くなれると思います。

そして、日向にはこのことで新たな課題が浮き彫りになっていました。
日向のスパイクは軽いため、レシーブ自体はそこまで難しくないということです。
以前、青城にもブロック跳ばずリベロに拾わせる戦法をとられましたが、今後変人速攻に的確に対応してくるチームはもっと増えそうです。
日向はというと、あれだけ嫌っていたブロックなのに、無視されるのは腹が立つとか。複雑な心境ですね~(笑)

負けまいと次の攻撃、日向は新変人速攻を要求します。
レシーブしようと待ち構えるリベロを空中でしっかり認識し、取れないコースへの一撃!
新変人速攻の真価を発揮します!

それでも、条善寺はここでやられっぱなしにはなりませんでした。
ワンプレーできわどいコースを狙っていると気づき、そこへ到達する前、ブロックより少し後ろくらいの位置からオーバーで拾ったのです。
一度上がれば条善寺のもの!
流れを持って行かせず決めてくるので、この攻撃力の高さはやはり脅威です。

熱くなる日向に、大地さんがここで一つ提案。
それは東京で身につけた新必殺技、フェイントです。
相手も変人速攻に気を取られてますから、効果は抜群です!
日向の視野を広げて、攻撃を成功させる主将の一声。
前回に続いてさすがと言わざるをえません。

いよいよマッチポイント。
「本気で遊ぶ」
条善寺の取った選択肢は、第一セットを落としたシンクロ攻撃をもう一度やることでした。
結果はアウト。試合終了です。
自滅という普通なら考えられない幕引きでしたが、監督の言うように、まさに「らしいラスト」でした。

楽しむこと、遊ぶことに本気で向き合い、後悔しない選択をした結果です。
正直初めてこれを読んだときは、賛否両論あるんじゃないかと思いました。
大事な試合を私物化して負けたようなものですから。
でも、決して中途半端な気持ちで試合に臨んでいたわけじゃないと読み返して気がついたので、この選択をできることが条善寺というチームの良さであり、これから強さに変わっていくと思っています。

実は、同時期に「ダイヤのA」という野球漫画を読んでいたんです。
そこでは勝つため、チームのためになにができるかということがテーマにもなっていて、先輩、控え、監督、いろんな人の思いを背負って試合に出ている以上、自分の気持ちだけを優先すべきでない時もあるというような内容がありました。
それと条善寺はまったく正反対ですから、ちょっと混乱してしまったのです。
結局は高校の部活、自分が楽しむためにやっているのだから、やりたいようにやればいいと今は思っています。
運動部や強豪と呼ばれる部に所属したことのない人間の意見ですから乱暴かもしれませんが、やっぱり部活は楽しくないとなぁと考えているので…

さて、これで条善寺は敗退ですが二年生ばかりのチームなので、そこまで悲壮感もなく反省を次に生かそうという空気です。
ただ、華さんはここで引退。
マネージャーでも、今まで支えてくれていた先輩がいなくなってしまうのは、喪失感があると思います。
最後に、少し涙ぐみながらプレイスタイルが好きと言ってくれた華さんに、条善寺メンバーは見事にハートを打ちぬかれていました。
入部してからの華さんの思い出が次々映し出され、もう戻ることのないコートを後にする様子は、かなり胸にきました。
もう戻れない側の人間をどうしていつもいつも泣かせにくるんだ…!

無事勝利した烏野、見守っていた谷っちゃんとハイタッチする二年生に、距離が縮まっているのを感じて微笑ましくなります。
そこへ突如現れた青根。
日向に絶対止める宣言をしに来たのでした。
気になる相手はロックオンすると言われていた青根ですが、日向もビビらずにそれに応えていて、ちょっと奇妙ではありますがここにもいいライバル関係が成立してますね~

そして、Bコートの試合が終わり烏野の次の相手が決まりました。
IH予選時にも、烏養くんが強敵と言っていた和久谷南です。
和久南で特徴的なのは、主将中島の家族応援団。
両親、兄、姉、弟、赤ちゃんという大家族なのです。
その応援に嫌がらず笑顔で応える中島を見ると、いい家族環境で育ったんだなぁと思います。
普通高校生男子だと、恥ずかしがったりしますよね。

烏養くんによれば、和久南は音駒に似て守備力の高い安定感のあるチームだそうです。
粘り強い相手には、テンションで攻める田中、日向あたりは崩されやすそうなので釘をさされますが…
すかさず大地さんがフォローするから大丈夫と頼もしい一言。
条善寺戦でも痛感しましたが、大地さんの頼もしさは高校生の域を完全に超えています!
照島が後ろで支えてくれていた前主将の面影を見るのも、全力でうなずけます。

最後はみんなで気合を入れます。
勝ち進むことを生き残ると表現するのが、負けたら終わりの厳しい戦いをしていることを思い出させますね。
武田先生と烏養くんも円陣に参加していることに、一体感を感じます。

試合当日、和久南の家族応援団は前回不参加だった弟が増えて、さらにパワーアップしていました(笑)
ほぼ必ずいるみたいですが、お父さんとかなんの仕事してるんだろう…?(嶋田さん、滝ノ上さんもかなりの頻度で来てるけど)
ちなみに、このお姉ちゃんは中島真ちゃんといって、古舘先生の前作「詭弁学派四ツ谷先輩の怪談」のヒロインだったりします。
四ツ谷先輩も読んでいたので、真ちゃんが出てきたときはかなりびっくりしました。
まさかこんな形でアニメに出演するとは当時思いもしませんでした。
四ツ谷先輩も非常にいいキャラをした人なので、いつか出てくることはないかなぁと思ってますが、あまりにも世界観が違いすぎるので難しそうです(笑)

烏野で家族が明らかになっている組の反応は、予告で詳しくわかりますが羨ましい派の日向と正直遠慮したい派の田中、ツッキーに分かれていました。
とはいえ、冴子さんはこの試合観戦に来ており、派手に応援していたので田中に関しては手遅れでもあります(笑)

さて、試合開始。
烏野一発目は、変人速攻で流れを引き寄せにかかります!
しかし、得点したものの和久南は中島のかけ声一下、まったく動揺する素振りを見せません。

和久南は烏野を強敵と認識し、油断せず対策を練ってきていたのです。
それにしても、県内一のトンデモチームという言い方。
色物集団みたいですが、それでも県内一ならあの白鳥沢を凌ぐということだし、なんだかすごい気がしますね。

さらに、和久南は烏養くんの分析では烏野の苦手なタイプとのこと。
変人速攻のような相手の度肝を抜く戦法で翻弄するのが烏野のスタイルですから、それに乗らずにどっしり構える相手はやり辛いわけです。
今までに負けてきた音駒と青城もそのタイプです。
つまり、地力が問われる戦いになるということですね。

しかし、飲まれそうなこの空気をうまく緩和しやる気を引き出すのが大地さん!
日向には強豪に意識されていることを意識させ、田中には日向に負けまいという気を起こさせます。
後輩を知り尽くしているからこそできる芸当ですね。

とはいえ、気の持ちようだけで攻略できるほど甘い相手ではありません。
影山の強力ジャンプサーブを中島はレシーブしてみせ、そこからアタッカーが周りこみ時間差でスパイクを決めるという、高い守備力とコンビネーションを見せつけます。

さらに、和久南の武器はそれだけではありません。
主将中島は身長こそそれほどでないものの、相手ブロックにスパイクを当ててブロックアウトを狙う名手なのです!
日向の手を狙い、応援席まで飛んでいく見事なブロックアウトを披露します。
このプレイスタイルは、小さな巨人に今の県内で一番似ているそうです。
図らずも、日向にとっては目指すものを倒さなければならない展開になってきました!

中島のブロックアウトのポイントは、相手ブロックの手に当てる角度です。
ブロッカーをよく見て角度を調整してるわけですから、相当熟練の技だろうと思います。
かなりブロックしづらい相手とあって、ツッキーは嫌そうな態度を縁下に見抜かれてました(笑)

中島は主将としても、かなりの実力者でした。
チームメイトを鼓舞しつつ、日向のペースを乱すべく挑発してきます。
それを見抜いた大地さんとで、侮れない同士という意識しあいが始まってますね。
条善寺戦に続いて、主将が注目されてます。

和久南の日向対策は、MB一人にマークさせ、コースを絞って好きに動かさず、残り二人でほかのスパイカーに対応するというもの。
でも、二枚ブロックじゃあやすやすと止められないのが烏野のエース、旭さんです!
こっちで攻めるよう影山に促したのも大地さんですから、目立たないところで活躍しっぱなしですね。

和久南の中島も、調子を崩しそうなチームメイトにやる気を出させ、チームの精神的支えとして十二分に活躍しており、主将対決かとこの時は思ってました。
でも、ここにきて何度もピックアップされる大地さんの活躍がまさか、ここからの展開の伏線になっていたとは…

この試合一番の長いラリー、絶対に相手に得点させたくないところ。
ブロックアウトになりかけた中島のスパイクをギリギリ拾った大地さん。
ノヤっさんが繋いでラスト、返そうとした大地さんの視界に、田中が飛び込んできたのです。
ボールが和久南のコートに落ちた後、倒れて動かない大地さんが映りました。
試合中の接触事故、ここでとてつもないアクシデントが烏野を襲います。

大地さんという精神的支柱に安心しきっていたときに、思いがけずそれは崩れてしまいました。
この苦境を烏野はどう乗り切るのか。
次回は、「根性なし」たちが戦う番です!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR