アニメ「ハイキュー!!」第25話「三日目」

遂にアニメハイキューも最終回です。

最初にインターハイ予選のダイジェスト映像が流れ、青城戦から一夜明けたみんなの授業風景から始まります。
試合の興奮が嘘のようにいつも通りの日常が戻ってきます。
2クール目のほとんどを費やしたインターハイ予選ですが、決勝が行われる今日でまだ三日目なんですね。

負けた悔しさや喪失感、後悔、いろんな感情があるんだろうと思います。
みんな授業中もどこか上の空で、特に日向、影山なんかは全く授業に身が入っていない様子。
2年生はもう春高に向けて気持ちを切り替えていましたが、気にかかっているのは3年生の進路問題でした。

強豪校でない限り、インターハイ予選が終われば3年は引退。
大地さんも春高を目指すと言っていたものの、1、2年の新体制の邪魔にならないように辞めるべきか悩んでいるようでした。
しかし、残ると決めたスガさん、旭さんの言葉に残りたいという本音を言います。

でも、これは生徒だけの問題ではないんですよね。
生徒の進路を指導していく立場の先生たちにとって、「今やりたいから部活を続ける」という希望を押し通すことを黙って認めるわけにはいかないのです。
大学受験はそんなに甘いものではない、部活を続けるという決断は、将来彼らを後悔させるかもしれない。
それを考えたうえで、どちらかを選ぶよう武田先生は告げます。

必ずついてまわる進路という問題を生徒と教師の両方の立場から、よく描いているなと感じました。
部活を辞めて勉強する道を選んだ生徒たちがちゃんと映されていたところも、この作品の中立的な見方が出ていてよかったと思います。
だって、やっぱり1年浪人するっていうのは短いようで長いですからね。
その1年の間に、ほかの人は先に進んでいて自分は立ち止まっているわけですから。
ちゃんとそうなる可能性を覚悟して、道を決めないといけないんですよね。

一方、山口も試合で期待に応えられなかった無力感を感じていました。
中学時代、わいわいやるのがただ楽しかったバレーをそれだけでなく、強いチームとも渡り合えるくらいの力が欲しいと思うようになった。
目の前で同学年の選手が試合に出て、あんなにも熱く戦っている様子を見たら、その姿に憧れるのも無理ないですね。
でも、まだまだ時間はいっぱいあります。
これから大きく成長して、思う存分試合で活躍してほしいです!

さて、同日行われているインターハイ予選決勝、青城VS白鳥沢では、白鳥沢がストレートで青城を破りました。
あそこまでの完成された強さを誇る青城ですら、力でねじ伏せる絶対的エース、牛若。
少ししかしゃべりませんでしたが、劇画調の作画と相まってラスボス的風格がすごかったです!
敗者としての及川さんと日向が重なるシーンは、なんだか切なかったです。

練習が休みにも関わらず、体育館に来てしまった日向は同じく練習に来ていた影山に出会います。
なんとなく二人で練習を始めますが、感情がこみあげてきて二人とも何かをぶつけるように走り回ります。
一見シュールな光景なんですが、二人の様子からは負けたことへの後悔というよりも勝ちたいという凄まじい欲求が感じられました。
そこまで勝利にしがみつく力って一体なんなんだろうなあ。

疲れ切った二人が倒れていたところへ、バレー部のメンバーが続々とやってきます。
3年生たちも部に残ることを決めました。
そして、本来休みのはずなのになんとなくやってきた烏養くんを交えて、いつも通り練習が始まりました。
大地さんが春高への決意を語るシーンは、体育館で遭遇する日向と影山同様2話の初めて烏野バレー部が描かれる回とリンクしていて、感慨深かったです。

ラストは、日向と影山が再スタートへの決意を語り、1話冒頭の頂の景色の台詞で締めでした。
伊達工と音駒も少し出ましたよ!
エンディングの1話からの映像が流れて、いろんなことがあったなあと思わずにいられませんでした。

原作は最初から読んでいて、ストーリーも知っていましたが、初めて読んだ時のワクワクや興奮が蘇ってくるようなとても大切に作られたアニメだったと思います。
半年間、日曜日が毎週楽しみで仕方なかったです!
途中からしか記事が書けていないのですが、いずれ補完したいと思います。
今後のお話が、またアニメになってくれることがあればいいなと思いつつ、マンガでの日向たちの活躍を応援していきたいです。
本当にありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR