アニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」第19話「鉄壁は何度でも築かれる」

今回は、アニメハイキューの感想です。

春高予選準決勝進出を決めた烏野。
準決勝の相手校をめぐって、青城VS伊達工の試合が始まっていました。

現在、第二セットが始まったばかり。
第一セットは青城が獲っています。

観戦にやってきた引退した伊達工の三年生たちは、観客席で烏野メンバーと遭遇。
奇妙な距離感が発生しています(笑)
旭さんがトラウマがあるとはいえあからさまにビビってるし、鎌先は無意味な威嚇を繰り返しています。
田中や山本を同じタイプだ、これは…

三年が残っている青城と二年が最高学年の伊達工では、やはりチームの完成度に差があるようで、伊達工が押され気味です。
そんな中、伊達工にはニューフェイスが。
一年の高身長セッター、黄金川です!

身長のおかげで目立つ黄金川ですが、実はセッターとしては経験が浅く、セットアップの技術はまだまだ。
二口の苦手な位置に上げてしまい、初登場からドタバタしています。
しかし、現キャプテン二口、一生懸命な後輩には普段の生意気な口調もなりを潜めていて、微妙なトスを上げる位置についてなんとかうまく指導しようと四苦八苦しています。
ですが、黄金川は素直すぎる性格のせいで、遠回しなアドバイスがまったく効果を発揮しません。
頭ごなしに怒るわけにもいかないし、試合中だし、大変そうです。
二口とは全然性格が違うしなぁ…

大地さんたちも、黄金川の存在感には目を見張っています。
その様子に、得意になって後輩をアピールする茂庭さん。
セッターということもあって、影山も興味を示しています。

が、自信満々にアピールした直後にトスミス!
ボールは打とうと入ってきた青根の打点を大きく通り過ぎ、監督がナイスキャッチ。
及川さんの顔がこんなん→(・o・)になってます。
隣の松川は普通なのに、なんでいつも及川さんはギャグ要員なのか…(笑)

静まり返る一同。
渾身の後輩自慢がだだ滑りし、必死でフォローする茂庭さん。
逆に大地さんたちに気を使われている…
目も当てられないとはこのことです(笑)

黄金川は全力で謝ってくるのでもちろん叱れないわけで、二口は改めて先輩の大変さを噛みしめていました。
二口は生意気だったと自分を評していますが、負けたときの様子から根は真面目だとわかるし、そういう言動をしても大丈夫だと先輩たちを慕っていたんだと思います。
その人たちがいなくなって実感する先輩をやらなきゃいけないというプレッシャー。
これから二口も、そういう立派な先輩になれるかな…?
いろいろ悩める時期ですね~
おそらく一番生意気な二口を見てきた鎌先は、全力で「ざまぁ!」って言ってましたけど(笑)

離されたくない伊達工ですが、黄金川のツーアタックは花巻にあっさり見抜かれ、綺麗にレシーブされてしまいます。
そこから岩ちゃんのスパイク。
伊達工リベロ、作並が拾って二口が返します。
青城のファーストタッチは及川さん。
そこから花巻がトス!

及川さんなどに比べてそれほど目立たない印象の花巻ですが、この試合フェイント、ジャンプサーブ、そしてトスと幅広いテクニックで活躍しています。
個人のレベルが総じて高い青城らしく、なんでも器用にこなす選手ですね。
普段の言動も及川さんをからかったりしてて、個人的に花巻は絶対面白いやつだと思ってるんですよ!

さて、花巻のトスから及川さんがスパイクに。
すかさずブロックの体勢に入る二口と青根。
及川さんは、ブロックのないレフト方向に狙いを定めますが…
遅れて入ってきた黄金川が三枚目のブロックとしてシャットアウト!

お世辞にもスムーズとはいえないブロックでしたが、完全に意表をつく形になりました。
しかし、勢い余って青根に衝突。
青根がさらにぶつかった勢いで、二口はコートの外まで吹っ飛ばされました。
文句を言う二口に、青根は支えきれなかった自分が悪い、黄金川は今のままでいいときっぱり。
ほとんど話さない青根ですが、後輩に言うべきことはきっちり言っていて、こちらも先輩らしくなってきてるのがわかります。

セッターとしてはまだまだでも、それ以上に最強のブロックのための人選をするのが伊達工らしいですね。
ますます強固な鉄壁になるだろうなぁと楽しみです。
茂庭さんも今度は自信満々にドヤ顔しています。

一方、どシャットを食らったのにも関わらず慰めてもらうどころかやられてスカッとした言われる及川さん…
よほど普段の行いが悪いのか、信頼されているのか…
落ち込む様子が微塵もないところを見ると、日常茶飯事っぽいですけどね(笑)

さて、ようやく活躍を見せた黄金川ですが、相変わらずツーアタックはあっさり拾われています。
バレバレなツーアタックをそれでもやりたがる理由は、ずばりカッコイイから!
わかりやすすぎて逆に返答に困るよ!
もうツッコミに疲れた様子の二口の提案は、フェイントにする必要はないというもので、黄金川はきょとんとしてましたが…

及川さんのサーブのターンが来て、あの必殺サーブが猛威を振るい始めます。
しかし、二口が二発目でレシーブ。
ボールは青城側へ返ってしまいますが、作並が黄金川へ好レシーブ!
未熟な黄金川を支えるべく、作並は黄金川が取りやすいレシーブを心掛けているのです。
普段影山というほぼ完璧なセッターを見ているせいか、リベロがセッターを助ける形もあるのか!と新鮮な気持ちです。
すごい身長差のデコボココンビですが、一年同士仲が良さそうだなぁと微笑ましくなってしまう組み合わせですね。

そして、今現在黄金川に与えられたセッターとしての役割は、その高さを活かして高い位置にボールを置いてくること。
置いてきただけのボールでも、その高さから打てば十分脅威になります。
身長がある時点で、技術がまだまだでも戦えるレベルではあるんだから、バレーにおける高さのアドバンテージは相当だと改めて思います。
で、それを支えているのがチーム一小さい作並だというところが面白いわけです。

そういえば、今回のアイキャッチ岩ちゃんバージョンは初登場でしょうか。
いつでも絶妙に腹立たしい行動に出てくれますね~及川さんは。(褒めてます)

さて、やられてばかりじゃいられない青城。
及川さんのお手本はこう、と言わんばかりの鮮やかなツーアタックが決まります。
三枚ブロック全員を欺くのだから大したものです。

そして、青城のマッチポイント。
踏ん張りどころの伊達工は、ただでやられまいと二口がスパイクを決めます。
盛り上がる伊達工三年トリオ。
クールに口笛を吹く笹谷に対して、テンション上がりすぎてうるさい鎌先。
さっきはざまぁって言ってたくせに(笑)

ここで黄金川が前衛のターン。
現在の伊達工前衛は、県内最強の鉄壁です。

岩ちゃんのスパイク、伊達工女川がレシーブし、ここで黄金川がツーで強打を打ちます!
これがさっきの二口の指示。
こうすれば読まれてても拾えないから効果的なわけですが、ツーアタックがカッコイイのは相手を欺くからじゃないのか…?と思ってしまいました。
決まればいいのか…?黄金川はツーアタックのなににカッコよさを感じていたんだろう…?
まあ、どっちにしろこれでブレイク。青城に詰め寄ります。

で、岩ちゃんは先ほどの及川さんのトスに文句があるようです。
身長で伊達工鉄壁三人に劣る岩ちゃんに気をまわして、及川さんはブロックに捕まらないようネットから離したトスを上げたのです。
岩ちゃんはそれが気に入らず、真っ向勝負させろと言ったのです。
その迫力には、及川さんも黙ってうなずくばかり。
セッターとしてスパイカーに気を使うのは優れているように思えるのですが、スパイカー本人にすれば必ずしも最善かはわからないわけで、影山も直面していた課題ですが、やっぱり難しいですね。
及川さんですら、あれだけ付き合いが長い岩ちゃんと完全に通じ合っているわけではないという…

もう一点も落とせない伊達工、速攻を作並が好レシーブするも、ボールはネット際へ。
叩こうと松川がジャンプしますが、そのさらに上に跳んで黄金川がトスを上げます。
しかし、青根のスパイクを青城リベロの渡がレシーブ。
及川さんのトスは岩ちゃんへ。

伊達工の三人もブロックの体勢に入ります。
最初の伊達工戦で、大迫力だった跳びあがってくる青根のシーンが、今回は二口と黄金川にも。
せりあがってくるせいで、顔が歪んで見えるのがダイナミックです。

でも、その鉄壁の一番もろい部分、黄金川の腕の間を岩ちゃんは抜いて見せました。
ここまで強調してきた高さを岩ちゃんは経験で凌駕したのです。
これが一年と三年で培ってきたものの違いですね。
このプレーには、日向、旭さん、田中のスパイカー陣もしびれた様子。
岩ちゃんは本当カッコイイですね!

敗れた伊達工ですが、まだ新チームとあって悲壮感はあまりないですね。
これからに向けて課題をクリアしていこうという感じです。
課題をのびしろと表現するのは前向きで、とても好きです。以前武田先生も言ってましたね。

二口は、先輩をうざがる素振りを見せつつ本当は嬉しいんでしょうね。
早速練習に付き合ってもらう約束を取りつけ、憎まれ口も復活しています。
黄金川は、もっとセッターとしてもブロッカーとしてもうまくなって、どんなに大きな相手でも止められるようになってみせると決意を新たにします。
それに対して青根は、止めるのが難しい相手が大きく力が強いとは限らないと一言。

今回再戦が敵わなかった日向と青根。
次、伊達工がさらに力をつけた時に、また戦うところが見たいですね。
日向の大きな壁はやっぱりブロックだと思うので、宮城一のブロックとの戦いはどうしても期待してしまいます。

そして、次の試合が始まろうとしています。
烏野VS青城。
IH予選時に、持てるすべての力でぶつかって、それでも勝てなかった相手。
アップ中のみんなは、いやでもピリピリしています。
でも、山口と谷っちゃんの緊張談義が思わぬ方向へ暴走したおかげで、チームのピリピリがどこかへ行ってしまったようです。
あの時いなかった谷っちゃんの存在が、いい方へ導いてくれたのかもしれません。
本人は心臓出そうになってたけど…

いつものごとく、そこらへんの騒ぎには加わらずに一人精神統一中の影山に、日向が話しかけます。
影山は、特にあの試合で及川さんとの力の差を痛感し、この間の偵察で衝撃を受けていた分、やはり強敵だと強く意識しているようです。
中学時代、及川さんを岩ちゃんがぶん殴ったあの事件の時の「六人で強い方が強い」を影山も聞いていました。
その時の影山は、強い選手が六人いれば強いに決まってると考えていて、それは烏野に来た最初のころまで持っていた考えです。
でも、それはそういう意味じゃなく、一人では負けても、選手六人の力を掛け算した結果で強い方が勝つのだということに、今は気づいていました。
そして、その掛け算で大きな役割を担うのがセッターで、それにおいて及川さんはどのチームでもその最大値を引き出すと、敵わない存在として見ているのです。

それに対して、日向はなんでもないことのように「烏野以外はだな」と言います。
烏野の最大値を引き出すのは、影山だと当然のように思っているからです。
あまりにもあっさりそんなことを言われたら、影山はプライドがあるから弱音なんて言えなくなるだろうなぁ。
自信にもなるけど、同時にプレッシャーを感じそうな一言です。日向らしい…

さあ、いよいよ試合が始まります。
ここまでのすべてを賭けたリベンジが始まるんだから、否が応でもテンションが上がりますね!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR