アニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」第21話「壊し屋」

今回は、アニメハイキューの感想です。
原作の展開を踏まえて書いているところがありますので、アニメ派の方はお気をつけください。

今日は田中の誕生日だそうです。おめでとう!
男らしいキャラの誕生日がひな祭りというパターンは結構あるんでしょうか(笑)
こち亀の両さんも同じ日だったと思います。

さて、本編です。
第一セット終盤、交代で出てきた狂犬ちゃんはあだ名に恥じない強引なプレーで、会場中の度肝を抜きます!
そして、この一撃がなんとアウト。
青城は第一セットを落としてしまいます。

それに対する反応が「サーセン」の一言な狂犬ちゃんに、及川さんはもう言いたいことが多すぎて混乱中。
こういう及川さんの動揺は貴重なシーンですね。
すると、岩ちゃんが狂犬ちゃんの脳天にげんこつをお見舞いします。
とりあえず、金田一を押しのけた危険なプレーへの注意が第一。
びしっと言うべきことを言ってくれる岩ちゃんは、本当頼りになりますね。
狂犬ちゃんの出してもらえなくてストレス溜まってたっていうのが、ものすごい不良っぽい…

第二セットも狂犬ちゃんは続投です。
及川さんの指示はガン無視で、岩ちゃんにだけ返事をする狂犬ちゃん。
ふっかけた勝負で、ことごとく岩ちゃんに返り討ちにあって従うようになったらしいです。
考え方が野生的すぎる…
普段の学校生活の様子を見るに、岩ちゃんはクラスの人気者っぽい感じがしますね~

第二セット開始から、旭さんと及川さんが立て続けにサーブをミス。
それでも、及川さんは例の強力サーブで徐々にコート内に狙いを定めつつあるので、気を抜けません。
ジリジリ合わせてきてる感が怖いですね。

続く攻撃で、及川さんは速攻を使わず、ライトの狂犬ちゃんのオープンのトス。
狂犬ちゃんは、ネットのほぼ真横から助走を開始。
三枚ブロックが相手にも関わらず、その内側を抜く超インナースパイクを決めたのです!
助走位置が横からだったのも、そのためです。

烏野も狂犬ちゃんの強さを実感し始めています。
日向だけは、狂犬というあだ名に興奮してたけど(笑)

しかし、その後の金田一と狂犬ちゃんのダブルクイック。
狂犬ちゃんが決めたものの、金田一が引き気味で、囮だとブロッカーの日向にばれていました。
最初のスパイクの時に押し倒されたのが、金田一の中で後を引いているみたいです。

そして、今度は速攻でスパイクを打った後に、囮で跳んでいた花巻と空中で激突。
ぶつかられた花巻は大したことないようですが、確実に青城のリズムにも狂いが生じてきています。

それでも、これで狂犬ちゃんは三連続得点。
代償はあるものの、結果的に狂犬ちゃん加入の作戦ははまっています。
これが成功しているのは、及川さんはじめ青城のチーム力が高いからという気がします。
不確定要素が入っても、フォローしきれるだけの力があるということです。

存在感を発揮する狂犬ちゃんには、スパイクを決める以外の力もあります。
攻撃する気満々の狂犬ちゃんが走りこんできて、日向は止めようと身構えますが、それは囮でトスは金田一に。
やっていることは日向と同じですが、狂犬ちゃんを強烈に印象付けてから、という及川さんの使い方はうまいですね。

しかも、狂犬ちゃんは囮にされることに強い反発を覚えていて、自分が攻撃する気満々なので、さらに相手はひっかかりやすくなるわけです。
戦意が上がれば、狂犬ちゃん自身のパフォーマンスも向上します。
やっかいな選手ではありますが、それを存分に使ってやるという及川さんのセッターとしてのプライドも、うまいこと刺激しているんですね。

5対3で三点差。
日向の速攻は、松川が編み出したコース封じで対応されて決まりません。
しかし、レシーブがやや乱れ、ラストの狂犬ちゃんの前にはブロックが三枚。
打てば確実に捕まると、及川さんが立て直すよう指示しますが、構わず振り切ってどシャット。

コーチの溝口くんはもう激怒してますが、「攻撃は強打が決まらなければ気持ちよくない!」と狂犬ちゃんは一蹴。
いや、あれはどう頑張っても無理だったし、どシャットされても気持ちよくないだろ…
これには烏野単細胞組もあぜん。ノヤっさんだけはなんか笑ってましたが、もしかして共感してるのか…?
監督がいずれ正すと言ってるので、後々狂犬ちゃんにどんな指導がなされるやら…
国見の代わりなので、頭が切れるかもという影山の予想は大外れでした。

続いて、再びあの超インナースパイクを打とうとしますが空振り。
ブロックの内側を抜けるなら、とても強力な武器になりそうですが、そうやすやすと成功するほど簡単な技ではないようです。
はまれば強いですが、かなりの不安定さも持っている狂犬ちゃん。
烏養くんは諸刃の剣と表現しますが、日向はかなり魅かれるものがある様子。

高ジャンプ力と並外れた背筋、胸筋を持つ狂犬ちゃん。
及川さんも、彼のポテンシャルはかなり評価しているのです。
扱いづらいところもさらにセッターとして燃えるのか、楽しそうです。

さっきミスがあったのに、直後に上げて得点。
及川さんの大胆さと肝の据わりようはさすがですね。

さて、次の岩ちゃんのサーブの前に、及川さんがひざを叩いてなにか合図を出します。
サーブは拾われて返ってきますが、レシーブが乱れるものの、花巻がブロックに当てて立て直します。
それを待ち構えていた渡がレシーブ。
すると、ボールはレフト寄りに。
乱れたと思い、トスを上げようとする及川さんを追ってレフト側に移動する日向。

しかし、それが及川さんの作戦でした!
さっきの合図でわざとレフト側にレシーブさせて日向を釣り、反対側から狂犬ちゃんに打たせたのです。
ブロックを自力で引きはがす、及川さんの優れたテクニックです!

その後、攻防が続くも以前三点差のままです。
日向はスパイクが打てず、ブロックもあまりいいとこなしのままサーブに。
わかりやすくテンション低めです(笑)

すると、今度は影山が肩を叩いて合図。
日向のサーブはあっさり拾われ、スパイクが来ますが田中がレシーブ。
綺麗にトスの体勢に入ったところで、四人がシンクロ攻撃に走り出します。

トスは後衛の日向に!
さっきのはバックアタックの合図だったのです。
日向のなんと初バックアタック。
パワー弱めの日向ですから、意表をつかなければ決まらないところですが…

なんとあっさりどシャット。
ここまでスパイクが少なめで、かつバックアタックを打ったことのない日向。
影山の意図は、完全に及川さんに読まれていたわけです。
この時の顔のムカつくこと!
漫画では語尾に星かなんかがついててましたが、アニメのまがまがしいオーラもなかなかの威力ですね~
必死で平常心を保とうとする影山(笑)

すると、スガさんが交代のために呼ばれます。
影山が調子を持ち崩したわけではないこの場面での交代。
これは戦術的選手交代というそうです。
前回の青城戦では、追い込まれてやむおえない状況でしたが、今回はちゃんとした作戦があっての交代ということですね。

しかし、これから攻めていこうというときに、その意気をへし折るように及川さんのサーブがさく裂しました。
あの威力を、この短い時間でついに合わせてきたのです。
烏野の「飛べ」の応援幕を遮って立つ及川さん。
これまで条善寺の「質実剛健」を背負う大地さんなど、応援幕がいい仕事をしている場面がありましたが、その前に立ちはだかる演出もかなり印象的です。
今日一番の強敵感だ…!

このサーブを切らなければ交代ができません。
二発目はネットにかかり、前に落ちたところをギリギリノヤっさんがレシーブ。
三枚ブロック相手に、田中がブロックアウトで切り抜けました。
厳しい状況でよく決めてくれて、ほっとしました。
前回から田中の実力が上がっているのを実感できて、嬉しいです。頼れる先輩は健在ですね!
で、狂犬ちゃんへの威嚇も忘れない…

そして、スガさんがツッキーと交代します。
スガさん加入の目的。一つ目は、サーブでの狂犬ちゃんのけん制です。
緩めのサーブですが、狂犬ちゃんにレシーブさせることで攻撃に出遅れさせることができるのです。

さらに、金田一のスパイクをレシーブし、日向の速攻をアシスト!
久々に変人コンビの速攻が決まります。
これで烏野はブレイクです。

もう一度スガさんサーブ。
手前の方に落とした、レシーブ時につんのめって手をつかせる絶妙な狙い。
このコントロールの良さは、三年間の蓄積かな。
スガさんの凄みが増してますね。

そして、第二の目的は影山とのツーセッター!
レシーブ後に影山と素早くスイッチし、烏野のスパイカーは五枚に。
影山がブロックの隙間を抜く綺麗なストレートを披露し、得点します。
「戦術的ワンポイントツーセッター」(冴子さん命名)、大ハマりして猛威をふるっています!

この作戦は、今まで穴だったツッキーがサーブのターンをうまく活かしているのです。
普通ならツッキーは後衛でブロック参加ができず、影山が前衛なのでスパイカーが二枚のみ。
ツッキーは入れるサーブだし、ノヤっさんがいないため守備力も微妙です。
それをスガさんにチェンジすれば、戦略的なサーブが打てるし、リベロがいないことも攻撃力を上げる方に働くわけです。
ガンガン攻撃する烏野のスタイルにぴったりですね!
影山がスパイカーとして優秀なのも大きい。

烏野が押せ押せな展開ですが、タイムアウト中、青城は慌てずもう対策を自分たちで考えています。
狂犬ちゃんを脇にどかせて、後衛の花巻がレシーブしたのです。
そして、狂犬ちゃんのスパイクが決まります。
とにかく対応が速い…

スガさんはサーブ時のみなので、ここで再び控えに。
大活躍でしたが、同点まで持っていきたかったと悔しげです。
それでもすごかったよ!

ここからまた攻防が続きますが、嶋田さんが青城は不自然ともとれるほど狂犬ちゃんにトスを集めていることに気づきます。
集められたぶんだけ順調に得点を重ねています。
わざわざ彼をを入れたのは、攻撃力を上げるため。
リズムを狂わせて烏野を動揺させるだとか、囮に使うだとか以上に、狂犬ちゃんを存分に暴れさせるためにここまでエンジンを温めていたのです。
完全にエンジンがかかってしまったら、本当に手がつけられなくなる。
そのことを危惧して、このセットで意地でも決めるべきだと嶋田さんは言うのですが…

狂犬ちゃんはスパイクもサーブも、精度を上げてきています。
及川さんのしてやったりという顔が、なんとも怖いです…!

慌ててアイムアウトを取りますが、場の空気は青城に傾いています。
セット終盤の雰囲気は、次のセットにも影響するそうです。
なんとかこの空気を変える一手がほしいところですが…
ここで出してくれるよう烏養くんに合図を送っていたのは、山口でした。

初めての時と同じ相手、空気を変えたいという似た状況での志願。
和久南戦の挫折を味わったその日のうちに、というところにも驚きました。
やはり控えでありながら、懸命に戦った縁下の存在が大きかったのかなと思います。
烏養くんは心配していたけど、自分で戦う意志を示すことができたわけで、山口に必要だったもう一歩の勇気を踏み出すことができたんですね。

さて、この山口のサーブはどうなるのか。
本誌で読んでた時もものすごく気になったのを思い出しました。
山口サーブの時は、いつもこっちのことのようにドキドキします!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR