WJ14号「ハイキュー!!」第196話「背水の陣」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

最新刊が発売されましたね~
ついに20巻の大台に!
表紙が天童のどアップなのは少し驚きました。
Twitterの宣伝漫画で、及川さん以外の青城三年生が白鳥沢で一番嫌な選手として天童を挙げてて、あのゲス・ブロックは相当知れ渡ってるんだな~と思いました(笑)
青城と白鳥沢がどんな試合をしてたのか、見てみたい気がします。

さて、本編なんですが、重大な思い違いをしてまして…もう穴があったら入りたい気分です…!
東京の春高代表枠は、優勝と準優勝の2枠のみだと思ってたんですが、開催地代表として三位まで出場できたんですね。
つまり、音駒が三位決定戦に勝てば、春高に出られるわけです!
もう前回負けた時点で音駒は出場できないと思い込んでまして、恥ずかしい限りです。
でも、ゴミ捨て場の決戦の可能性がまだあるということで、気分は盛り上がっています!

気を取り直して、本編に行きます。
まだ可能性があるとはいえ、もう負けられない追いつめられた状況に立たされている音駒。
さっきの試合で空回り気味だったリエーフは、結構落ち込んでいました。
彼曰く、自分はもっと点獲って、ブロック決めてワーキャー言われる男らしいです(笑)
大真面目に自分で言うところがすごい…

でも、音駒がチームワーク重視のチームということはわかっていて、スタンドプレーに走りがちなことは気にしているようです。
周りのことも考えようとしている姿勢は偉い!あんまりうまくいってないけど…

それを聞いた黒尾は、チームワークがハマる瞬間はきっと気持ちいいと断言します。
それぞれ違う人間同士がうまくかみ合うことはとても難しいですが、それだけに、成功したときの快感は個人技とはまた違ったものがあるんだろうなと思います。
リエーフが、個人技に秀でた音駒の新戦力として期待されていることも事実で、それに加えてチームとの連携も覚えたら、どこまで強くなるのか計り知れないですね。
もっともっと成長していけると期待しています。

黒尾はまたいい先輩してましたね~
裏がありそうな言動とか容姿的に、あんまりそうは見えないんですけど、よく思い返すと後輩(他校も含めて)を気にかけていいアドバイスをしてくれるんですよね。
さすが主将です。

一方、春高行きを決めたという日向からのメールを見ている研磨。
合宿の時の「もう一回」がない試合をしようという約束。
それを叶えようと気持ちを高めているのかな?
相変わらず、研磨の感情はあまり読み取れません。

三位決定戦の相手は、やはりというべきか戸美学園です。
井闥山とはどんな試合をしたのか…
音駒のユニフォームは、今回いつもと逆で普段夜久さんが着てる方をみんなが着ています。
黒尾は白っぽいユニフォーム似合わないな…っていう印象です(笑)

戸美はさっきの試合でレフト親指を脱臼してしまったそうです。
代わりの出ることになったのは、一年生の潜。
大水監督(いちいちオーバーリアクション。松岡修造っぽい)の熱血な声掛けにも、終始ぼんやりした反応です。
いったいどんな選手なのか気になります。

戸美の傾向は、音駒と同じ粘り強いタイプみたいです。
かつ、いやらしい、と。
フェイントにブロックアウト、リバウンド…
絡めて重視でしつこそうですね~。さすが蛇。

試合開始目前、まだ緊張気味のリエーフに夜久さんが一言。
リエーフは5点ミスっても10点獲ってくればいいと言います。
そして、「あとは相手に獲られなきゃいいハナシだ」と。
守りの要の夜久さんにそう言われたら、こんなに頼もしいことはないですね。
リベロは、チームでなければ試合が成立しないことを一番よくわかっているであろうポジションだから、言葉にすごく重みを感じます。
相手を信頼して任せることもチームワークだよなぁと思います。

小さくても男前な夜久さんでしたが、もう一人の男前なリベロノヤっさん繋がりで、烏野もちょろっと出ます。
ノヤっさんは無意味に二回転してレシーブする「ローリングサンダーW」を披露し、部内に波紋を広げていました(笑)
いつもの練習風景と変わらなさそうですが、全国に向けてなにか特訓してたりとかはあるんだろうか…?

そんな感じで、次回からは音駒VS戸美。
もう少し東京の試合が続くようです。
戸美の大将など、ちょっと顔を見せただけで終わるのはもったいないと思っていたので、がっつり試合してくれてうれしいです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も全くもって、よださんとおんなじ状況でした(笑)

昨日発売のジャンプを読むまではヘコんでたのである意味、
『音駒に、春高出場の可柏ォがある』
のは、嬉しい悲鳴ではあるのですが…
(^_^;)



少し気になったので、春高の出場枠を調べたら…

北海道、東京都、神奈川県、大阪府が2枠。
その他43府県が1枠。
それ以外に開催地枠として1枠。
計52校なんですね!


開催地枠は通常、東京になる場合が多いみたいですが…。
1月開催になってから一度、東京で使用嵐閧セった体育館が改修工事で、埼玉開催の年があったらしく。
その年は東京2枠、埼玉1枠+開催地1枠だったみたいです。


ちなみに余談ですが…。
1月開催になってからと、3月開催していた時の春高で、出場枠が微妙に違うみたいで…。

以前、3月に開催していた時は『優勝枠』と言うのがあって、今は廃止になったみたいですが。
春高優勝した学校は、次の春高出場が自動的に決まったみたいです。


確かに3月開催だった頃、白鳥沢のモデルになった東北高校、宮城県内では実際に女王とよばれてる高校が春高で優勝すると…
翌年の春高、宮城でも通常の1枠+優勝1枠の2枠代浮フ年があったなぁ…と。


先週に引き続き、たまらず書き込みしちゃいました…(^_^;)

何度もコメントしてすみません…

最初に投稿したコメント、きちんと訂正した上で投稿したつもりだったのに、文字変換が変になる箇所があって…
m(_._)m


音駒に春高出場の『かのうせい』が…
使用よていの体育館が『かいしゅう』工事…とか。
宮城でも2枠だいひょうの年が…って、書き込みしたのに、何故かおかしい文章になってしまって。

読んで『んっ?』ってなりますよね。

こちらの不具合なのか、投稿したタイミングで文字化けのようになるみたいで…。
漢字で書くとこを、何ヵ所かひらがなにしました。

見苦しくてすみません!!

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

完全に誤解してましたね~(笑)
お恥ずかしいです!
なんにせよ、音駒にまだ可能性があるのはうれしいですね!

出場枠には結構いろんな種類があるんですね。
ほとんどリアルのバレーを知らずに書いているので、教えてくださる情報をいつもとても興味深く拝見しています。
毎回本当にありがたいです!

字の変換ミスはなんでしょうね…。
ブログの仕様とかがわからないのですが、もしかするとこっちにもなにか原因があるのかもしれません。
わざわざ訂正してくださってありがとうございます。
私は見づらいとか細かいことはほとんど気にならないので、よければどんどんコメントしてもらえるとうれしいです!
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR