WJ16号「ハイキュー!!」第198話「理不尽」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

今回は表紙アンド巻頭カラーということで、テンションが上がっていたのですが、なんとそれを上回る重大発表が!
アニメ三期決定おめでとうございます!!
しかも、今秋スタートをいうことで速いですね。
メインは白鳥沢との試合みたいですが、ストックは大丈夫だろうかとか余計な心配まで今からしてしまってます(笑)
でも、白鳥沢戦を見てしまうと、これをやってこそ今までの烏野の集大成という感じなので、アニメになると決まってとにかくうれしいですね!

カラーは表紙は烏野レギュラー陣。
巻頭カラーは音駒メンバーです。
勢ぞろいのイラストなのでどちらも迫力があります。
音駒の方は、ゴミの中に小さいヒナガラスがいたり、猫又監督が山のてっぺんにどっしり君臨していたり、細かいところを見るのも楽しいです。

さて、本編です。
審判や観客の心象を味方につけるという、今までにないいやらしい戦法を見せる戸美。
黒尾は昔なじみっぽいので対策を持ってるのでは?と予想していたのですが、大将は以前はこんな感じではなかったらしいです。
試合前、音駒に決定力がないことを揶揄していましたが、それは戸美にも言えること。
その欠点を克服するために、大将なりに選んだ戦い方なんでしょうね。
勝つために性に合わないことをあえてやっているんだとしたら、そこには確かに彼の真剣さを感じます。

煽り攻撃にイラついているリエーフは、気持ちの荒れがブロックにも表れてきます。
叩き落すことに必死になりすぎて、腕が大振りになり、レシーバーが視界を塞がれてしまい、取りづらくなっているのです。
ここで怒る夜久さんに逆切れするのですが、そのときの文句が「夜久さんは絶対拾ってくれるじゃないですか!!」って…
心底夜久さんを信頼してることは…まあ伝わりますね…
夜久さんも思わず照れています(笑)
キレてる状況にも関わらずこういう言葉が出るから、リエーフは憎めないんですよね~。徳な性格をしている。

戸美に味方するジャッジはこの後も続きます。
福永のスパイクがアウトが微妙な位置に落ち、線審の一人はINを判断したのですが、ほかの審判から物言いがつき、最終的に主審がOUTの判定。
一転、戸美の得点になってしまいます。

判断しづらくなった原因は、大将がボールが落ちる瞬間、線審との間に立って視界が塞がれていたからです。
偶然かもしれませんが、もしジャッジが覆ることを意図していたのなら、徹底的な勝利への執念に恐れ入ります。
観客のうち特に年配の人たちは、完全に戸美びいきに傾いているので、この判定の結果戸美メンバーが得点に喜んでいるのを見ただけで、拍手を送り嬉しそうです。
音駒側にとってはかなりいや~な雰囲気ですね。

煽り攻撃で追いつめられているもう一人、山本。
ストレートが決まりません。
戸美は山本のストレートがまだ不安定なことをわかっていて、気にしていることを突いてくるから余計に効くのです。
そして、言われた相手がムカついてるのは、戸美ではなくできない自分に対してなのもミソですね。
戸美に対して怒っている方がまだ話は簡単なのに…
自分が相手じゃ逃げ道がありません。
できない自分に腹を立てるような、必死にやってて真面目な人間ほどドツボにはまってしまう…

心を乱される後輩を支えるように、夜久さんは山本がレシーブしこねてコート外に飛んでしまったボールをカバーします。
ギャラリーとの間の仕切りを飛び越えるファインレシーブ!
しかし、粘りにかけては戸美にも負けられないというプライドがあります。
全員がギリギリな体勢ながらもなんとか繋げて返球します。

でも、そこで待ち構えていたのはリエーフ!
返ってきたボールをジャンプして叩き落しました。
勝つために煽りと媚びを身につけた戸美に対して、音駒が新しく手に入れたのは高さと決定力を持ちあわせたリエーフ。
今のところ相手に翻弄されっぱなしですが、この一撃で覚醒できるのか!?

リエーフの印象が最初と変わっていたのは、煽られまくって心持ちがまた変化したのでしょうか。
開き直ったみたいな…?
ちょっと考え方が独特なところがあるので、逆に発奮材料になったのかもしれません。
そして、ピックアップされながら、いまだ守備がうまいという描写しかない潜が気になります。
まだ第一セット、これからどんな試合が展開されるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アニメ3期、決定したのは喜ばしいですね~。
タイトルが烏野対白鳥沢なので丸々、この一試合のみの放送になるんでしょうか?

ストック的な心配はありますが、その分だけ丁寧に描かれるのかな?…と、ちょっと期待してます。


原作、烏野に続き、今は音駒の試合でハラハラさせられてますが…。
戸美の煽り作戦に対して、山本とリエーフがどれだけ冷静になれるか。
そして、リエーフが獅子奮迅の活躍を出来るか。

楽しみですね!

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

アニメ三期がどうなるのか、今からワクワクしますね!
白鳥沢戦はとにかく大ボリュームなので、集大成っぽくなるのかなぁといろいろ考えてしまいます。
願望を言うなら、本編すべてをアニメ化してほしいんですけどね~

本誌の方は、リエーフが新たに一皮むけるのかなと期待しています。
音駒は精神的には研磨が日向とライバル関係ですが、ポジション・技術系ではリエーフと競い合う構図だと思っているので。
今までの公式戦の対戦相手では、ガチでやり合うような一年のライバルはいなかったので、実力を高めたリエーフと戦ってほしいです!
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR