俺様ティーチャー4巻

今回は、俺様ティーチャー4巻の感想です。
3巻のメインは真冬の地元でしたが、今巻からは再び緑ヶ丘学園での風紀部の活動再開です!

第18話
3巻ラストで登場した理事長側のボスポジション、会長がなにやら早速仕掛けてくるようです。
力ずくで学園のいざこざを解決する自称正義の部、用心棒部をけしかけて、風紀部を潰すつもりのようです。
活動内容が似ているからどちらか一つにするようにというのが表向きの理由なのですが、やっぱり風紀部は暴力集団と思われているんですね(汗)
対する真冬は、いつでも襲撃に対応できるよう放課後は夏男の姿でいることにします。
夏男の間は心置きなく暴れられるため、手近な不良を脅して用心棒部の情報を集めます。
不良モードになった真冬は、極悪オーラが出てますね~。
早坂くんもドン引きです…
真冬だとばれないように距離を取ろうとしたら、ホモなのかと誤解されたり、早坂くんとの関係は一筋縄ではいかないかも…

第19話
用心棒部は闇討ちを狙ってくるということで、一人のときに襲われてもいいように、真冬は早坂くんを鍛えることに。
3巻の縄ぬけ講座のときもそうでしたが、真冬の解説コーナーがめっちゃ詳しいです。
受け身やいなしなど実際使えそうなことが書いてあります。
少女漫画なのに!
早坂くんは運動神経は悪くないものの、無駄なポリシー(避けたくない)などのために教えるのも一苦労な様子です。
おまけページの4コマで、少しだけ修行の様子が見られます。
ギャグだけど…

第20話
修行開始から一週間、ついに用心棒部が動きます。
真冬と早坂くんを分断し、真冬は用心棒部のアジトに捕えられてしまいます。
早坂くんの身を案じた真冬は、アジトからの脱走を図るのですが、その方法がもう、アクションスターも真っ青のダイブ!
とにかくカッコイイ!男らしい!
そして早坂くんの元へ駆けつけますが、既に彼はボコボコにされていました。
真冬を人質にとったという嘘で、手が出せなかったのです。
キレた真冬の表情の迫力が半端ないです!

第21話
扉絵が真冬と早坂くんが笑っている絵なんですが、前話の最後の凶悪顔とのギャップがすごい…
間接的にとはいえ、自分のせいで早坂くんが傷ついたことが真冬にとっては結構応えているようです。
友達という今までなかった存在ができたことで、変わった部分なんでしょうね。
呼び寄せた用心棒部を倒していきますが、さすがに多勢に無勢で押されてしまいます。
攻撃が当たることを覚悟した時、早坂くんが助けに入ります。
そして、お互いに背中を預けて共闘。
少年漫画だ…
無事に用心棒部を退けます。
最後は、真冬を女の子として心配している早坂くんにジーンとしました。
着実に仲は深まっているようです。

第22話
今回は、前巻で登場した舞苑先輩が主役。
なんと、緑ヶ丘にやってきます。
真冬に会いに来たのですが早坂くん、番長に遭遇し、真冬の存在を誤解した二人とともに街で真冬探しに行くことに。
ほぼギャグですが、早坂くんの修行の成果が出てたり、舞苑先輩が強いことが判明したり、盛りだくさんの回でした。
結局真冬には会えず、小規模な騒動だけ起こして帰っていく舞苑先輩でした。
舞苑先輩はホントフリーダム!全然ブレない!

第23話
3連休の2日目、真冬は鷹臣くんに連れられ海へ行くことに。
冒頭、病院を訪れる鷹臣くんと日傘をさした人の場面があり、意味深なシーンになっています。
鷹臣くんはなんだかイラついている様子ですが…。
水着を買って、海へ行くまででもう爆笑ですね。
ビキニに動揺する真冬…
そして、真冬はまさかのカナヅチ!
さんざん鷹臣くんに遊ばれます。
最後はちょっと衝撃的でした。
おぼれた真冬に鷹臣くんが人工呼吸!?
肝心のシーンは描かれてませんが、さらっとしちゃったようです…
そのまま次巻へ続く…
普通はもっといろいろ触れる感じの出来事ですが、スルーするのがこの作品!

次巻は、海編の続きです。
今まで明かされなかった鷹臣くんの気持ちも少しづつ明らかに!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR