WJ17号「ハイキュー!!」第199話「動揺」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

今回は珍しく扉絵ありです。
部活後、バス待ちの音駒メンバー。
山本のホットドッグに横から食らいついてる夜久さん(笑)
結構食いしん坊なんだろうか…?

さて、本編です。
戸美の心理作戦に振り回されっぱなしだったリエーフですが、そのフラストレーションを力に変えたのか、前回ラストに一矢報いてみせたリエーフ。
ボールを拾い損ねて地面から見上げる相手の顔に快感を覚えるっていうのは、以前木兎さんも指摘していたことですが、リエーフの反応はなんか…それ以上のものを感じますね…
相手が必死にボールを繋いだ努力を叩きつぶしたことに快感を覚える…かぁ。
リエーフって結構Sなのかもしれません。
しかも無自覚っぽいところが厄介そうだなぁ…

得点したのはいいものの、アクシデントも発生していました。
リエーフにボールを繋いだレシーブの際、夜久さんが負傷してしまったのです。
観客の足を踏んで捻挫をいうことですが、こういうときは踏んだ方がダメージを受けるのか…
というか、ネット際でスパイカーがブロッカーの足を踏むなんてことが起きたりもするんですね~(しかもよくあるのか…)
また一つ全然知らなかったバレーあるあるを学びました。

これは悔しいでしょうね。
夜久さんによれば、この一年大きな怪我も病気もなく来たのに、よりによってこの重要な局面での負傷。
余計に歯がゆい気持ちがあると思います。

落ち込みそうになるメンバーですが、こういう場面こそ黒尾のキャプテンらしさが発揮されます。
夜久さんには、なんでもないことのようにいつもの働きを労う言葉をかけ、後輩たちにはこの状況に乗じて発破をかけます。
怪我がわかったときはかなり焦った表情をしていたのに、顔に出したのはその一瞬だけで、あとはまったく不安そうなそぶりは見せません。

意識的にやっていることだと思いますが、同級生には積極的に相談する大地さんとは違って、本当に追い詰められたときに黒尾はどうするんだろう?と少し心配になります。
それとも、付き合いの長い研磨や同学年の夜久さんや海さんがフォローするんでしょうか。
夜久さん離脱にあたって、同じように安心させる言葉をかけつつ、覚悟を固める表情をしていた海さん。
音駒の三年生だけの会話とか、関係性がわかる場面も見てみたいです。

代わって芝山がコートに。
夜久さんが本当に心配なのは、芝山でなくリエーフの方だと言いますが、それでもいきなり試合に出た芝山はガチガチです。
もちろんそれを戸美が見逃すはずもなく、ねらい目の穴とばかりに狙われてしまいます。
出た瞬間、狙いを定めるように相手の主将に指さされたら、そりゃあ固くもなるよなぁ。

それにしても、試合前に自分の出番はないと安心して、他人事のように「がんばってください」と思っていたあの部分がここにきて伏線になるとは…
その緊張をほぐそうと声をかけるのは黒尾です。
その時の合言葉にちょっと笑ってしまいました。
「脳に?」「酸素」
でも、こういう言葉があるだけで、気持ちが一つになるというか、結束を固める効果があるように思います。

一方、あかねちゃんも嫌な雰囲気が漂っていたうえに夜久さんの離脱が重なって、かなり意気消沈しています。
それを立ち直らせたアリサさんは、ただ天然でかわいいだけじゃなくて、さすがお姉さんだなぁと思わされました。
顔が外国人のせいで、口調といい、なんだかシスターみたいな感じというか…神々しいだとか神聖なとかそんな言葉が思い浮かぶ雰囲気でした。(語彙力がない…)

さて、気を取り直して反撃したい音駒。
ついに脳も動き始めたようです。
研磨はどんな策を思いついたのか。
リエーフに対する夜久さんの懸念とは…?
次回以降、まだまだ気になることがいっぱいですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR