今年のポケモン映画について

今回は七月公開の「ボルケニオンと機巧のマギアナ」についてです。

予告映像を見てとても期待が高まってしまったので、予想というか、こういうところが気になるなぁということを書いていこうかと思います。
こうなったらいいなというような個人的な妄想とかなので、いつも以上に適当な内容です(笑)

まず、一番気になっているのが今作の主役ポケモン、ボルケニオンとマギアナの関係です。
マギアナは人に作られたポケモンで、しかも言葉をしゃべらない設定なんですよね。
「ソウルハート」という未知の力を持っていて、それを悪役ポジションのジャービスに狙われている、と。

ボルケニオンはマギアナを救うために戦いに加わるようですが、とにかく印象に残ったのが予告でマギアナがボルケニオンに花束を差し出すシーンです。
マギアナは、雰囲気的に感情が乏しそうなのですが、物語を通してそれが芽生えていくということなんでしょうか。
そして、ボルケニオンと心を通わせ合う…のかも…?
美女と野獣みたいな構図にとても心惹かれます。
ボルケニオンの方は言葉をしゃべれるというのも対比的です。
マギアナを守るナイト的ポジションのボルケニオンもいいなぁ。

でも、そう簡単にハッピーエンドにはならなさそうなんですよね。
映画で、伝説のポケモンが体を張ってやられそうになる展開は結構ありますが、せっかく心が通じたマギアナが壊れてしまったら…
ロケット団のシーンからそんな予想をしてしまいます。

ニャースの言っていた「マギアナの声が聞こえない」という台詞も気になります。
ニャースにはマギアナの言葉が通じるのか、それとも話す以外の意思疎通の手段を持っているのか…

この間のロボンや別作品だとラピュタの巨神兵とか、人のために働き続ける機械というモチーフには、なんだかすごく心打たれてしまうのです。
人間キャラ以上に感情移入してしまうというか…
そう作られているんだから当然なんですが、一生その目的のためにしかあり続けられないところに、100%人間の都合で存在しているところに、同情めいた気持ちを抱くのかもしれません。
一つのあり方しかできないところを愚直と捉えてみたり…
人間の感情を当てはめること自体、意味のないことなんですけどね。

これは、機械は人間が同情するような境遇であることに悲観する心がないことも大きいのかなと思っています。
人に対しても言えることかもしれませんが、傍から見てかわいそうな状態なのに、それを自覚していない、不幸を不幸と思っていないっていうのは、見てるのがキツいんですよね。
それで、創作だから言えることなんですけど、そういういろんなかわいそうだとか見ていて辛いっていう状況に期待が高まっているのは、そこにドラマ性を感じるからで、かわいそうかわいいっていうのかなぁ、とにかくマギアナのキャラ付けに魅力を感じているのです。
そこはポケモンなので、あまり辛い形ではない結末だと思うのですが…

それはひとまず置いておいて…
XYに入ってからはサトシたちサイドへの肩入れがほとんどないロケット団が、マギアナと親しげだということにも驚いてるんですよね。
ロケット団にはやっぱり活躍してほしいのです!毎年どんな出番があるのか期待してるんです!
一番の理想形は「ルギア爆誕」なのですが、そろそろサトシたちと共闘してカッコよくアシストとかする展開があってもよくないですか?
あくまで主役は立てつつ、それでいて存在感を放つラブリーチャーミーな敵役の活躍を願ってやまないです。

敵のジャービスの目的は、強制的なメガシンカということで、メガシンカが映画できちんとクローズアップされるのはなんだかんだ今回が初めてなんですね~。
アニポケ本編でもメガシンカのことはがっつりやらず、基本最強メガシンカがその役を担っていたわけですが、そっちが本編に合流し、おそらく映画のころにはもっといろんなことが明かされているでしょうから、そのうえでどんな切り口でメガシンカの話をするのかに注目しています。
次のシリーズ以降のメガシンカの扱いに繋がってくるかもしれません。
サトシゲッコウガの位置づけなども気になるポイントです。(これはそう遠くないうちに本編で明かされると思いますが…)

XY編最後の劇場版なので、集大成的な意味ですごく期待しています。
主題歌がサビだけしか聴いていないのですが、とてもいい曲だったのでなおさらです。
感動を盛り上げてくれそうな…

実は、どんな映画でもED映像はかなり楽しみにしているタイプなんです。
ポケモンのEDは毎回とても素敵なので、主題歌が好みだと割り増しでテンションが上がります。
テレビ版でいつもEDがカットなのが本当に惜しまれる…
なかでも、DP編最後のゾロアークのEDがシリーズの締めくくりという意味では一番お気に入りです。
ライバルやジムリーダーや四天王など、キャラが総登場するやつです。
そんな感じで、今までの旅を思い出すような映像だといいなぁと思っています。

ここまで書いてきましたが、いつも以上に脈絡がないですね~(笑)
きちんとした考察でもなんでもなく、予告をちょろっとだけ見てこんなんかもしれん!と好き勝手予想しただけなので、話半分に見てくださいね~。
というか、個人的な好みの話になってるような…

ここだけの話、みんなが幸せハッピーエンドだけじゃなくて、あんまり救われない結末も結構好きなんですよね。
だから、ないとは思いつつ無駄にシリアスっぽい展開を妄想したりもしています。
といいつつ、ラティオスのような終わり方がないとも言いきれませんが…

妄想するだけはただなので、いろいろ考えつつ、夏まで期待を高めたいと思います!
待ち遠しいなぁ~
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR