アニメ「ポケットモンスターXY&Z」第31話「爆熱の機巧フェスティバル!」

今回は、アニメポケモンの感想です。

サン・ムーンの情報がここのところ続々と紹介されてますね。
ニコ生が最速みたいなのですが、夜遅い時間だったので小さい子たちは見れないんじゃないかな…と余計な心配をしたりしています。
翌朝のおはスタで紹介されたりするのかな…?
私は小学生のころ、ポケモンのコーナーがあるのでおはスタが見たくてしょうがなかったんですが、朝はニュースと天気予報を見るというわが家の方針に逆らえず、涙を飲んでいました(笑)
いまだに朝はめざましテレビ派です。
めざましテレビも七時代ってそんなにニュースやってなかったんですけどね!芸能ネタなどが多くて…
当時はそんな反論もできなかったんだよなぁ…

さて、今回は映画と機巧つながりで番外編?のようなお話みたいです。
現時点で映画との繋がりはうかがえなかったのですが、もしかすると映画内でこの話に関わる内容があるのかもしれません。
それを抜きにしても、最近シリアスな話が多かったところにネタ満載のワイワイ楽しい話、かつシトロンが歌う特別EDありで大満足の一話でした!

ちなみに、機巧と書いてからくりと読むのは当て字ですが、小学生時代に読んだ本のタイトルにも使われていて、しばらく正式な読み方だと思っていました。
知っている方もいるかもしれませんが、はやみねかおるさんという方の児童向け探偵小説で「機巧館のかぞえ唄」という本です。
児童向けとうたいつつもかなり難解というか、いまだにあの話の全容は完全に理解しきれていません。
そういう不思議な話もあるんですが、はやみねさんの本は遊び心満載でとっても楽しいのでどれもすごくおすすめです。
大人でも十分楽しめて、ドキドキワクワクすること請け合いなので、興味のある方はぜひぜひ読んでみてください!

本題に戻りますね。
機巧フェスティバルというイベントに向かうサトシたち一行。
出だしからシトロンがテンションマックスです(笑)
なんでも、カロス地方の機巧自慢が選りすぐりの機巧を披露する大会だそうです。

女子たちとそれからプニちゃんもあまり興味がない様子、サトシは興味がありそうな返事をしてますが、まあいつもの通りほぼわかってないでしょうね…
シトロンは一歩入った時点でもう目がキラッキラ輝いていて、好奇心の歯車が止められないらしいです。
う~ん、こうやって活き活きしてる様子は見てて楽しくなってきますね~!
なんたってタイトルが爆熱ですからね、燃え上がってますね、シトロンだけだけど!

会場には機巧仕掛けの遊具や乗り物、ほかに大きな機巧部屋などの施設がありました。
まず目に入ったのは、ウェルカム機巧なるちょっと大きめの装置。
どこかの子供向け施設に遊びに行ったときに似たような装置を見たのですが、ようはピタゴラスイッチの仕掛けみたいなやつです。
ボールをセットすると、それが上に上がったり転がったりしながら、どんどん装置の仕掛けを作動させていって、最終的に木槌が降り下ろされ、カゴのみを二つに割りました。
あれだけ大掛かりな仕掛けで時間をかけて、できることがこれだけ!?手でやった方が断然早い!と拍子抜けするセレナたち。

でも、シトロンいわくそれはナンセンスらしいです(笑)
一見回りくどい方法でも、知恵と工夫を凝らした機巧でやり遂げることこそが醍醐味であり、その遊び心が本質…まあわからなくもないですけどね~。
効率だけがすべてじゃないし、それだけでは面白味がなくなってしまうのはわかりますが、シトロンに賛同できるかはこういう仕掛けが好きかどうかにもよるかも…
現実的に考えるとそんな感じですが、アニメの中なら面白いんでジャンジャン無駄なことでもやってくれ!と思いますね(笑)

そのころ、ピカチュウゲットとは別件でロケット団も機巧フェスティバルに参加していました。
機巧部屋の中にモンスターボール横取り機巧なるものを作り上げたようです。
ここでも機巧に情熱を燃やすコジロウと興味のないムサシの対比が。
ムサシは最後まで機巧をきちんと言えないボケをかまし続けていて、面白いんですがいちいち言ってるときりがないんで割愛します(笑)
かたくりとかかたこりとかね…
ヤンヤンマをヤンママとかヤンキーのママとか言ってたことが思い出されます。
あれは丁寧にヤンママの解説までしてて、今思うとすごいボケだったなと…

今回のコスチュームは作業着でしたが、普段はいてるブーツをうまいことそのまま組み込んでるなぁと思いました。
コジロウはかなり若く見えますね。
精神的にも少年の心が蘇っているような…
ニャースはそこまで機巧に興味ないわけではないようでしたが、二人の中間くらいかな。

さて、機巧部屋に入ろうというサトシたち。
部屋の中へ上昇していく椅子に乗ろうとしていたら、ハリマロンも勝手に出て来て乗りこんでしまいます。
すると、セレナが気をきかせてヤンチャムも出してあげます。
もう二匹は仲良し認定されてるんですね~!
喧嘩するかな~と思ったら、シートベルトが閉まって上昇が始まり固まる二匹。
緊張してたのかもしれません。かわいらしいなぁ。
その様子を見ていたロケット団は、ピカチュウゲットも予定に加え、サトシたちを追って機巧部屋へ。

最初の仕掛けは、押しても引いても開かない扉。
正解は横にスライドさせる、でした。
シトロンは自信満々に機巧の初級と言ってましたが、これは機巧ではないような…

次の部屋は扉がなく、今度は壁が忍者屋敷のような回転扉になっていました。
ここでシトロンたちとピカチュウ、ハリマロン、ヤンチャムのポケモン組がバラバラになってしまいます。
あとで合流することにして、別々に進むことになりますが…
早速ハリマロンとヤンチャムが小競り合いになってますね(笑)

続いては上下に動くポールを渡っていくゾーン。
マリオとかでこういうのありましたね、多分…
サトシは以前に、フワライドの上を因幡の白兎のごとく渡ったこともあるので楽勝クリア。
女子チームも問題ないですが、ハッスルモードのシトロンが思いのほかすいすい進んでいて驚きました。
光り輝いてますね、今日は…!

一方、ピカチュウたちの前に現れたのは、急な坂とピンボールのような仕掛け。
慎重に様子をうかがっていたのですが、ハリマロンがふざけて背中を押したため、滑り落ちるヤンチャム。
仕掛けにぶつかりまくって落ちていきます。
それに大笑いするハリマロン。
ピカチュウはフットワークを活かして、ハリマロンはつるのムチでうまいこと仕掛けを避けてスマートにクリア。
ヤンチャムの怒りはごもっともですね。

サトシたちの前に現れた次なるドアは、上部を押すと縦回転する仕掛け。
シトロンとサトシはドアにうつ伏せになって越えていったのですが、それだと危ないと判断したのか、セレナがドアを支えてユリーカには下をくぐらせていました。
それにしてもドアのバリエーション多いな!

一方、サトシたちと同じようにスライドさせるドアに苦戦するムサシ。
正解を教えるコジロウが無駄にイケメンボイスでカッコつけてました(笑)
壁のところでは、無駄にムサシに壁ドンして開けたり…遊んでますね~!
そしてなぜかムサシは「まぎらわしか~」と博多?弁。

ピカチュウたちは対岸まで歯車を渡っていかなければならないゾーンに。
一個一個の歯車の回転方向が違うので、結構難しそうです。
やっと向こう岸にたどり着いたハリマロンの頭上に降り下ろされるピコピコハンマー。
着地した位置が作動ボタンになってるっぽいですね。
油断できない…
地団駄を踏んだせいで何度もボタンを作動させてしまい、叩かれるハリマロン。爆笑するヤンチャム。
ピンボールの件といい、どっちもどっちですね、この二匹はいつも(笑)

そのピンボール、ロケット団はというと…
ムサシとニャースはぶつかりまくって散々な様子。
コジロウは颯爽と仕掛けを避け、下までたどり着いていました。
コジロウもいつになく輝いてますね~。

さて、サトシたちが挑戦する次の仕掛けは、台座に座るとそれが自動的に回転し、向こう岸の通路まで届けてくれるというもの。
しかし、通路にもう少しで届くというところで台座はとまってしまいます。
しばらく動きがなく、シトロンは別のアームが来るのかと予想しますが、サトシは待ちきれずに勝手に台座から移動してしまいます。
すると、サトシが座っていた位置に後ろから飛び出してくるバネ…!
座ったままだったら、下の落とされる仕掛けだったようです。
これはもうトラップですよね!?下の様子スモークで見えないけど、どうなっているやら…(汗)

上下するポールのところに着いたロケット団。
全員運動能力には定評があるので、難なくクリアかと思いきや…
ムサシは対岸に足を乗せたところでバランスを崩し、タイミング悪くポールが上に上がったせいで天井に頭をぶつけ、倒れ込んだところに上がってきた後ろのポールでさらに頭を打ち、もう踏んだり蹴ったりですね。
お茶の子サイホーンとか言ってたのに…

サトシたちは、和室のようなところにやってきます。
中から定番のお茶を持ってくるからくり人形が現れました。
お茶を受け取ろうとしたのですが、なんと湯呑がバネで飛び出し、かがんだ顔にお茶をぶっかけるという仕掛けでした!
しかも熱いお茶だよ、トラップ以外の何者でもないよこれは…
ポケモンの世界でこの遊び心はありなのか…

ロケット団ですが、彼らもさっきからサトシたちが通ってきた仕掛けに悉く引っかかります。(主にムサシが)
移動する台座ではバネに跳ね飛ばされたのですが、下には落ちずに反対側の壁に激突。
下がどうなってるのかわからずじまいでしたが、それ以前にバネの威力が強すぎますね!
お茶出し人形にはやっぱりおちゃをぶっかけられて、ニャースは舌をやけどしたようです。気の毒に…
機巧部屋に鬱憤溜まりまくりといったムサシの様子に、サトシたちに追いつくことは諦め、当初の予定通り自分たちの機巧でモンスターボールを奪う作戦にシフトすることにしたロケット団ですが…

彼らの作った機巧というのは、基本的にはウェルカム機巧と同じ要領で、ボールの代わりにモンスターボールを使うというもの。
最後、仕掛けのゴールにたどり着いたモンスターボールは用意されていた袋に吸い込まれ、まんまと横取りするというわけです。
しかも、一個のボールだと重さが足りないと言って、三個出させるところがまたあくどい…!
ボールを奪った後、用なしになったトレーナーは落とし穴に落とされ、機巧部屋の外まで運ばれるという寸法です。
こんな感じで無差別にポケモンを奪う作戦、最近はあんまり見なくなったように思いますが昔は多かったですね~。

さて、ピカチュウらと合流したサトシたち。
そこで係員からボールを盗まれる被害が出ていることを聞いて、調べに向かいます。
そして、ロケット団がボールを奪う現場を押さえることに成功します。
落とされそうになった男の子の手をつかんで助けたり、ボールが吸い込まれていく管を引き抜いたり、今日のシトロンは体を張って活躍してるような気がします。機巧パワーかな…?

サトシに詰め寄られ、正体を明かして逃走するロケット団。
機巧部屋を駆け抜けていきます。
さっきは仕掛けに引っかかってばかりだったのに、逃げるときはすいすい通り抜けているムサシ。
こういうときじゃないと力を発揮できないと豪語しているそばから、くるくる回る円柱に足を取られて巻き込まれてますけど…
で、今度はコジロウが「機巧をなめたらあかんぜよ」と突然の土佐弁。
今回のロケット団は遊び過ぎですね!

そして、機巧部屋を抜けた先で、ロケット団とっておきの機巧が披露されます!
ヘルメットをかぶったニャースが乗ると、仕掛けが作動します。
三日三晩夜も寝ないで昼寝して作り上げた機巧「超スペシャルメガメガスーパーアタック機巧ニャース」らしいです。
「三日三晩夜も寝ないで昼寝して」っていうフレーズ、久しぶりに聞きました。懐かしい~。

シトロンとコジロウだけが目を輝かせいますが…
ニャースは体操座りになったままボールのようにごろごろ転がり、機巧の中を移動していきます。
目をかっ開いて微動だにしない様子がものすごくシュールですが、機巧の一部になっていることを表現しているのか…?
歯車の上で無表情でぐるんぐるん回転してるところとか、笑いなしには見られないです!勘弁してくれもう…

ものすごい時間をかけて、機巧ニャースが動き出します。
明らかにこの間に攻撃してぶっ飛ばせるわけですが、誰もそんなことはしません。誰もそんなことにはツッコみません。それがお約束というものなのです!
ヤッターマンもたしかこんな感じですよね。ビックリドッキリメカ…だったかな?

機巧の中を散々移動したあげく、別に機巧のどこかに組み込まれるわけでもなく、ニャースは外に飛び出して、それをアームがキャッチします。
そのままピカチュウの正面にニャースが差し出されみだれひっかき!
…のはずが、距離が届かず無念の空振り…!

ニャースが普通に前に出てみだれひっかきすればいいというムサシの意見に、ナンセンスだ!と主張するコジロウ。
完全に冒頭のシトロンと同じですね。
そして、コジロウに共感して満足げなシトロン。

そういう微妙なツッコミどころはすべてスルーしてくれるという、非常にメタ的な都合に優しいサトシ。
一瞬でいつもの調子に戻ってロケット団撃退に動きます。
その攻防で機巧ニャースは壊れ、無残にも大爆発。
それに巻き込まれて、ロケット団は飛ばされていきました。
最終的にいつも通りでしたが、コジロウが楽しそうでなによりでした(笑)
ロケット団が遊び心に満ちているのは、今に始まった話ではないんですけどね。
そういうところが好きなんです。

最後のナレーションまでシトロンが担当するという徹底ぶりだった今回。
EDもシトロンが歌う「キラキラ」でした。
映像はこれまでの話から抜粋したものと、新規のものと両方ありました。
これまでのものは、手持ちとの出会い、サトシとの初めてのバトル、ミアレジム戦…とこれまでのシトロンの旅がぎゅっと詰まっていました。
それが流れる横でシトロンは手紙を書いていて、これまでを思い出しながら書いているのかなと思いました。
曲を作った佐香さんによれば、これはシトロンからサトシへのメッセージソングらしいので、手紙もサトシに宛てたものだと思っています。
内容は読めませんでしたが、最終回あたりでこれを渡したりするのかも…
梶さんの歌い方も、盛り上がるというより穏やかに語りかけるような調子で、映像と合わせてグッとくるものがありました。
ミアレジム戦でバトルだけでなく、バッジを渡して握手するところがクローズアップされていたり、「君と交わしたあの約束」で二人で寝る前に語り合ったシーンが映るなど、演出が素晴らしかったですね!
この歌で一番好きなところは、最後の方の「いつも全力で振り返らずに進め進め進め」のあたりなんですけど、アニメサイズではそこまでなかったので、ぜひともフルバージョンを聴きたいです!

最初から最後まで楽しすぎるお話でした!
いろんな意味で見てる間にやにやしっぱなしでした(笑)

次回はいよいよカロスリーグ開幕です!
待ちに待ったアニポケの中で一番のお祭りが始まります。
初回からメガシンカ対決でフルスロットルという感じですが、今大会はどんな熱いバトルが繰り広げられるんでしょうね。
そんな感じでテンション高まってますけども、来週はお休みですね!落ち着け自分!
一週休んで力を蓄えて、その次からノンストップでポケモン満喫といきたいですね~。
映画も近づいてますしね!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

博士の台詞を

ここまで全力でギャグをやりきるのは久々でしたね、ナレーション部分までシトロンがやるなんて、妙に奮起するシトロンとコジロウに、どうついていったらいいか不明なユリーカたちが本当に楽しかったです、たしかにあのピタゴラスイッチ的な要素を見るとやりたくなりますね。

スモッドさんへ

コメントありがとうございます!

ツッコミどころ満載の全力ギャグ回、とっても楽しかったです!
サトシたちもロケット団も登場人物全員がすごく活き活きしてましたね。
さすが大橋さん!とスノードロップさんと盛り上がったりしていました。
リーグを控えて緊張感の高まる時期ですが、こういう回で息抜きができるのはとてもホッとします。
とはいえ、テンションが上がってしまって記事を書くのに時間がかかってしまうのですが(汗)
嬉しい悲鳴です。
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR