「ハイキュー!!」キャラクターについて 澤村大地

今回は、ハイキューキャラについての記事です。
3人目は烏野バレー部のキャプテン、澤村大地(さわむらだいち)です。

ポジションはウイングスパイカー(WS)。
ポジション名的に、アタッカーなのかと思いきや安定したレシーブを誇り、チームの守りを支える役どころです。
WSは攻撃だけでなく、守備力も求められるポジションだそうです。

性格は真面目でとても頼りになる主将です!
日向の部活初日、影山とのケンカを見てチームメイトの自覚を持つまで部活への参加を禁止するという行動から、当初は厳格な人なのかなと思ったのですが、結構普通の高校生でしたね。
下級生を心配したり、同学年のスガさんや旭さんとはふざけあったり…
でも、多分怒らせたら作中でトップクラスに怖い(汗)

スポーツ漫画の主将キャラといえば、実際の年齢以上に達観していたり、ある意味完成された人物が多いような気がしますが、彼はうまく主将感と等身大の高校生らしさが出ていると思います。
まぁ、実年齢より落ち着いている、みたいなことは言われてはいるんですけどね…

バレーに対しても非常に真摯な態度で、強豪だった烏野が再び全国へ行くことを本気で目指しています。
そのうえで後輩にも厳しすぎることはなく、常に周りを思いやっているという、これ以上頼りになるキャプテンはいないんじゃないかな!
烏養くんにも、選手を引っ張っていくリーダーシップの面では敵わないと言わしめています。

ちなみに、読み切りの時から変わらず登場しているキャラです。
名前も主将という立ち位置も変わらないのですが、最初のときはだいぶおっさんっぽい見た目だったので若返ってますね!

名前の由来、名字の澤村はわからないのですが、大地は仲間をどっしりと支えるプレースタイルや部での立場を表しているのかなと思っています。
音駒戦で、レシーブ力に定評がある地味な仕事人として海さんと一緒に評価されていたので、この二人の名前は対比されているんですかね。
後、空という名前の人がいれば陸海空と揃いますね!

「ボールを繋ぐ」というバレーの根幹であるレシーブで烏野を支える大地さんは、一見地味と言われながらもいなければ試合自体成り立ちません。
プレーヤーとして、そして主将として烏野のみんなの精神的支柱となっている大地さんの活躍が、これからますます強いチームと戦うにあたって注目ですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR