WJ32号「ハイキュー!!」第213話「ボール拾いLv.1」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

今回は巻頭カラーで、前に募集していたドリームチーム投票の結果発表でした。
投票で選ばれたメンバーは、まさに人気、実力ともに十分な、まさに夢のチームでしたね~。
天才二人に三主将と岩ちゃん、そして日向。
攻撃に守備に、なにをやらせても高いパフォーマンスが期待できそうです。

対するは、古舘先生選抜チーム。
こっちは青根、百沢、天童など尖ったメンバーがそろっています。
まとまりのなさが弱点とされていますが、そこは夜久さんがなんとか…
及川さんは一応主将ですけども、ウシワカがいるからなぁ~

最初のページで選抜されずふてくされていた田中でしたが、Twitterに載っていた古舘先生が追加で作ったチームには選ばれてました。よかったね!
涅槃ポーズの田中をスガさんにそそのかされ、意味も解らず拝む日向と影山(笑)

こういう普段は絶対できない組み合わせが見られる企画は本当に楽しいです!
合宿でいろんな学校のキャラ同士が絡むのも、にやにやしながら見てるんですよね~
たまにTwitterでやっている接点のないキャラで単行本の宣伝するやつも、密かに楽しみにしています。

そういえば、こち亀40周年企画のイラストが今週は古舘先生でした。
両さんが161cmだったと初めて知りました…!
日向より小さかったのか…

さて、本編です。
合宿は二日目の練習が終了。
日向は白鳥沢のボール拾いの一年、赤倉と寒河江と早速仲良くなっていました。
一般のメンバーはこれから夕飯を食べて泊まるわけですが、招かれていない日向には、鷲匠監督から飯も寝床もないと厳しい言葉が。
本当は寝るスペースはあるようなのですが、日向は「選ばれない」という状況に置かれているから、あえてなにも用意されないということなのです。
そのあたりで甘えさせないところが、わかっていたことですが鷲匠監督はやっぱり厳しいですね。

一方、黄金川は自主練に国見とツッキーを誘うのですがあっさり断られてしまいます。
ツッキーよ、東京合宿の時は頑張っていたのに…君は本当にぶれないな…
落胆する黄金川ですが、金田一がやると名乗り出てくれます。
国見と長い付き合いですから、慣れてるんでしょうね。
そして、黄金川と金田一、どっちも素直でいい子たちなので仲良くなっているようで個人的に嬉しいです。

百沢は輪の中に入っていかないようですが、どうしたんでしょうね…
角川では周りが先輩(しかも百沢を立ててくれる)ばかりで、同級生と接しているイメージがないのですが、コミュニケーションが苦手なんでしょうか?

日向はそこに球拾いとして参加することを志願。
球拾い志望なので、金田一は若干拍子抜けしています。(日向のことをきちんとライバルとして認識してくれているところが、金田一のいいところだと思ってます)
そして、参加する気のなかった五色を誘う日向。
ストレート褒めまくり、あっさりその気にさせてました。ものすごくチョロい(笑)
小さな頃から周囲ににちやほやされていたのに、曲者ぞろいの白鳥沢に入ったために久しく褒められていなかったことが効いたようです。
たしかに、やたらウシワカに張り合って、決めるとドヤ顔してるのも、褒めてくれ!といわんばかりですもんね。
おばあちゃんっ子っぽいのもなんというか、それっぽい!と納得してました。

球拾いをしつつ技を吸収しようという日向。
スパイカーの落下点にいち早く入ろうと試行錯誤を繰り返します。
すると何度目か、五色のスパイクのコースを読んだのです!
ストレートでブロックに構えていた長松、短かったトス。
周囲の状況を加味して、とっさに考えて動くことができるようになってきています…!

自主練後、日向は一人帰路につきます。
家までバスと電車で一時間プラス自転車三十分。
お腹はめちゃくちゃ空いていて、すぐにでもなにか食べたい状態。
ちゃんとしたご飯を食べて、筋肉を修復すること。
常々烏養くんが言っていたことですが、より強い身体を作るためにこの状況でなにを食べればいいのか。
日向が初めて自分で考え始めます。
そして、すぐに烏養くんに電話。
こんな時間でもしっかりアドバイスしてくれる烏養くん、ありがたいですね。
日向を心配していましたが、前を向いていることを確認して一安心してるようです。

ただ指導されたことを漠然とやっているのではなく、なにも与えられない状況で日向は上に行こうと自ら考えることを始めました。
今回のために密かに買った歯ブラシセット、使うのはまだ先のことになりそうですが、それでも全然めげていません。
一歩一歩先に進んでいって、この歯ブラシを使う頃にはどれだけ成長しているか、今から楽しみですね。

三日目、ボール拾いに徹する日向の気合は一人だけ試合中みたいだと言われるほど。
ボール拾いに慣れている白鳥沢の一年たちの動きを見ながら、取るところから一つ先へ、次の動作をスムーズにすることを考えます。
気持ちはコートの中のレシーバー。
そうして、百沢のスパイクを最短でキャッチし、そこから流れるようにボールカゴのところにいる寒河江にパスし、ボール拾い完遂!

手ごたえを感じたのもつかの間、なんと金田一のスパイクが股間にダイレクトにヒット。これは痛い…
周りの全員顔に縦線が入ってます(笑)
なかなか格好良く決まりませんが、なんとか一歩ずつ前には進めているかな。
苦手分野だったレシーブがこれで得意になればいいのですが…
影山がいない今、彼がいなくても戦える力を手に入れるチャンスですね!
ライバル宣言している以上、いつかは影山と敵になるかもしれないですし、日向という一人の選手として強くなってほしいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今回のカラーページ。

読者選抜はある意味、ポジション別の人気投票ですが…
そのわりには結構、最強ですね(笑)
しかし、黒尾・木兎はつい最近まで東京予選だったので、この二人が入ってくるのはわかりますが…。
WS1位が岩ちゃんとは!?
青城戦が終って1年以上も経っている事を考えたら、人気度が高いよ!!

対する古舘先生選抜。
…なんとも言いがたい(笑)
古舘先生も『壊滅的なまとまりの無さ』と言うから、実力優先の選抜なんでしょうね。

そういえば、ずいぶん前ですが宮城予選決勝。
Sの対角にいるWSをオポジットと呼び、大地さんやウシワカがそうだ…と作中で説明されてましたが。
今回の選抜でも、スターティングオーダーで大地さんとウシワカはそういった配置でしたね。

そしてTwitter版の選抜。私も観ましたが…。
渡はもちろんですが、研磨までがまともに見えちゃう…。
まさに動物園状態(笑)


ちなみにこち亀の両さん。
身長の設定は何度か変更され、161cmは数年前に決まったものらしいです。
それ以前は167cmだったり、170cm以上だったり…


本編。
球拾いですら、やることを見つけた日向。
ついこの前まで悩んでいたのが嘘のように、スッキリしていますね。
最後の方では何度も球拾いが上手くいき、白鳥沢の寒河江も親指を立てて、他校とは言え1年生同士らしさが見えて微笑ましい。

…なのに。
最後の最後で、日向に不慮の事故。
顔に縦線が入るのは、そこはやはり男の子同士…だからでしょうね。


次回は土曜発売。
もう間もなくですね。

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!


ポジション別人気投票、面白かったですね~!
岩ちゃんの人気には、たしかに目を見張りました。
主将が多かったので、頼りになる人が人気だったのかもしれませんね。
岩ちゃんは主将ではないですが…
及川さんの立場がない…(笑)

Twitter版の渡は、上位にランクインしてなかったのに選抜されたということは…
やっぱりあまりにもまとまりがないことを危惧して入れたのかなぁ、などと考えてしまいます。

本編に日向は、見違えるように活き活きしだしてますよね!
やるべきことが定まるとそこまで一直線!な性格なので強いですね~

両さんの身長設定、そうだったんですね!?
部長の誕生日がころころ変わったり、こち亀らしいというかなんというか(笑)
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR