WJ33号「ハイキュー!!」第214話「妖怪たち」

今回はジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

今週は土曜発売ということで、忘れかけてて夕方慌てて買いに行きました。
昨夜までは覚えてたんですが…(笑)

アニメの白鳥沢の声優さんが発表になりましたね。
知らない方もいたのですが、天童役がジャイアンをやってる木村さんで驚きました。
ジャイアンしか知らないのですが、天童は高い声のイメージがあったので…
どんな声になるんでしょうね~

さて、本編です。
春高に向けてサーブを強化することにした烏野メンバー。
山口もジャンプフローターにさらに磨きをかけるべく、嶋田さんと特訓しています。
今後の課題は、相手にサーブを見極める時間を与えないスピードだそうで、サーブの速度を上げるということでしょうか。
ジャンプフローターはゆるーく飛んでいくサーブなのかなと思っていたのですが、速度を上げることも考えるべきポイントなんですね。
もう一本をリクエストして、練習が終わらない山口。
日向と影山に似てきたなぁ。

全体的な課題として、どんな場所でも練習してきたものと同じ動作ができるようにするということがあるようです。
そうすれば、春高の会場でだって動揺せずにプレーできますもんね。
予選の決勝序盤のテンパり具合を見ていると、対策は入念にした方がいいと思います(汗)

とはいえ、新しいことをやり始めた時の常で、なかなかうまくいく様子はまだありません。
山口のサーブはアウト、ジャンプサーブに挑戦し始めている田中も、無駄にカッコイイルーティンからあっさり失敗。
ボールを持った右手を相手に見せつけるようなポーズ、イチローがバットをマウンドに突き出すフォームを思い出しましたが、意識してあの動きを考えたんでしょうか(笑)

失敗続きの烏野から一セット獲った相手は、全国行ける!と大はしゃぎ。
いつのまにかそんなふうに相手に思われるようになってたんですね~
セットを落とした烏野メンバーは、東京合宿の癖が染みついているようでペナルティのフライングをしていました。
勝ってもついやりそうになるとか…どれだけ習慣化してるんだ…

烏養くんはうまくいかなかったことを笑い飛ばしつつ、相手の監督に真剣にもう一セット頼みに行ってます(笑)
こっちも日向たちに似てきてますね。

ちなみに、練習試合の相手は常波でした。
池尻は今ごろ受験勉強に忙しい時期かなぁ。
春高を応援に来てくれたりすると嬉しいのですが。

一方の日向。
トスからコースを予測する技術をずいぶん物にできてきたようです。
今はいちいち考えながら予測をたてているわけですが、それを高めていくうちに、この感覚は直感になる…らしいです。
日向に一番足りていなかった経験に基づく武器ができるということですね。

さらに、日向の特徴は基礎がないため、自分に合った動きを探っていることだと穴原監督は見ています。
テニスからスプリットステップを持ってきたり、白鳥沢戦で見せた走りこんでのブロックなどですね。
型にはまらずとも日向に最適なスタイル攻撃以外のプレーでも見つけていけたら、もっともっとすごい選手になれそうですね。
もともと変人速攻自体、日向が基礎知識に捉われないからできたことですしね。

穴原監督は一見めちゃくちゃな条善寺のメンバーを相手にしているからこそ、日向に好意的なのかもしれません。
オーソドックスな戦い方をよしとする鷲匠監督は逆のタイプですね。
心の中で思っていたことなのに、日向に失礼だと思って会釈するなど、律儀で面白い人です。

日向が次に考えていることは、これが試合になった時通用するかということです。
今は一人一人がスパイクを打ってくる状況だから、一人に注目して判断できるわけですが、試合になればスパイカーの候補は何人もいるし、当然イレギュラーな動きもいっぱい出てきます。
そうなったとき、とっさにスプリットステップを入れる余裕はあるのか。
テニスの技術をどうやってバレーの技術に昇華できるかという、一段上の課題を考えつつあるのです。
何度も感じていることですが、日向が考えているという事実にはやっぱり感心してしまいます。

さて、そんな日向を見ていたツッキー。
日向を見ていると「なにかやらなきゃいけない気がしてくる」とのこと。
こんな状況ですら成長しようとしているのがわかるからこそ、負けないように焦りを感じるんでしょうね。
今のところあまり描写のないツッキーは、この合宿でなにを得るんでしょうか。

後輩たちに指導したりちょっかいかけたりな白鳥沢の三年たち。
ウシワカも進路が決まっているようですが、いったいどうするんでしょうね。
天童の発言から推察するに、もしかすると宮城を出るのかもしれません。

日向を妖怪と表現していた天童。
天童的には日向、影山、そしてウシワカも妖怪ぽいらしいのですが、名前も外見も性格も普通に考えて一番妖怪ぽいのは天童だろ!
そして、ウシワカの妖怪のイメージ(笑)

日向と金田一が会話していると、話題は影山のことへ。
影山がユースでボコボコにされてるかもと言う金田一。
日向とはもう普通に話せてる雰囲気ですが、金田一は影山にはまだ複雑な思いがありそうな口ぶりでした。
金田一について、登場当初は対影山ばっかり見ていたので嫌な奴かと思っていたのですが、最近ではすっかり真面目ないい子という認識です。
数少ない先輩に従順な後輩、かつ影山や国見に振り回されてる様子がなかなかかわいいです。

さて、金田一の予想に反してユースでの影山は頭角を表していました。
二年勢に混じって練習に参加し、なんと佐久早にトスを上げてました!
とっさに誰も入ってきていない位置にトスを上げてしまい、それが「このくらい入って来て当然だろ」というメッセージに取られて、全国の強者たちの闘志に無意識に火をつけてました。
相変わらず天才っぷりをいかんなく発揮してくれてますね~。
影山の場合は、ぶれなさに感心しています。
監督からの評価もなかなかのようだし…

前に少し取り上げられていた小さな選手の名前は、星海光来。
二年のWSで169cm。
日向よりは大きいですが、それでもWSとしては結構小柄です。
佐久早が189cmですからね。
影山が叩こうとしたボールを跳びついてブロックするなど、ジャンプ力が高そうです。
あと、目をくわっと見開いているので、ちょっと怖いですね(笑)
星、また光るものがモチーフの名前ですが(まんま光と入ってますしね)、どんな人物なのか。

次は少し間が空くようですが、新しい増刊がなかなか面白そうで、ハイキューの付録もあるのでこれは買わなきゃなぁと思ってます。
ブックカバーの絵柄が接点のないキャラシリーズということなので、これは手に入れねば!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ここ数ヶ月、ずっと書き込みでお邪魔して、なんだか申し訳ないです…
と言いつつ、また書き込んでます
m(_ _)m


ハイキューのようなスポーツを題材にした漫画って、連載開始当初から試合・大会が始まるまでは別でしょうが。

試合が描かれてしまうと試合の方が楽しくなってしまい、現在のような合宿だ・練習だ…ってのは、人によってはつまらないと感じると言うか、間延びしちゃう気がするんですが。


ハイキューの場合、今回の話で言えば烏野が練習試合をしてる相手が『おっ、常波だ!!』『池尻がいる学校だ』だったり。

田中のルーティンがイチローか?と思わせたり。

穴原先生の日向に対する批評で失礼な事を考えてしまい、頭を下げる…けど、日向は『?』だったり。


天童の日向・影山に対する『妖怪ぽいじゃん』発言に、書き込みの『おれたちニンゲンくう』って。
もののけ姫の中に、そんなセリフあった気が…と思わず、笑ってしまったり。


つい笑ってしまったり、気づく人が気づいたら喜ぶ事を、ちょいちょいと挟んでるよ古舘先生!!と思ったのは、私だけですかね。


久々の影山登場も…。
『いつもの癖で…』と、強引なトスをみましたが。

以前なら周りに『なんだよ!?』くらいに思われ、嫌な顔をされたでしょうが、やはり選ばれた選手が集まる場だから?
嫌な顔…と言うよりは、やる気に火が着くまでとは言わないけど、とりあえず曲者が揃ってるよ…とも取れる場に、私は感じました。

今回、ジャンプが土曜発売だったので次まで間隔があきますが、私も新しく発売される増刊をカバー目的に買おうと思います(笑)

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

いえいえ!いつもコメントしてくださって、とても嬉しいです。
大地さんファンですさんがハイキューを読んでどう思ったのか知ることができて、ほかの人と作品について話す機会もないので楽しませてもらってますよ~!

もともとバトルにせよ試合にせよ、いつでも緊迫したシーンというのは気が休まらないですし(笑)、キャラたちの日常や楽しそうな様子が見たいなとはどの作品でも思っているのですが…
ハイキューは試合以外の場面のクオリティがとても高いですよね!
しかも、毎回バリエーションが豊かで、いろんなところでにやりとさせられます。
練習を積み重ねて、試合で発揮する過程を大切にしているので、試合以外の部分も同じくらい大事というのもあるんでしょうけれど。
そういう描写は、キャラたちの一面がわかってそのあたりもまた嬉しいですよね!

影山に、全国の選手たちに比べてまったく見劣りする様子がなかったのは、さすがとしか言いようがありませんでした。
でも、ここでは全員の実力も意識も高いので、王様っぷりを見せてもそれすらこの人たちを燃えさせるかもしれません(汗)

今週はジャンプがないので、増刊で一時しのぎですね~。
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR