WJ38号「ハイキュー!!」第218話「最後まで」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

お盆休みを挟んでちょっと久しぶりのハイキューです。
白鳥沢、鷲匠監督の声優さんが中尾隆聖さんに決定。
バイキンマンの声などで有名な方ですが、今までのキャストの中で一番声と顔のイメージがぴったりかも…

さて、本編です。
合宿最終日、国見&百沢、五色&ツッキーのペアで2対2の練習中。
日向はもう、国見のフォームからトス・フェイントがくることを読めるくらいまで観察力が上がっています。
ちなみに、一番付き合いの長い金田一も当然これは読んでいたみたい。(ちょっとしたところで垣間見える相棒感がいいですよね!)

五色が好レシーブを見せますが、ツッキーのトスがいまいち…
ボッという音からしてどんくささがにじみ出てますね(笑)
オーバーも苦手だったとは、案外苦手が多いなぁ。
なんというか、頭はいいんですけど器用さがあんまりない気がしますね、ツッキーは。

このトスにすごい剣幕でダメ出しする五色。(怒り方がかわいいな~)
あっさり謝るツッキーっていうのは、日向とまったく同意見ですね!
周りの実力を認めているからか、慣れないメンバーだからか、最近めっきりツッキーのヤな奴っぷりは影を潜めてます。

百沢は日向にアドバイスを受けたことで、大分2対2が上手くなった様子。
身体能力の高さばかり目立っていましたが、高いトスを打つのが上手いという長所もあるようです。
きっと、ゆったり上がるトスを打つのに慣れているからでしょうね。
それ以外にも、スタミナや巨躯故の守備範囲の広さなどなど…

それらを黄金川や金田一が指摘していて、みんな百沢を認めるとともにライバルとして注視していることがよくわかります。
この合宿を通して、かなりお互いの手の内をさらしあった感があるので、このメンバーがぶつかり合ったらおもしろいことになりそう。
そういう展開がもっと来ないかなぁ。
烏野対伊達工は決定しているけど、角川や贅沢言うなら青城ともまたやってほしいです。

さっき不本意なトスになってしまったツッキー。
百沢のスパイクを読んでワンタッチをとり、さらに今度はなかなかのトスに成功して面目躍如です。
相変わらず音は危うい感じだったけど(笑)

そして、決められたときの国見の苦虫を噛み潰したような顔がまた…
とはいえ、一応悔しそうな反応をするということは、彼なりに真剣に取り組んでいる証拠…だと思います、多分。

観察力と洞察力はついてきた日向ですが、参加メンバーと同じようにそれを実践できるかというとまだまだで…
そこは烏野に戻ってからに期待でしょうか。

さて、白鳥沢の斉藤コーチが急に体調を崩したそうです。
原因は、この間の牡蠣です。
牡蠣っておいしいけど当たったら怖いよな~と思っていたのがまさか的中するとは…
私の祖母も当たったことがあるのですが、その時のトラウマでそれ以降一切牡蠣が食べられなくなっていました。
恐ろしや…

さらに、その件に関して穴原監督はなにやら鷲匠監督に対して後ろ暗いところがある様子。
もしかして、鷲匠監督には秘密の宴会だったんでしょうか。
二人で鷲匠監督の話もしてましたしね~。

その結果、急きょウシワカら白鳥沢OBチームと合同練習をすることに。
テンションの上がった黄金川がまた暑苦しく(笑)国見にグイグイ話しかけてます。
黄金川的には国見との距離が縮まったように感じてるんだろうと思いますが、この二人は分かりあえる気がしないな…
内に秘めてるとか、そうかもしれないけどはっきり言っちゃダメ!(笑)

日向はというと、今度はウシワカに直接レシーブのコツを聞きに行きました!
もう怖いものなしですね。
反対に、聞きに行くのを渋る五色に容赦のない白布。
五色のウシワカライバル宣言に対して、猛烈に不服そうなのですが、白布は結局ウシワカが好きなのか五色を応援しているのか。
複雑な心模様ですね。というか、確実に白布はめんどくさいタイプだと思う。

結局、発破をかけられて五色もウシワカのところへ行って…
どんなアドバイスが聞けたのかはわかりませんでしたが、日向は白鳥沢のメンバーにも確実に認められて、仲も深めているようです。
白鳥沢の中で一番烏野の先輩たちに近い、先輩らしい先輩は瀬見でしょうね~。
日向に目をかけてくれそうです。
天童もよくちょっかいをかけてますが、あれは面白がってるのが大半だと思う。

そして、いろんなキャラの意外だったりかわいかったりする一面を見られた一年合宿は終了。
最初はどうにかして日向も合宿に混ぜてもらうんだろうと思っていたのですが、そういう漫画的展開はなくボール拾いに終始していたところにハイキューらしいリアリティを感じました。
そんな中で、ボール拾いにしか見られたない新たな視点、という発想にはさすが!と思わされました。

一方そのころ、結構引っ張られていた影山は…?
最初こそ日向の焦燥を見せられて少しはらはらしつつも、最終的には和気あいあいな雰囲気だったこっちと違って、ピリピリしてそうな東京合宿ですが…
悩んでいそうな描写はあったものの、影山ならあんまり心配いらないと思っているんですけどね。
実力は十分だし、精神攻撃はあの通りの鈍感さだし…
宮の真意は気になりますが。

次回はセンターカラー!
そろそろVS伊達工も始まるのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

鷲匠先生の声優さんも決まり、着々とアニメ3期に向かってると感じますね。

本編冒頭…
五色・月島vs国見・百沢の2対2。
解説をしていた日向はじめ一年生は、お互いの学校が違うので大会では対戦相手です。
が、ほめつつも見るとこは見てる、その会話というか言い方に同級生らしさがあって、なんたかいい感じですね。


しかし、斉藤先生が牡蠣に当たるとは…。
穴原先生は無事だったけど、後ろめたさからか汗だくで…(笑)
まぁ、白鳥沢の2・3年生と練習試合ができ、少なくとも日向にとっては練習の様子を見る事、しかもウシワカに質問できる機会が!!

呼ばれてないのに押しかけて合宿に参加し、球拾いという役割以上の収穫を得た日向にとっては、良い合宿になりましたね。

さてさて、次回は影山にも何かしら動きがあるんでしょうかね?
楽しみです…

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

一年合宿は、本来敵同士ではありますが最終的にみんな仲を深めていて、微笑ましかったですね!
百沢の成長や国見の活躍など、他校のキャラがピックアップされていて個人的にとても嬉しかったです。
こういうのは貴重ですから!

ウシワカがなんと答えたのかは明かされませんでしたが、かなり気になってるところです。
なにかしら有効なアドバイスを得られたのなら、木兎さんに続く日向の師匠ポジションになる可能性も…?

ほのぼの感もあった東北とは打って変わって、ピリピリした代表合宿がどうなるのか…
今一番気になっているのは、いかにも曲者っぽい宮ですが、彼もほかの例に漏れず面白みのあるキャラなんでしょうか。
早く詳細が知りたいですね!
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR