アニメ「ポケットモンスターXY&Z」第42話「進撃する巨石!カロス防衛線!!」

今回は、アニメポケモンの感想です。

一時間スペシャルということで、まずは前半部分になります。
フレア団編いよいよ決着ですね~!
文字通りカロス中を巻き込んだ一大事件の顛末は…
そして、重大発表はやはりアニメサンムーンの件だったんですが、これが想像を大きく上回る意外なもので、まあいろいろ気になるところはあるんですけど、とりあえずは本編の感想を書ききってしまいたいので、そっちは後編の記事に書くことにします。

あ、いつものどうでもいい雑談なんですが…
実は本日ポケモンGOでピカチュウを初ゲットしました!
声が本当に大谷さんでした!
まだピカチュウゲットしてなかったのかよ!という感じですが、超のろのろプレイなので(汗)
あと、携帯のバッテリーが古すぎてすぐ充電切れちゃうんですよね。
買い替えの手続きしてきたので、もうちょっとましになるかと思うんですが…
ヒトカゲもまだいない…本命カビゴンまでの道のりは遠そうです。
ポケモンGO支援用の腕につけるやつも発売早々人気で売り切れたりしているそうで、盛り上がっててよかったよかった。

さて、本編に行きますね。
プリズムタワーでのフラダリとの戦いも大詰め、ピカチュウ、ゲッコウガ、リザードンの集中攻撃でついにメガギャラドスを倒しました。
これでフラダリのよりどころの一つであった、闘争本能の開放としてのメガシンカも打ち破られたわけですが…
フラダリは自ら屋上から落下。
サトシたちの方を向いたまま後ろにゆっくり倒れ込むという、ちょっとシュールな格好でしたけども…
というか、助かるつもりだからあんなふうにいったんだと思うんですけど、あの高さを背中から落ちるのはちょっと想像するだけで怖すぎますね!
前向いてりゃ大丈夫ということではないんですけど!
サトシたちはフラダリを心配してますが、これで終わるわけがない。
落ちた瞬間、例の巨石が意味深に映りましたしね~。

すると、サトシの通信機にセレナから連絡が入ります。
短い距離間でしか通話できないっぽいことをシトロンが言ってた気がしますが、フラダリラボから通話可能とは思ったより高性能だなぁ。
アランとマノンもここでようやく話ができました。
サトシたちはセレナに促され、シトロンのいるジムに向かいます。

一方、ロケット団はモミジ、コレアと交戦中でした。
かなりボロボロになってましたが、窮地で決めてくれるのがソーナンス。
ミラーコートで見事攻撃を返し、捕獲ネット改めコジロウのいとをはくで二人を捕え戦闘不能に。
戦いの描写は少なめですが(出過ぎない感じがまたポイントなのです)、ロケット団らしさ全開かつしっかり活躍してくれて、映るたびに私はテンション上がってるんですが、ちょっとここ最近ロケット団びいきすぎるかなぁとそこはかとなく気にしていたり…
でも楽しいんだからしょうがないか!そういうやつだと生暖かい目で見てください。

Twitter見てくださってる方はわかると思うんですが、あっちはもっと趣味全開ですからね~(笑)
別ジャンルの話が多くて、最近もう何が何やらわからなくなりつつあります。(当初はブログ更新のお知らせ用のつもりだったんです。でも、時々告知忘れたりするし…本当に適当だな…)

本筋に戻りましょう!
セレナたちは巨石のある部屋に移動し、ダイゴさんが研究データを調べていました。
すると、巨石が突然反応し、ハリさんが中に取り込まれてしまいました。
巨石は保管ケースを突き破り、ジガルデが操っていたのを同じ蔦を発生させ、フラダリラボを破壊してしまいました。
そして、ジガルデのような姿をとり、移動を始めます。

いち早くラボを抜け出したロケット団は、すぐさまヘリに飛び乗ってこの事実を報道する構え。
口上もオリジナルバージョンでノリノリ。
もうすっかり報道のプロ根性が芽生えてますね!

ヒャッコクシティでは、日時計が巨石と同じ赤い光を放っていました。
ゴジカは日時計が怯えていると表現していましたが…
すっかり日が暮れて、空に浮かぶ満月もこの異常事態を象徴するように真っ赤に染まっていました。

さて、サトシとアランはシトロンに合流します。
シトロイドが壊れたことを知ったサトシは、シトロンを慰めるのではなく「治るんだよな」と聞きました。
それはシトロンが必ず直すだろうと信頼していたからで、シトロンも「直してみせる」と口にしたことで、気を持ち直すことができたんじゃないかと思います。

そこへセレナからまた通信が入り、巨石の現状が伝えられます。
セレナたちは大型のヘリ(多分フレア団のやつ)で移動する巨石を追跡中。
立ち直ったシトロンも一緒に、パキラの運転するヘリで現場へ向かうことになります。

ユリーカとプニちゃんは、変化が解けて倒れていたZ2を見つけます。
街の様子を見て、人間に憎悪を募らせるZ2に対し、プニちゃんははっきりと自分は人間を信じていると告げました。
そして、ユリーカが友達になろうと手を差し伸べます。
ユリーカには本当に言葉通りのその気持ちしかなくて、だからこそZ2を救い出す役目は彼女にしかできなかったんでしょうね。

今まではユリーカの役も含めて全部サトシがやっていたんですけど、プニちゃんとZ2救出サイドの物語には一切サトシは関わっていません。
一方では、サトシの大人化によってさらに純粋な心を持つ(より子どもというか)ポジションが必要になったという考え方もできます。
でも、セレナ、シトロン含めて完全な分業がなされていたことに、メンバー全員の十分な掘り下げができていて、決して主役一辺倒にならないというXYの良さが出ていたんじゃないかと思います。

そういうわけで、ユリーカ、プニちゃん、Z2、バシャーモ仮面もヘリに乗りこみ、巨石を目指します。
ダイゴさんの得た情報によれば、巨石はジガルデに似たエネルギーを持っていて、ハリさんもまたプニちゃん脱走のときにジガルデのエネルギーを体内に取り込んでいました。
それに巨石が反応したというわけで、つまり今巨石が目指している日時計も、類似のエネルギーを持っているということになります。
なぜ宇宙から飛来したという巨石や日時計がジガルデと似たエネルギーを持っていて、さらにそれがメガシンカエネルギーと同じなのか。
そして、なぜ巨石は同じエネルギーを持つものに引き寄せられるのか。
いろいろとわからないことはありますが、問題は巨石と日時計が融合するとその時に発生するエネルギー的なもので、世界が消し飛ぶということです。

それを絶対に阻止するとサトシは強く宣言します。
ここから、Z2もサトシたちの様子を見て人間への見方が変わっていくのですが、プニちゃんがどんどんサトシたちに感化されていった様子を知っているだけに、こういう展開はスカッとするものがあるというか…
Z2が反応するたびに、「だろ!サトシたちはすごいだろ!」という気持ちになりますね(笑)

そして、アランもマノンにハリさんを必ず助け出すと宣言しました。
この時もアランの台詞がマノンには、今までのどんな任せろという言葉より頼もしく聞こえただろうと思います。
今まではどれだけ強くても、なにかのきっかけですぐダメになってしまいそうな危うさがあった気がしてたんですけどね。
頼れる男になってますね~。

ヒャッコクシティでは住民の避難が始まりました。
ゴジカは超能力で各地のジムリーダーに、集まるよう念を送ります。
ロケット団は巨石の様子を中継し、依然みんなの注目が集まっています。

サトシたちの到着はまだですが、現在巨石を追うメンバーでとりあえず止めようと動き出します。
メガガブリアス、メガメタグロス、そしてテールナー。
こんな時でもメガシンカの際、ピンへのキスを忘れないダイゴさんに目を見張りましたが、ともあれ巨石に攻撃が開始されます。
テールナーは戦力不足かと思いましたが、襲ってくる蔦を焼き払い、上手くメタグロスのアシストをしています。

しかし、この蔦が予想以上に厄介で、ガブリアスもメタグロスも捕まって動きを封じられてしまいます。
そのせいでメタグロスから落下したテールナー。
それを颯爽と現れて救ったのは、アランのメガリザードンでした。
ピカチュウも乗っています。
ロケット団の言う通り、ようやく役者がそろいました!

日時計は巨石の接近に反応し、おそらく発熱しているんだと思います。
街から日時計にかかる通路が溶けて落ちてしまっていました。
ますます日時計がなんなのか気になる描写ですが…

さて、目下一番重要な事項の一つ、ハリさんの救出ですが巨石の中央付近にいることはわかっても、具体的な場所までは特定できていません。
すると、ゲッコウガには巨石の内部、ハリさんの様子がはっきりと見えたのです。
さらにリンクしているサトシにも。
サトシゲッコウガの力はいったいどんだけすごいところまでいくんでしょうね…!

そして、なにか作戦を思いついた様子。
ヘリから巨石に向けて飛び出したゲッコウガを一同が援護します。
それを真剣な面持ちで見つめるプニちゃんとZ2。
ゲッコウガはハリさんの位置をはっきり見極めると、そこに向けてみずしゅりけんを撃ちこみました。

みずしゅりけんが刺さった場所がハリさんのいる位置。
全員そこに向けて攻撃を開始しますが、蔦に阻まれ思うように本体まで届きません。
次第に蔦に捕えられてしまいます。

手詰まりかと思われたその時、ヒャッコクシティの方向から攻撃が飛んできて、本体を攻撃しました!
蔦も緩んでみんなが開放されます。
攻撃したのは、ゴジカが集めたジムリーダーとカルネさんでした。
カロスを守ろうとするトレーナーが全員集合しているのです。
Vまで流れ始めて、まさに盛り上がりは最高潮です!
ジムリーダーたちのカットインがまたカッコイイ!

ここから全員で総攻撃!かと思いきや、カルネさんの提案で一時集まって作戦会議です。
案外慎重でしたね…!
てっきりこのままガンガンいこうぜだと思ったのに(笑)

まずはハリさん救助のため、みずしゅりけんを目印に巨石に突入ということで、方針が一致します。
それにしても、本人たちも言ってますがカロスとホウエンのチャンピオンが揃い踏みとは、ほんとに豪勢ですね。
ちらっと同じ意見を見かけましたが、まさにポケスペのようなオールスター具合です。
それにしても、ダイゴさんとカルネさんの組み合わせは全チャンピオン中でも一番絵になる組み合わせだと思いますね~。

これが本当に最後の戦いです。
ロケット団の中継にも熱が入ります。
非戦闘員のユリーカとマノンはセレナに託され、残り全員で巨石に向かいます。
ここでひとまず次回!

勢いを落とさないままで一気にやってくれるのは素晴らしいんですが、一時間分の感想を書くのはちょっときつい…
毎度言ってる気がしますが(笑)
おまけコーナーではミアレのジムリーダーとして普通にシトロイドが紹介されていて、ちょっとクスッとしてしまいました。

では、後編をしばらくお待ちください~!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

集結

投げキッスならぬ指キッスのメガシンカダイゴがなかなかツボでしたねw戦隊系統でも見ているかのような全員集合、わかっていたのにとても心震えるシーンです、

スモッドさんへ

コメントありがとうございます!

いやあ~ダイゴさんのイケメンなのに絶妙に面白いところは本当にたまらないですね!
期待を裏切らない人です(笑)

そして、ジムリーダー集結のシーン!
王道展開ではありますが、興奮せざるをえない最上級の盛り上がりでした。
クライマックスに向けて加速していくドキドキワクワクがたまらないです!
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR