アニメ「ハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園」第1話「ごあいさつ」

今回は、アニメハイキューの感想です。
原作の展開を踏まえて書いていますので、アニメ派の方はお気をつけください。

先ほど知ったのですが、烏養繋心コーチ役の田中さんが亡くなられたそうです。
突然のことで非常に驚いたとともに、とても残念に思っています。
これから新シリーズで、たくさん烏養くんの活躍を演じてくださると楽しみにしていたので…
今まで素晴らしい演技で楽しませてくださって本当にありがとうございました。
ご冥福をお祈りしています。

さて、いよいよアニメ三期が始まりました。
タイトルにある通り白鳥沢との決勝戦がメインになると思われますが、いったいどのくらいの時間をかけるのでしょうか。
この試合に一期分つぎ込むのか、もう少し先までやるのかどうか。
タイトルが正式発表されてから、実はずっと気になっています。

冒頭は日向の頂の景色の台詞と体育館のシーン。
二つともシリーズの最初と締めにはもうおなじみですね。
日向たちの原点は常にこの言葉と体育館にあるように思えて、スタートに向けて気が引き締まります。

OPはメッセージ性の高い歌詞と相変わらずよく動く映像でした。
思ってたよりプレーの描き方が勢い重視ではなく、静かな雰囲気だったことが少し意外でした。
決勝という舞台の重さを演出するため…かな。
日向のスパイクシーンで出てきた落ちてしまいそうな烏が気になりますが…
最後、一匹の白鷲と群れの烏が向かい合うところは、うまくスタイルを表しているな!とテンションが上がってました。
コンセプトの戦いが大きなテーマですからね~。

今回は試合にはまだ入らず、その前段階が丁寧に描かれます。
二期最終回の翌日なのに、現実では期間が開いているので雰囲気を思い出す意味でも助かりました。
大地さんの傷を見て、そういえば前日えらい目にあってたなぁと…
道宮ちゃんがお守りを渡してくれるところは、オリジナルで凱旋したみんなを出迎えるシーンを見てたので、あれから急いで用意したのと思うと微笑ましさが倍増しますね。
そのお守りはしっかりベンチに置かれてました。

田中とノヤっさんのシーンでは、表情の変わりように笑いました。
ありえないほど目が切れ長で輝いていた…
二人の思うイケメンはこんな感じなんですかね(笑)
そう考えるとハイキューのキャラは全体的に丸い輪郭で目もくりっとしていて童顔ですよね~。
テニプリなどと比べると違いが際立つというか。
あっちはあれで中学生ですからね(笑)
そして、「気合だ」コール。
そういやアニマル浜口最近見ないなぁ。

イズミン、コージーの登場で日向と影山の中学時代の映像が出たのですが、そっちはもっと童顔っていうかもろ子どもでしたね。
そう考えると育ったなぁ。
あれからまだ一年ちょっとしか経ってないんだから早い早い。

騒ぐ二人に冷ややかな目を向け、「すぐに負けるかも」なんて言ってるツッキーを見ると、「お前この後すごいことになるんだぞ!見てろよ!」って言いに行きたいですね!
正直この試合で一番驚き、燃えたところはあそこなので。

会場の雰囲気は、準決勝までと全然違います。
おそらくローカルとはいえ大掛かりなテレビカメラが入っていて、優勝トロフィーやメダルが準備され、スーツ姿の人が何人もいます。
教育委員会とか大会運営関係の人たちなんでしょうか。
こういう場所にはとんと縁がなかったので、詳しく見せてくれていちいちすごく新鮮です。
朝礼で運動部が表彰されるときに、いったいいつの間に大会なんてやってたんだろう…?と思うレベルだったので…

応援には気合入りまくりの教頭先生が率いる烏野の生徒たちが追加され、盛り上がりに華を添えていました。
まあ、関係ない生徒にとっては退屈かもしれない気持ちはよくわかるのですが(笑)
白鳥沢も一般生徒の応援が来ているのですが、有力な部活の応援に一般生徒が駆り出されるのは一般的なんでしょうか。
野球は甲子園を見る限り多いのかな…そういえばうちの高校の野球部もべつに強くはなかったけど、有志が応援に行ってた気がするな~。
すでに遠い記憶になりかけているのですが、思い出すとあのころに戻りたくなりますね~。

そういえばうちの母は甲子園が好きだったらしく、当時強かったPL学園の校歌をそらで歌うことができ、スコアブックまでつけていたというので、スポーツが好きな人は気合を入れて応援するものなんだなぁと感心してしまいます。
関係者でもないのにいちいちやってくるおじさんも、そう考えると納得できます。
罵声はいかんと思いますが(笑)
冴子さんに捕まった明光くんが被ってた帽子、見覚えのあるマークだなぁと思ったらあれはもしかして楽天ですかね!

白鳥沢の応援はさすが統制がとれています。
先生ではなく生徒が指揮を執っているところがすごいですね~。
バレー部の生徒なんでしょうか、それともチアとか応援専門の係があるんでしょうか。
これは圧倒されます。

横断幕の字は白地に黒で、烏野とは反対です。
割とざっくりというか、力強い書体が印象的です。
青城はカチッとした雰囲気だったので。

少し遅れて白鳥沢メンバーが入場。
扉が開く前に気配を察知する日向は、なんだか野生!という感じでした。

アイキャッチは嶋田さんと滝ノ上さん。
これから選手以外のキャラの登場もいろいろあるんでしょうか。
明光くんとか道宮ちゃんとか…

白鳥沢で一番目立っていたのはやっぱり天童ですね。
あっちこっち動いてしゃべるしゃべる。
オーバーリアクション気味で手足も長いので、思ってたより大きく見えました。
あと、声は全然ジャイアンじゃなかったです。
声優さんすごい…

ウシワカの「頑張れ」発言は、性格を知った後だとかわいく思えてきます。
三年も同じ気分なのかなぁ。

両校の選手紹介と同時にコーチ陣とハイタッチしてコート内へ。
そんなふうに入場するんですね~。
ハイタッチは全員取り上げてくれて、すごく個性豊かでした!
最初の大地さんは一番スタンダード。
旭さんは入場する時、緊張して人の字書いて飲んでるし、田中は気合入れて叩き過ぎ。(潔子さんには優しい)
影山はあっさりしてるなぁと思ってたら、ツッキーにいたっては顔を見もしない(笑)
日向には手を上に上げる烏養くん、タッチの後に思いっきりジャンプしてアピールするノヤっさんなどなど。

白鳥沢はまだあまり明かされません。
それでも、天童のダブルピースや自信満々で手を上げる五色など、基本的なところは押さえてました。
あと、アナウンスのしかたがすごくリアルでした。

試合開始は大地さんのサーブから。
これをウシワカがいきなりノヤっさんのレシーブを弾いて叩きこみます。
外で見てるだけなら、ちょっとレシーブ失敗しただけなんですが、ウシワカの実力が尋常ではないことがノヤっさんの表情に表れています。
開幕からいきなりその強さを見せつけられた烏野、次回からいよいよ本格的に試合が始まります!

EDは今まで登場したチームが列になって登場、壮観でした。
ちらほら個性的なポーズの面々がいたりして、第一印象は「百鬼夜行」でした。
どのチームも本当に癖が強いですから!
歌っているのは一期のEDも担当していた「NICO Touches the Walls」
「天地ガエシ」は今までの主題歌の中で一番好きな曲なので、またこの方たちの曲が聴けて嬉しい限りです。
穏やかなメロディの前向きな曲なので、本編でヒートアップしたのをほどよくクールダウンさせてくれそうです。
予告では冴子さんが辛辣でした(笑)

というわけで、また少しの間アニキュー感想がスタートします。
リアルタイムで視聴できないので記事を書くタイミングが安定しなさそうなのですが、よかったらお付き合いください!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私が住む宮城でも、ようやく三期の放送開始しました~!!
原作で結果を知っている事。
よださんのブログを読んで、気持ちを盛り上げて観るぞ~…と思ってたら。
よださんのブログで、烏養コーチ役の田中さんの訃報を知り…。

なので、さぁこれからだ!!というアニメ第一話を、感慨深く、複雑な気持ちで視聴してました。
とても残念です。


原作通り話が進み、冴子さんに見つかった明光くんの帽子が楽天のもので、宮城らしさを出しつつ。

和久南・青城戦の翌日というお話ですが、アニメになると二期終了から半年もたっているせいか、ちょいちょいオリジナルがありましたね。
教頭の引率による烏野高校の応援団、とか。

反面…
青城戦後の帰り道、バスの中。
大地さんが夢で、烏野に入学してからの回想する話は、まるまるカット…。

私が大地さん好きだと言うのもあるんですが。
今に至るまでの過去があるから、より深みを増すと思っていたので。
回想の話は、いずれどこかで見たいなぁ…とは個人的な希望です。


余談ですが…
白鳥沢のモデルになった東北高校。
学校のイメージカラー…と言ったら、なんだかアイドルみたいですが。
とにかく、紫をちょいちょい使用してます。
実際、運動部の応援に使用してるメガホンは紫だった気がしますよ~。

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

田中さんの件は本当に残念でなりません。
烏養くんといえばあの声と耳に染みついているので…

応援が増えていたのは嬉しいところでした。
いつも烏野の応援席はちょっと寂しいですもんね(汗)

三年の回想は…ちょうど二期との切れ目でしたからね~
また別のタイミングで挟んでくれることを祈っています。
なにか意図があって移動した可能性も捨てきれないので…

紫は東北高校由来だったんですね。
あえて選ぶにはちょっと渋い色だなぁと思っていたので納得です!

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR