WJ47号「ハイキュー!!」第227話「チャレンジャー」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

ちょっと前の話ですが、ジャンプギガの番外編がとてもかわいかったので少し。
まさか前回のポスターネタを引っ張るとは思ってませんでした!
そして、条善寺の三人にあんなところで出会うとは…。
旭さんは懐かれつつも、なめられまくってましたね(笑)
百沢が案外はきはきしゃべっていて、そこにもびっくり。
毎度ポスター一枚に収まりきらない先生のストーリーを詳しく聞きたいです。

本編いきますね~。
伊達工戦も終盤。
影山の要求するトスのおかげで、ツッキーはスタミナ切れに。
ツッキーはスタミナ低めだからバテやすそうと思ってたんですが、試合中にここまでキツそうなのは初めてみましたね。
台詞に必死感が滲みでている(笑)

烏養くんのアドバイスを思い出し、大人しく引き下がる影山。
対ツッキーと考えると非常にレアな光景…!
要求をしていく方向に転換したとはいえ、自分の言うことばかり聞かせようとしたのでは以前と変わりませんから、選手の状態にもきちんと気を配らないといけませんよね。
影山にはまだまだ成長の余地があるようです。

一方、味方も敵もクロスと思った場面で、見事なストレートを打った田中には(アウトだったのに)素直に賞賛の言葉を送ります。
思ったことを口に出すようにしたことのいい面ですね!
思えば、一話で日向にぼろくそ言ってたけど、心の声ではいろいろ褒めてました。
あの時は、その思ってくることを口に出せよ!って思いながら読んでましたね~。

以前とうって変わって出してくださいアピールをするほど肝が据わってきた山口ですが、今回ピンサーに指名されたのは木下!
もしかすると、試合に出てるのが描かれるのは初めて…?
めっちゃびくびくしてるくせにきちんと決めるところは、さすが二年ですね。
昨年の三年生が抜けてから日向たちが入る前はレギュラーだったわけですから、多少は慣れてるはずですよね。

レセプションとは、サーブレシーブのことをいうらしいです。(初めて聞いた)
普通は招待とかそういう意味だと思うので、受ける、迎えるみたいな意味のつながりで使われてるんでしょうか。

さりげなくバテたツッキーは成田と交代してました。
控え組が最近頭角を表してきてますね~!

青根はもうかなりの精度でマイナス・テンポに反応できるようになってます。
今回日向はシンクロで紛れず、マイナス・テンポで飛び出します。
青根に負けじと日向を止めようと跳んだ黄金川ですが、日向は囮で打ったのは旭さん。
これはあらかじめ決めていたことではなく、日向が自ら出た結果みたいです。
いわゆる「釣り」ってやつですね。(ワートリでよく使われてるので覚えた)

相手を引っ掛けるために、日向はいつも本気で打つ気でいなきゃ意味がないと言われてましたが、わざと釣りに行ったということは…?
無意識レベルで勝負慣れしてきたとか…。
いろいろ考えつつ、最終的に自画自賛する影山には笑いました。

一方、旭さんは伊達工最強の三枚ブロック相手に打ち勝ちました!
ブロックとタイミングをずらすと言ってましたが、青根や影山の反応を見るに、うまいこといったみたいです。
具体的にどんな感じかはよくわからなかったので、説明待ってます!(汗)

技術だけでなく、旭さんの中でブロックへの恐れをほぼ完璧に克服できたことも大きいと思います。
そして、ブロック三枚が立ちはだかっていても、動じることなく声援を送ったノヤっさんもいつもと変わらぬかっこよさでした。
旭さんのスパイクを信じているというのが伝わってきます。

さて、8セットを戦って互角。
伊達工との練習試合はおしまいです。
練習試合という性質上、お互いのチーム内の成長や問題のピックアップが多く、チーム間でのやりとりは公式戦に比べて控えめかなと思ったので、機会があればそっちの描写をまた期待したいです。
せっかく日向(とツッキー)は黄金川と仲良くなったんだし、ライバル同士のバチバチ感も見たいので…。
次はなにが待っているのか、またまた予想がつきませんね~。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よださんのブログを読んでギガの発売日を思いだし、あっ…買ってないと慌てる始末。
ハイキューの短編、先月号のポスターに関するものだとは知っていたのですが、今回も楽しそうですね。


伊達工との練習試合。
公式戦と違うからか、時間が許す限りと言うか、切りの良いとこまで出来るのでしょうが。
さすがに8セット目までとなると、体力作りには良くても…。
ツッキーが言った影山に対するしんどそうな本音は、理解できます(笑)

木下の試合出場は、今まで見れなかったのでかなり貴重ですね。
山口が出たいアピールしてる後ろ、縁下の影に隠れ、しかも顔の角度的に試合すら見てない様子から、試合に出るのはよっぽど嫌だったのでしょう。(笑)
まぁ、それでも普段の練習通りには出来たみたいですが。

旭さんも、最後の最後でようやく納得がいく事が出来たのか、満足げな表情。
詳しくは来週にでも語られるでしょうが…。

旭さんが3年になる直前でしたっけ?
部活から逃げ出したきっかけの相手が、そういえば伊達工だったな…と思うと、旭さんも精神的にと言うか、自信がついたと言う意味ではひそかに成長してますね。(笑)

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

練習試合という若干の気楽さはあっても、このセット数はキツイですよね。
むしろツッキー以外あまり疲れを見せてないことが異常なのでは…?(汗)
運動部の人の体力って本当とんでもないですね~。

木下の一面が見られたのは嬉しかったですね。
ビビりつつ仕事はするという、ある意味すごいタイプ。

山口、木下、縁下、成田、旭さん……烏野はなんだかんだビビりタイプが多いですね(笑)
日向もある意味当てはまるし…
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR