WJ18号「ハイキュー!!」第248話「格差」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

四月になりましたね。
新生活という話題をよく聞きますが、私自身も生活環境ががらっと変わったので早く慣れていかねばなぁと思っています。
そしてこういう時にハイキューを読むと、日向たちの年から年々離れていっていることを感じますね。
電車内でも新入生っぽい子たちを見かけたのですが、あの初々しさとかエネルギッシュな感じが羨ましいと思ったり。
ただ、最近忙しい影響で昼にはお腹がぺこぺこで、昼ごはんがすごくおいしいと感じるのですが、そういえば高校のころも授業で疲れていてこんな感じだったなぁと懐かしく、少し嬉しいですね!

さて、今回は二回戦について話している烏野の一回戦を見ていたカップルの二人からスタート。
この二人、冷やかしの類かと思いきや結構高校バレーに詳しかったようです。
春高での解説兼観客ポジションとしてまだまだ出番がありそうですね。
おじさん、ミーハー女子、バレー部OB、同級生や身内などなど観客ポジションはバラエティに富んでますね~。

さらに、彼らの口から気になる情報が!
IHで稲荷崎は二位だったようなのです。
三本指の一人、キリュウを倒しているとは…。
IHの試合内容がわかりませんし、今からこんなことを言うのもアレですが、三本指の一つを下している稲荷崎に勝てれば烏野が決勝を戦うのも夢じゃないのでは!?

……そんな話はまあ置いておいて(笑)
稲荷崎の主将、北は上位常連の強豪らしくテレビの取材でも堂々として雰囲気です。
WSで175cmと脅威的な体格というわけではないですが、なにか強力な武器を持っているのかも。
もしくは個性的なメンバーをまとめるには彼しかいない!というような強いリーダーシップの持ち主なのかも。
あの我が強そうな宮が従っているわけですからね。
なんか日向とか影山がすごいオーラを出したり、旭さんが悪人面で描かれる時の縦線、顔に入ってるし!

そんな北への取材の様子を見て、テレビ取材とアナウンサーに興奮する田舎者二人…。
分身ピースを見せる日向と正直テレビに映りたい山口を珍しく命令口調で有無を言わさず制止するツッキー(笑)
日向の台詞が本当に高校生のバカっぽいところを凝縮しているようで、笑わずにはいられませんね。
朝やってる「とくダネ」のお天気コーナーで、後ろでアピールしてる修学旅行生がほぼ必ずいるじゃないですか、ほんとそういうとこですよねリアルな学生らしさって(笑)

一方、叶歌ちゃん再び。
なんやかんやで昨晩の従兄を彼氏だと思っていた田中の誤解は解けました。
でも、そこで告白といかずに試合で戦う姿を見ていてほしいと言ってしまうところがね、いいところなんですけども!もどかしさも感じますね…!
それで自分も負けるか!と奮起する田中も田中で、まあ似た者同士ですね。
回想で泣いてる叶歌ちゃんのために、自分にもわからないのに一生懸命考えてあげる田中がすごくよかったですね~。
叶歌ちゃんの回想の中の田中は、基本惚れる要素しか感じないです。(当然のような気もするけど)
逆にアホなところは、叶歌ちゃんの目にはどう映っていたのか気になるところです。

さてさて、試合前のアップ。
この様子だとスムーズにいってるようで、烏養くんや先生のおかげですね。
日向は星海にかなり気持ちが行っているようで、最近では珍しい顔面レシーブ(笑)
そこへ宮(アツムの方)がやってきて、早くも嫌味を…。
影山が即座に切り返してたけど、あれはやっぱり意趣返しでもなんでもなくて本音なんでしょうね~。
まあ、宮が腹立つ気持ちもわからなくもないです。
生意気ですからね、及川さんじゃないけどへし折りたい気持ちになるかも。

とはいえ、日向はへたくそだけど弱くはない、というのは言い得て妙だなと。
そこには影山がいるからという意味も込められているでしょうけど。
星海のオールラウンドさを見たことですし、日向はこれからへたくそを脱却していくのかな。

どうでもいいことですが、古舘先生は東北出身ということですが関西弁が違和感なくてすごいな~という話。
と言っても、私は関西育ちではなく祖父母が大阪に住んでいるだけなので、個人的な関西弁のイメージということです。
兵庫の学校ということですが、正直兵庫の方言が大阪とどう違うのかまったくわかりません。
京都はちょっと雰囲気違うなと思うのですが、それ以外の近畿の人の方言は全部同じに聞こえるのです。
それらがひとまとめで関西弁という認識でいます。
適当ですみません(汗)
地元の人が読んだらなんか違うということがあるのかもしれません。

さらに注目ポイントが!
今回稲荷崎のユニフォームが黒ということで、混同を避けるため烏野はカラーが逆になるのです。
いつもノヤっさんが着てる配色のをみんなが着るということですね。
白黒でも違和感があるので、カラーで見たらかなり印象が違いそう。
はっきり言うとツッキーが非常に似合ってなさそうということです(笑)
そういえば烏野ユニフォームの黒とオレンジは、それぞれ影山と日向の髪の色ですよね~。
オレンジが前面に出ていると、日向に新たな飛躍がある暗示かも?などと考えてしまいます。

叶歌ちゃんとのやりとりを冷やかされる田中、ここぞとばかりにノリノリのツッキー、緊張しまくりの旭さんなど見どころがありつつ、稲荷崎のまた別の一面も明らかになります。
及川さんのように女子ファンが多いみたいなんですね。
宮兄弟のルックスがいいのと、挑戦者という美味しいポジションを獲得しているのです。
常勝校よりそれを倒そうと頑張る相手の方がなんか応援したくなりますもんね。
特に女性はそういう人が多いかもしれません。
反対に、男性は強い方が爽快に勝つ様を見たい人も多いような気もしますが。
団扇を持った女性ファンに応援されている様子が、今流行りの羽生くんっぽいですね。

会場の誰もが烏野に注目していないという状況に、奮起する大地さん。
そういえば大地さんは結構なんというか、逆境こそ力を発揮するというか、自分より優位にいる(強さではなく人気とかで)相手に対してそれを覆そうと燃える傾向があるような気がします。
稲荷崎は強豪らしく応援がすごい(特に吹奏楽)チームだったのですが、その音にかき消されまいと声を張る様子がまた(笑)
思いっきり効果の文字が顔にかかってましたからね…。

そんなこんなで次回からいよいよ始まる稲荷崎戦。
今回気になったのは、着替えている日向に結構しっかり腹筋があったこと。
運動部なので当然っちゃ当然なんですが、小さいしかわいい顔してるので意外でしたね…。
それから、絵のことはよくわからないので気のせいかもしれないのですが、いつもより輪郭線がくっきりしているところがちょこちょこあったような。
叶歌ちゃんと話してる時の田中とか試合前の日向とか、ラストの叫ぶ大地さんの顎あたりのラインがなんだかいつもよりパキっとしてるような気がしてました。
最後本筋と全然関係ない話になりましたが、どんな試合展開になるのか楽しみですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今さらですが…
よださんは4月からの生活が、がらりと変わられたのですね。
私は新年度や年末年始にあまり影響が無いので、楽な方ですが…
自身にしろ周囲にしろ何かしら環境が変わるのって、多かれ少なかれ影響が出てくるでしょうが。
その分、なんだか新鮮でわくわくするのは…私だけでしょうか?(笑)


本編ですが。
まず冒頭。
初戦で観客席にいたカップルはある意味、説明役ポジションですが…いい味出してる!!
相手校である稲荷崎どころかキリュウなどの、しかもかなり重要であろう情報をさらりと与えてくれるとは、ありがたい(笑)


試合直前ってのもあり、徐々に緊張感が高まる内容…と言いますか。
二日目になって、あぁ~初戦突破の余韻はもうおしまいなんだ…と思いつつ。

まずは、田中と叶歌ちゃんの勘違いによる誤解がとけたのは、良かった。
そして、田中は縁下たちに。
叶歌ちゃんは一緒に行動してる子に。
今後も弄られていきそう(笑)

しかし叶歌ちゃんが常に行動を共にしてるチームメイト、会話から察するに同級生だと思いますが…
叶歌ちゃんのスタイルの良さを褒めかたが、いかにも友達らしい言い方だし。
叶歌ちゃんと田中に気を使って、とっさにその場から立ち去ったり。
しかもダッシュで逃げてった…(笑)
名前も何もまだわからないけど、お気に入りになりつつあります。


しかし今回、まさかユニホォームの色が変わるとは…!!
稲荷崎と色が被ってるから、仕方ないんでしょうが『烏野は黒』『西谷はオレンジ』に見慣れてたせいか、違和感しかない(笑)


影山やツッキーのような緊張しない組もいれば。
山口のように『胃が…』や、旭さんが手に『人』と書く緊張する組。
日向のように慣れてきた、大地さんのように吹っ切れた…等々。
緊張だけとっても、試合になったら見れない場面は、何気なくともやっぱり楽しい。
大地さんが最後、切れ気味に『行くぞ』の場面は、やけくそや『この野郎』的な気持ちが入ってるでしょうが(笑)


きっと次回からは『いかにも試合です!!』モードでしょうし、強豪相手にかなりハラハラな展開になりそうな予感ですが…
烏野に限って言えば、県予選か全国かの違い。強豪相手なんて、今に始まった事じゃないですからね!!

来週以降も楽しみです。

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

新しい生活スタイル、まずは一週間経ったということで徐々に慣れていくことができそうです。
不安だったりストレスを感じることもありますが、やっぱり新しいことに触れるワクワクはありますね!
今までがあまり変わり映えのない生活だったので余計に(笑)

一回戦勝利の余韻と試合の間のほのぼの?ギャグ?的幕間シーンはもう終了で、ちょっと残念…。
連日試合ですからせわしないですね~。
とはいえ、入場のシーンまでたっぷり楽しませてもらいました!(大地さんのあの表情で何度も笑ってしまう)

田中と叶歌ちゃんはどうなるでしょうね。
例の同級生の女の子、容姿の雰囲気が五色に似てるなぁとふと思ってしまったのですが、まさか親戚ということはない…ですよね…(笑)
恋の行く先も気になりますが、新山女子の戦績もどうなるか…。

稲荷崎はかなりの強敵と思われますが、白鳥沢戦で既に全国上位レベルとの戦いを経験していると思うと乗り越えられそうな気が湧いてきます!
今一番気になっているのは宮兄弟の戦術ですね。
今後の試合展開を楽しみにしましょう!!
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR