スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ21・22号「ハイキュー!!」第251話「リズム」

今回はジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

この間発売されたアニメハイキューのOP・EDのコンプリートベストを買ってしまいました!
CDとノンクレジット映像入りのDVDのセットという超豪華仕様!
そもそも、どんなアニメでもOP・EDの映像を見るのは大好きなので、こういうものを出してくれたことに感謝しかありません。
そういくつもいくつも録画した番組を取っておけませんからね~。
なんとか記憶に留めておこうと、曲が流れたら即映像が出てくるくらい暗記したアニメも今までいろいろありましたが(笑)
CDの方も、フルで聴けていなかった曲がいくつかあったので、まとめてくれるのは本当にありがたいです。
嬉しかったのは、「リエーフ参上」のやつもあったことです。忘れがちなので…。
とにかく自分的にどストライクな商品だったので、超いい買い物でした。
今年一番かもしれないレベルです(笑)
もっといろんなアニメがこういうのを出してほしいですね~!

さて、本編です。
表紙で極悪顔の影山と笑顔キラキラシャイニングな日向を眺めつつ中へ…
前回、変人コンビのブロードで稲荷崎を驚かせたわけですが、観客のおじさんによればブロードは男子ではあまり見ないらしいです。マジか!?
というかざわざわしてるのは稲荷崎の応援団ですね。
ブーイング作戦とか、応援慣れしてる雰囲気だったのに、素直にびっくりしてる様子は微笑ましいかも。

そんな態度は侑も同じでした。
あれほど嫌味っぽい台詞ばっかり言ってたくせに、すごいプレーを見るとただ「カッコええなぁ…!」って。
治によれば、こういう反応は今回に限ったことではないようです。
ここにきて純粋なバレー少年っぽい面を見せてきましたね…またこうやって敵チームへの愛着を煽るいつものパターンだぜ…!

ただ、稲荷崎サイドはただ感心しているだけでもありませんでした。
応援の陣頭指揮をとってるのが何人かいますね。控えの部員かな。
ブーイングもこの面々の差し金でしょうね~。
その作戦がいまいち烏野に効いていないことに気づき始めます。
ツッキーにブーイングが効いてなかったのはいいんですが、理由に正直「だよな…」となってしまうところが悲しい。
サーブがんばれよ!

日向の方もアレでしたね…。
応援団総出で妨害してくるということは、全員が全力で自分を倒しにかかっているということ!
都合のいい解釈と普通そんなことで燃えるかよ!?という感性、どんどん木兎さんに似てきてるような…(笑)

烏養くんがブーイングに慌てていなかったのは、そのあたりを見越していたのかもしれないのですが、稲荷崎応援団は新たな手を打ってきました。
次の一手は…太鼓と手拍子で烏野のリズムを狂わせるぜ作戦!
だんだん速くなる太鼓のリズムで、烏野のサーブにずれが生じてきます。
しかも、稲荷崎と関係ない観客も太鼓に合わせて手を叩き始め、会場全体を味方につけてしまったのです。
やはり不快感を与えていたブーイングと違って観客をノせてしまっているので、手拍子は一向に止みません。
これではただでさえ心もとない烏野の応援が、もはやまったくかき消されてしまうのです。

稲荷崎はといえば、侑の安定感抜群のセットアップと治、尾白のサーブによる攻め。
治は角名とは反対に、時間いっぱい使うサーブ。
どっちの時間の取り方も、結局いやらしいみたいです。
治はあまり気にしないようでしたが、侑の時のようにサーブ時に応援が静まり返ったのは、双子だから同じように気を使われているのかな?

前回までは嫌なブーイングだと思っていたのですが、ここまで徹底的にチームの援護をする「応援戦法」を見ると、なかなか面白いものだなぁという気になってきます。
稲荷崎というチーム全体で勝つための策を講じてくる、まさに「挑戦者」の名前が相応しいです。
勝つためになりふり構わないことにかけては、作中で第一人者的存在感を誇る戸美の大将(見に来てた)に「容赦ない」と言われるんだから相当なものですね。
どうやら大将は彼女とうまくいってるようです。なにより。

稲荷崎のナワバリについて。
稲荷といえばお稲荷さん、神社です。
神社の中と外を隔てる鳥居、ファンタジーでも結界とかよく出てきますよね~。
神社の中は特別な場所だそうなので、そういう「場」を作るチームとして考えられた名前なのかな、と少し考えました。
お稲荷さんといえば狐の神様ですが、それも関係あるのかも。
宮城以外のチームは動物シリーズが多いですからね。
蛇も狐もいやらし系…。

叶歌ちゃんは観戦に来てましたが、完全にバレー選手目線でしたね(笑)
頼りになる幼馴染の「龍ちゃん」としてだけじゃなく、バレー選手の田中も好きなところがかわいいです。

さて、ここにきて徐々に全国二位の脅威にやられ始めている烏野。
そこに思わぬ救世主が。
宮城よりはるばる和太鼓を引っ提げ、冴子さんの登場です!!
和っぽい書き文字がカッコイイ。
冴子さんはいつも窮地を救いに来てますね。
もう心強すぎて、こっそりハートマークを飛ばしている隣のおじさんと同じ気持ちです。
冴子さんの和太鼓チーム設定はこの時のためにあったのか!

ということで、次回冴子さんはどんな応援をみせてくれるのか。
なんだか田中とその周りの人々の回になってきてる感じがします(笑)
ゴールデンウィークを挟むということで少し時間が空きますが、月初めには新刊が出るということでハイキュー不足にはならずに済みそうです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よださんはハイキューのベスト盤を買われたんですね!!
私は買おうと思いつつ、先伸ばしにしてた…(汗)
今週中に買う予定ですが、全曲フルで聴ける事や映像があるのは、楽しみです。
まだ買ってないけど…(笑)


本編ですが。

まだ試合は序盤だし、烏野はいつも立ち上がりが悪いので、今のところは『普段通り』ですが。

稲荷崎、実力はもちろんですが…応援もイヤらしいですね~。
客席からも、ブーイングはあからさまだからか『嫌ねぇ』的な事を言われてます…が!!
嫌な感じのあとの『だんだん速くなる拍子』
観客が参加するだけあって客席の反応は好意的ですが反面、選手としては無意識に煽られるのも…つらいなぁ。

もちろん、稲荷崎応援団はそれが狙いなんでしょうが。

烏野の応援が駄目って事じゃないんでしょうが…烏養くんは応援団の差が気になるからか、ちらっと客席を気にしてますね~。


しかし…
今回、大将が登場とは!?しかも、よりを戻した美華ちゃんと観戦!!(笑)
確かに田中がサーブの時、煽りの拍手をつられてやってるカップルの女の子がいるなぁ…と思った場面、よくみると美華ちゃんだった。

そして叶歌ちゃん。プレイをしっかり見てますねぇ。
田中の事はもちろんでしょうが、日向の囮まで語るとはまさに選手。
あまりにも冷静なガチ見が意外だったからか、友達もびっくりです(笑)


さらに、久々の冴子さん登場。
稲荷崎のような、学校の応援団部って存在が烏野にいなかったので。
冴子さんは今までも応援に駆けつけてましたが、こんな頼もしい存在とは!!
しかも個人でなく、太鼓の仲間と本気の応援で来てくれるとは、ありがたいですね。
応援合戦に限って言えば、まず負けはなさそう(笑)

そして、試合終了後。
冴子さんと叶歌ちゃんが絡むの、決定だなぁ。


来週はジャンプがお休み。続きが気になるのに、残念…と思いつつ。
新刊が発売なのは楽しみですね。

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

ベスト盤は本当におすすめですよ!
見始めると止まらなくなります(笑)
あのころはこんな気持ちで見てたなぁという思い出が蘇りますね~。

美華ちゃん、叶歌ちゃん、冴子さんと女性陣がにぎやかになってきましたね~。
冴子さんには稲荷崎を見返すような力強い応援を期待したいところです。
そして、田中家の恋愛事情に注目が集まります。
冴子さんが登場した時点で既にちょっとにやにやが…(笑)

次回以降もいろんな意味で期待が高まりますね!
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。