アニメ「ポケットモンスターサン&ムーン」第30話「リーリエ、ピカチュウをかわいがってあげてね」

今回は、アニメポケモンの感想です。

…が、申し訳ありません。
近頃リアルの忙しさに伴う精神的疲弊と時間のなさで、少し書き方を変えています。
ゆっくり書く時間が次回放送までに取れない可能性が高くなってしまいまして…。
今まではアニメの流れに沿いつつ書いていたのですが、それには結構まとまった時間を要するので、今回は要点ピックアップ形式になっています。
書いていない話数が溜まってしまうと、それはそれで心の負担になる気がするので…。
これからどういう形になるかは未定ですが、少し試行錯誤するかもしれません。

そういえば、映画関連企画の好きな映画を選ぶやつ、私はルギアに投票してきました。
多くの人が挙げてる理由だと思いますが、やっぱりロケット団が大活躍するところとサトシが絶対的なヒーローではなく、一人の子どもとして描かれているところが好きなんですよね。
あと、今の子どもたちに昔のシリーズに興味を持ってもらいたいというのも大きいです。
せっかくサトシとピカチュウのルーツに関わる映画をやることですし、実は映画本編とは異なる最初の仲間たちがいたとか!
いっぱい知ってもらいたいじゃないですか!
しかも、ルギアは登場回数が圧倒的に少ないケンジが唯一本格的に出ている映画ですから持ってこいなのです。
そして、旧シリーズに人気が出れば念願のDVD発売、キャラ再登場などにも希望が…出るかも…。
ま、放送時間帯が深夜らしいのでキッズたちがどの程度観るかはわからないんですけども!アッハッハ!

さて、本編なんですが今回のテーマはパートナー同士の交換です。
タイトルがなんだか印象に残ってる文章だと思ってたら、ゲームの交換の時に出るやつだったんですね。
自分の大切にしてきたポケモンを交換して、最後にかける言葉だと思うとなんだかじーんと来る文章です。
今回は一時的な交換ですけどね。

交換相手はというと…
ピカチュウ(サトシ)⇔シロン(リーリエ)
トゲデマル(マーマネ)⇔アママイコ(マオ)
バクガメス(カキ)⇔アシマリ(スイレン)

リーリエの相手がサトシなのは、今回の主役なので主人公と組ませるのが物語的には妥当だよなぁと思いつつ、それ以外のメンバーは割と見たことない組み合わせです。
ここから新たなキャラの特徴がまた少しわかったような気がします。
期間は二日間と結構長め。
試行錯誤の時間を想定してでしょうから、なかなか現実的な設定です。
最初はどのペアも勝手が違うのでうまくいかないところを見せつつ、過程は様々でしたが打ち解けていく様子が楽しかったです。

トゲデマルとアママイコは、ちびちゃんとお姉さん的な精神年齢の違うペア。
アママイコはマーマネの実験に協力してくれないし、トゲデマルははしゃぎまわって食堂をめちゃくちゃにしてしまいます。
でも、二匹とも違った形でトゲデマルとアママイコの元の役割を果たしてくれる結果になりました。
もし二人の手持ちが違っていたら、こういうふうになっていたかも?という想像が捗るくらいには、最終的にハマった形になっていたと思います。

バクガメスとアシマリは、まず体格的にすごく差がある二匹なので、どう接していいかカキもスイレンも困惑気味でした。
ホウとスイは気にせずじゃれてくるので、バクガメスも困ってましたね。
誤って傷つけないようにと思ってたのかな。
カキもアシマリはバトル向きじゃないと思っているので、体力仕事は任せられないという遠慮が先に立ってしまいます。
こっちもまずアシマリの相手をしていたのはホシ。
スイレンとカキは、下に兄弟がいるもの同士だったことに気づきました。
スイレンはバクガメスの手入れをしていくうちに打ち解け、カキはケンタロスの喧嘩を止めたアシマリを見直し、どちらも良好な関係になれました。

最後はサトシとリーリエ。
リーリエの課題は、やっぱりピカチュウに触れないこと。
サトシといえばバトル、ということでジェームズさんに相手をしてもらってピカチュウとバトルに挑みます。
しかし、ジェームズさんは心配している口ぶりながら、バトルは全然容赦なかったですね…。
劣勢でも諦めないピカチュウの頑張りに応えようとして、リーリエは見事バトルに勝利しました。
「自分でやると決めたのだから逃げない」みたいなことを言っていたのですが、リーリエは強い子だなぁと思いましたね~。
一生懸命で努力家で、ステレオタイプのお嬢様じゃない感じが好きです。

物語において、登場人物が目標に挑むうえでの動機は結構重要なものだと思っています。
私個人の意見としては、動機に共感できないとあまり面白くないというか、なぜその動機で頑張れるのか消化不良な気持ちを抱えたまま見なければならなくなってしまって気持ち悪いことが多いのです。(時々例外もありますが)
そんな中、私が今までで一番強い言葉だと感じた動機に関する台詞は、「めだかボックス」という漫画の主人公、めだかちゃんのものです。
「私は頑張ると決めた。だから頑張る」
誰のためでもなく自分のためにやるのだ、というのになんだかすごく説得力を感じたのですが、リーリエの言葉を聞いて思い出しました。
私はひねくれ者なので、使命とか義務とか誰かのためとか、本当にそのために頑張れるのか?と疑ってしまいがちです。
その点、自分のためはいいです。とてもわかりやすい。

話が逸れました。
バトルを経て、リーリエは見事ピカチュウに触れられるように!
一方、シロンはサトシに超冷淡。
フーズも食べてくれません。
これは人見知りも大きいと思います。
ピカチュウとわかりあうため、サトシに倣ってバトルをしたリーリエと対照的に、サトシは特別なことはなにもしませんでした。
いつものようにほかの手持ちや街の人と触れ合って、バトルのために特訓。
シロンはサトシ自身に触れて、その輪に入っていったのです。
この話だけで、ポケモンとの関わりは人それぞれで、どれも正解としてあるということですよね。
たとえパートナーが入れ替わっても、そのポケモンと一緒にやり方を見つけていける、的な。

ということで、リーリエの進歩+ポケモンと人との多様性がまた一つ見られたお話でした。
いつもながらモクローの動きがいちいち異常に凝ってるのは何なんでしょうね。素晴らしいです。
次回はアーカラ島に上陸ということで、話がまた動きそうです。
別の島に行くときはどうするのか気になっていたのですが、スクールのみんなが一緒で安心しました!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しく

スイレンが不安を口にしたいように、自分の相棒がいないのは不安になりそうですが、それをプラスととらえ、自分なりに付き合い方を学んでいく姿勢が素晴らしかったですね

お忙しいそうで、大変ですね><ご無理なさらずに
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR