WJ31号「ハイキュー!!」第260話「必死」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

稲荷崎戦、第一セットも(おそらく)終わると思われる頃合い、ピンサーに投入されたと思ったら予想外のピンチに見舞われた山口。
その頃嶋田さんは…

山口のピンチを察知し、一目散に走っていました!流石師匠。
それにしてもよく気が付いたなぁ。
そして掲げたのは、誘導灯よりもおそらく見ていたであろう嶋田マートの袋!
こんなところでマート主様が活躍するとは…。

集中できていなかった時と袋を見てからのうるささと静けさの対比がすごく顕著ですね。
吹き出しにまで被ってくる書き文字の応酬から一転、ただ一人あのしまだマートのコートに立つ山口。
そこから見事なサービスエース。
会場が一気に湧きます。
改めてサーブってすごいな…と思わされました。
いつも通りの一打が決まった、言ってしまえばそれだけのことであそこまでの盛り上がりですから。
木兎さんも大興奮(笑)

木下が山口を賞賛しつつ、ちょっと悔しそうなところがまたいいですね。
自己評価が低めな木下ですが、山口と同じように負けん気が出てきたかな…?

大将が美華ちゃんにいい格好してるのがちょいちょい腹立ちますね(笑)
まあ、いいこと言ってるんですけどね。
プレイスタイルはやらしい感じでしたけど、大将もそういうことを考えてプレーしていたのかな。
「まだボールが落ちてない」という台詞は最初の方でも出てきたんですけど、その時は感覚的な印象しかなかったものをもう少し論理的に説明するとこうなるのか~。
というか、日向や影山だけじゃなく結構みんなが持っている気持ちだったことも少し驚きでした。

さて、稲荷崎のピンサーの強烈サーブになんとか反応した大地さん。
影山の猛ダッシュで繋いだこの一球をラスト返せるか…!
嶋田さんも応援席にに戻るため、現在会場を疾走中。
ラスト、みんな走ってますね!

稲荷崎の前評判通り、かなり会場を引きこんでますね。
全体での盛り上がりがすごい印象です。
まだ第一セットなのに、雰囲気がクライマックスっぽいです。
さて、このボールの行方はどうなることやら…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山口は今回もサーブで活躍しますね~。
しかし、サーブそのものは今まで通りなんですが…
誘導灯が見えずに焦ってる弟子を救う為、師匠までも汗だくで活躍とは。
そして、マート主様(笑)
ここの場面、れっつハイキューでネタにされるんだろうなぁ。


しかし…
レシーブを拾えずに落ち込む尾白は、ちょっと意外でした。
きっと、このレシーブは拾えるって思ったわりに失敗したからなんでしょうが…
そして、チームメイトに『うっさい』と言われてるわりに、悪気なし表情の侑は、いつもこんな感じなんでしょうね(笑)


1セット目がもう終る点数まで来てるのもあるでしょうし、1セット目を取りたいのもあるでしょうが。
烏野が諦めないのは、いつも通りですね~。

田中は結果、ボールを拾えずでしたが…壁のとこにひっくり返ってるのまで、叶歌ちゃんに観戦されてる(笑)

強烈サーブを受ける大地さん、影山も走って追いかけますが。
繋ぐ直前の影山の背後、黒塗りの中に白い線が描かれてるって、一回戦の時も何度か見かけましたね~。

影山の事だし、この表現を使われたのでドンピシャなとこにボールを返しそう。

次回も楽しみです。

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

マート主様の大活躍には思わずテンションが上がってしまいました(笑)

侑はセッターなのでまとめ役なのかと思いきや、尾白への発言を見ても特にそういうことはなさそうです。
個人的にはまだまだ稲荷崎のチーム感がつかめていないような気がしているのですが、手のかかるタイプがおらずみんなそこそこ上手い感じなので、個の印象が強いです。
キャプテンがスタメンにいないのも理由かな。

影山の全力疾走はレアな感じがします。(日向とのバトルをのぞく)
真顔でこっちに近づいてきてるように思えて、不覚にも笑ってしまったのですが…。
ラストは誰が返すのか、今回も気になる引きでした。
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR