アニメ「ポケットモンスターサン&ムーン」第33話「ヨワシ強し、池のぬし!」

今回は、アニメポケモンの感想です。

今年も恒例のセブンイレブンとのコラボをやるようです。
スタンプ二個でポケモンがもらえてしまうようなので、まあ正直余裕と言わざるを得ませんね!
夏真っ盛りのくそ暑い日に、自転車こいで近所のセブンイレブンを巡っていたあのころに比べれば!
前はスタンプ八種くらい集めるやつだったので。
近所にあるようでそんなにないですからね、セブンイレブンも。
苦労してたどり着いた店のスタンプが被っていた時の絶望感は思い出したくない…。

年を追うごとに各店にあるスタンプの種類が調べられるようになったり、便利さは増していった気がします。
今は3DSを持っていけばスタンプカードなど必要ないですから、様変わりしたものですね~。
ただ3DSになったところで落とし穴はあるもので、店に着いてさあ受け取るぞ!となったところでデータ更新をしなければならず、なかなかネットに接続できないという醜態をさらしたことがたびたびあります…。

さて、本編です。
今回はサトシとスイレンの二人で池の主を釣りに行くお話です。
ほかのメンバーは牧場の食べ物目当てに、そろってカキん家に行ってました。
カキの家は普段離れているので、物珍しさもあって行きたがったのかもしれません。

ここ数回ご無沙汰だったロケット団もなんやかんやでアーカラ島へ来ていたようで、OP前のアバンで久々に姿を見ることができました。
まあ、アーカラ島にいる!と思った次の瞬間、キテルグマジェットに乗って帰って行きましたが…。
もうキテルグマがポケモン…というか生物であるという確証が持てないです。
文章で書いたとしても意味がわからないだろうし、実際に見ていても意味がわからんだろうと思います…。
これからロケット団はキテルグマの呪縛から逃れ、アーカラ島編に登場できるのか!?

ロケット団が釣り上げたヨワシが今回のキーになるポケモン。
ヨワシのイントネーションは、元ネタのイワシと同じで納得といえば納得なのですが、私はずっとセワシくんと同じイントネーションで呼んでました。
この間出てきたホエルコやキャモメも公式とは違うイントネーションで呼んでるんですけど、これが直すのが難しいのです(汗)

ヨワシはフォルムチェンジというか、複数集まるとむれたすがたというのに変わる珍しいポケモンで、先に種明かししてしまうと池の主もこいつです。
ただ一匹の時はとんでもなく弱いという設定。
コイキングしかりヒンバスしかり、どうしてみずタイプは一見ものすごく弱いけど本領を発揮するとすごいタイプが多いのか。
そのコイキングとヒンバスも、今回は久しぶりに姿を見られました。
ヒンバスがいるとかこの池すごいな!と思ったのですが、実際ゲームでもここに出るそうです。(まだゲットしてなかったぜ)

個人的にはむれたすがたの方がかわいいな~と思っています。
顔はちょっと凶暴な感じですが、輪郭が丸いのがかわいいポイントです。
海の生き物の中ではシャチが一番好きなのですが、ちょっと似てる気がします。

ギャグは今回も多かったですね~。
サトシの石化&塵化、ピカチュウの変顔などなど。
スイレンの冗談には思わず「野生のメガシンカポケモンは嘘だろ!」と本気でツッコんでしまいました。不覚…。
自称釣り名人のおじいさんは最近ではちょっと珍しいくらいインチキくさい言動の人でしたね。
名人歴詐称、最後の方はもう死んでるだろ。

ライチさんにデート?と茶化された件については、スイレンは赤面してたので結構意識してるんだなぁとしみじみ。
クラスメートの中でそういう話題に反応してるのって、現状スイレンだけじゃなかっただろうか。
全然そういうキャラだと思っていなかったので意外だったところですね。
最初の印象はあまり積極的に人と関わらず、自分の世界にいるつかみどころのないキャラだったので、かなり人間味がある子として描かれていて驚きです。
一番印象の変わったキャラです。
サトシはいつもの通り、本当に耳ついてんのかというスルーっぷりだったので、特に言うべきことはありません。
池ではインチキ釣り名人に借りたボートに乗って移動していたので、まあ絵面的にはデートに見えなくもなくもない。

池ではスイレンが早速主ことヨワシを釣り上げ、対決と相成ります。
釣り…というか完全に暴れまわるヨワシとスイレンのリアルファイトの様相を呈していました。
引っ張られているにしても、釣り竿をあの状態でキープできているパワーとは…(汗)
さらに、ヨワシに怯えるアシマリを下がらせようとしていて、あくまでも一人で勝負するつもりだったんですね。
流石にそれは無理だろ…と思っていたら、アシマリがスイレンの力になろうとアクアジェットを習得し、なんとか勝てたわけですが。
スイレンの頭には逃げるという選択肢が少しもなかったであろうことが、ちょっと危なっかしいなぁという印象でした。
頑固だということはこれまでの話でも分かっているのですが、周りがあまりにも見えなくなってしまうことがたびたび見受けられるので。
そういう一生懸命さがアシマリや前回のムーランドの力を引き出すことにも繋がっている部分もあることは、否定できないんですけどね~。

サトシはほぼスイレンとヨワシの攻防に振り回されていただけでしたが、ヨワシを回復させていた伏兵、ママンボウを撃退するというアシストを最後に見せていました。
これでなんとか主人公としての面子も立ったことと思います(笑)

スイレンは最後にヨワシからみずZをもらっていました。
これで前回のリングと合わせて、Zワザを使う準備は整ったということです。
ノーマルZの時のようにしっかりと明言されていなくても、クリスタルを手に入れる時はきちんとぬしポケモンを倒して試練をクリアした形になっているんですね~。
ゲームではスイレンはここの試練を案内するキャプテンだったので、その子がアニメでは挑戦者というのがちょっと面白かったです。

さて、次回は映画特番のためアニメ本編はお休みです。
今までは去年の映画だったところですが、まるまる一本映画の宣伝に使うとは、それだけ今年の映画には気合が入っているということでしょうか。20周年だしね。

その次はヴェラ火山の試練…ガラガラ…ウッ頭が…。
あの新たな伝説をアニメではどう料理してくれるのか、期待が高まるところです。
カキはあの試練に挑戦してクリスタルをゲットしたってことなんですかね?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しさ厳しさ

先日は語り祭りありがとうございました。

この回も楽しかったですね、ギャグ見せ方が随所に見られましたからね、そんな中で普段のバトルではなく、釣りバトルというところでの少し見方を変えての真剣姿、岩肌に当たりながらも必死に食らいついていくスイレン、勇ましい姿も見られていい回でした。

スモッドさんへ

コメントありがとうございます!

こちらこそ、楽しい時間をありがとうございました!
毎度通話の時は緊張してしまって、後から恥ずかしくなったりしていますが(笑)、お邪魔させていただけて嬉しかったです!

釣りであってもいつものバトルと遜色ないくらいに熱い一戦でした!
女の子があそこまで体を張るとは…と驚かされたり。
彼女の成長にも期待です!
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR