WJ32号「ハイキュー!!」第261話「飛び道具」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

今週のジャンプは表紙を見た瞬間、人間がいる!と軽くビビりました(笑)
サンデーやマガジンはモデルさん?グラビアアイドル?的な人が表紙になってることも多いですが、ジャンプはそういうのないですからね。
銀魂はアニメに実写化キャスト陣が声優として出たり、漫画と実写版が全面的にタッグを組んでる感じがなんか好きです。
見に行きたいんですが、まだ一緒に行ける相手がいません…一人で行くかも…。

さて、本編です。
影山が繋いだボールを最後決めたのは旭さん。
ツッキーもびっくりしてたけど、私もびっくりしました。
めっちゃ飛んでる…!

ブロックアウトについて。
ボールがアンテナの内側を通過していたら、ブロックアウトによる烏野の得点にはならない、と。
あくまで「アウト」というだけあって、敵のコートに返ったらダメってことかな?
これは何気に初めて聞いた知識かも?

烏野の得点に思わずエキサイトしてしまった矢巾ちゃん。
べつに言い訳せんでも(笑)
嶋田さんはようやく客席に帰還したようです。
前回のあれはまさに救世主でしたね~。

みんながあの手この手で活躍していると思いきや、今日まだいいとこなしだったメンバーが一人いました。
田中。しかも相手にバレてる。
侑のサーブは田中狙い。
及川さんに散々やられた経験があるからか、メンタルは全然弱ってないみたいですが…
意気込んだレシーブに臨むも、ボールは横からフォローに来たノヤっさんが上げたのです。

このシーン、ノヤっさんは流石守護神って感じだし、二年レギュラーコンビの珍しい試合中の共演ですごくいいと思うんですけども!
結局活躍の機会を逸してしまった田中。
それでもノヤっさんのレシーブを力いっぱい賞賛するあたり、安心してはいるんですが…。

さらに、ここで大地さんが初のバックアタックを決めます。
みんなが活躍しているのに、田中だけなにもできていない状況がどんどんできてしまっている…。
たまたまそういう時もあるというだけのことかもしれないんですが、常に新しいチームにいるからこその辛さという気がします。
そして、公式戦ではたまたま調子が悪かったということが、チーム敗退に繋がってしまうんですよね~。厳しい。

田中のスパイクをブロックしたり、最後のコマで意味深な視線を投げかけていた角名が気になります。
強豪のレギュラーらしく実力ある選手で、どちらかというとテクニカルなタイプ?というくらいしか印象のなかった彼ですが…。
田中を崩しにくる相手は角名なのかもしれません。
田中は他人に弱いところを見せないところが好きなのですが、彼の心が折れるところはあまり見たくないなぁ。
冴子さんも叶歌ちゃんも見てるぞ!がんばれ!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ジャンプの表紙に銀さん役の小栗旬が登場は、実写映画が公開間近だからなんでしょうけど。
新八と神楽の二人の表情もあって、これもありだなぁ…と思える雰囲気が銀魂にはあると思ったのは、私だけでしょうか?(笑)


本編ですが…
影山がなんとか返し、旭さんが決めましたが。

ここでバレー経験者の大将と、未経験の美華ちゃんの会話。
経験者同士、もしくは未経験同士だとこの会話が成立しないかなと思うので、いい味出してますね~。


大将のルール説明について。
旭さんのブロックアウトについてもでしょうが、冒頭部分で影山が繋いだのもよく見ると、アンテナの外側から烏野コートに返してるように見えます。
実況の人が『おおー際どい』と言ったのも、大将の説明の後に読み返すと納得です。

そして青城、矢巾の表情もですが…国見と京谷に笑ってしまった。
そして、山口の活躍をみてたけど、嶋田さんの活躍は見逃した滝ノ上さんは、嶋田さんの台詞に『?』状態(笑)


サーブでは木下や山口。
侑のサーブをあげる西谷。
苦手だと言いつつ、バックアタックを決めた大地さん。

応援団を引き連れ駆けつけた冴子さん。
弟子を救った嶋田さん…等々。
選手どころか、烏野応援団ですら活躍の中、田中だけはいまいちですね。

稲荷崎は田中狙いだとの会話がありますし。
木兎が『…俺だったら』なんて発言するくらいだし。

しかし、木兎に自覚があるだけに…赤葦がかわいそうに思えてきた。
木兎が自覚なしのお馬鹿さんだと思っていたから、仕方ない…と諦めていられたでしょうけど、自覚あるなら気をつけて欲しいが本音でしょうね(笑)


田中はメンタルが強いし。
試合前の叶歌ちゃんとの会話で、負けられないと発奮してたので。
どうせ立ち直るだろう…と、あまり心配してませんが。

田中をブロックしたのも、最後に思わせ振りな視線を角名でしたね。
今後、どんな展開になるのやら…


次号は土曜発売ですね。
次回も楽しみです。

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

たしかに、新八と神楽ちゃんの表情がいつもよりシュッとしているというか、小栗銀さんに合わせてる感がありましたね~。
銀魂のなにをやらかしても許されてしまう空気、よくわかります。
そのおかげである意味非常に安心してすべてを楽しめますね(笑)

木兎さんの自覚あり発言は、私もちょっとびっくりしました。
というか、木兎さんも高校三年生で強豪チームの主将なんだから、多少はしっかりしてるに決まっているということをいつも失念してしまいます(笑)
だから赤葦もああいう反応になるのかも。

応援席やすっかり観客と化している木兎さんたちなど、見どころが尽きないですね~!
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR