スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ33号「ハイキュー!!」第262話「いつだって前のめり」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

ワンピースは連載20周年なんですね~。
連載開始当時からではありませんが、もう相当に長い期間読み続けているんだなぁ。
どうしてかわからないですが、随分昔に読んだはずの最初期のエピソードの方がよく覚えてるんですよね。
これはワンピースに限らず、いろんな漫画に言えることなんですが。
話が続いて行くにしたがって、どうしても初期に空気とは変わっていくものですから、当時を思い出して懐かしんだりがよくあります。
ワンピースだとグランドラインに入る前後の5人でワイワイやってたあたりが好きです。
最近のワンピースで少し残念に思うのは、別行動が多いので一味でも長いことご無沙汰なキャラがいることですね。
人数増えちゃったからなぁ。

全作品に麦わら帽子企画、ハイキューはめちゃくちゃ堂々と日向の頭にかぶさってましたね(笑)
てっきりその辺の観客の頭にあるのかと思いきや、明らかに不自然ではありますが主役のところに描くとは古舘先生はわかってらっしゃる…!
正直ストーリー漫画ではこのへんが限界かと思いますが、まるっきりネタとして扱えるのがギャグ漫画のいいところですね。(斉木楠雄や青春兵器を見ながら)
この手の企画で一番やり切った感を感じたのは銀魂のマユゾン編ですが(笑)
当時はコミックス派だったのでなぜ唐突に両さんネタなのか、意味がわからなかったです。

さて、本編です。
田中大丈夫か?と思っていたら、いきなり田中の過去編からスタート。
髪を生やしたり剃ったり染めたり、田中の頭も忙しいなぁと、まずそんな感想がよぎりますね。
大地さんたち現三年組は、まだまだお気楽な二年生って感じ。
「アハハ」のスガさんなんか、ほぼ知性を感じない表情ですからね(笑)

とはいえ、いつか強豪に返り咲いてみせるという思いは、三人全員このころから持っていたんですけども。
ただ、それを下級生にまで要求しないところが彼らの優しさであり、なかなか殻を破れなかった原因でもある気がします。
…で、その気合を受けての坊主だったわけです、田中は。
そういう気合の入れ方するところがまさに田中。
あと、当時のスガさんの髪型ちょっとチャラくないですか?(今回髪の話ばっかりしてるな)

そんなこんなで田中にもいろいろな思いがあったことが明らかにされたわけですが、彼にとっての試練はまだ続いて行きます。
角名のブロックに捉えられ、スパイクも不発。
折角リードを振り出しに戻してしまいます。

角名はいちいち顔が怖い…。
徐々に照準を合わせていくタイプなんでしょうか。
木兎さんの精神分析も辛い。
やっぱり自分でもしょぼくれモードの自覚はあるんですね。
実際はそうでもないのに自分の中では「全部」がだめに思えてしまうとか、他人にはどうしようもないことな気がします。
なんとか田中が自力で持ち直してくれないと…。
木兎さんがだめになった時、それを支える体制が梟谷にはありますが烏野はどうか。
しかも、セット終盤という状況が悪いです。
これだけ一進一退でいい攻防を続けてきたセットを落としたら、自分の責任という気になって、ますます立ち直れなくなるのは目に見えてます。

そろそろ第一セットは決着しそうですが、終盤になってこの重い展開。
先が見たいけれども、少し怖いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今回はワンピース20周年、それによる麦わら帽子企画。
作品によっては堂々と麦わら帽子を扱えるけど、ハイキューはどうだろ?…と思っていたら。
思いきったぶっこみかた…と言うか。麦わら帽子を描くのが難しい状況でしょうが、記念企画をやりきったと感じますね~(笑)


本編ですが…

何気に田中が主役になる話、叶歌ちゃんとのやり取りは抜きにして、単独では初ですね。

日向と影山は主人公なので、他のキャラに比べて多いのは当然ですが…
他の烏野メンバーも何かしらの形でバレーに対する思いとか、変わる・変わったきっかけ。
過去だったり成長する過程…などなど。
それぞれがその話限りだけど、主役になったお話があったと思うんですよね。


田中は記念すべき第1話から登場してるのもあってか、田中はこういう奴…と出来上がってた部分があったのですが。
回想がきっかけで田中の思いとか、坊主になった理由も今の三年生に対する思いからだったり。
意外に知らない事、今回で初めて知った事がありましたね~。

しかし、回想でのスガさん…幼さと言うか今よりちょっとだけ若い事を演出してるからでしょうが、同じ髪型だけど微妙な違いが…(笑)
田中の坊主を『触らして』と言うスガさんも、この時の田中のTシャツが海老天なのも、らしいんですが。


試合は1セット目がなかなか終らず、稲荷崎の角名は調子を出し始め、田中は今の状況から脱却出来ず…ですが。

何がきっかけになるか…は、わかりませんが。
必ず田中が変わる、好転するきっかけがあるはずだし、このままじゃ終わらないと思ってます。


今回が土曜発売だったので、次まで間がありますが…
次回も楽しみです。

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

麦わら企画には思わずくすっとしてしまいました。
あれ?試合会場に夏休みに近所の公園で虫取りしてるのが似合う少年が紛れ込んでるぞ!?と(笑)

田中は初期の初期、読み切り時代からいたものの目立った主役回はたしかにありませんでしたよね~。
要所要所で目に留まるので(声がデカいなど)地味な印象はありませんでしたが、そういうポジションになってしまったが故に少し不遇だったかもしれません。
それが満を持して今、彼のバックボーンが明かされ、殻を破るチャンスが来ているのですから、多少厳しい展開になろうと信じて見守ろうと思います。

う~ん、やはり片時も目が離せませんね。
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。